カナディアンロッキー・アメリカ

美しさも、感動も、ケタはずれ。カナディアンロッキー、ナイアガラ、グランドキャニオン(オプション)のアメリカ大陸3大絶景とニューヨーク、ロサンゼルスへというツアーだった。
料金は、328,000円(一人部屋追加料金56,000円)。これにオプションのグランドキャニオンの日帰り観光が360ドル、カナダのCNタワーのロブスターディナーが110ドル、ニューヨークのマンハッタンディナークーズが170ドル。格安旅行を覚えた今から考えると高い。こんな金額では行く気がしない。しかし、盛りだくさんと言えば盛りだくさんな見所の行程である。
今は、成田~ニューヨークの格安航空券は、安い時期なら4万円台(往復)で買える。

f0032712_13153867.jpgf0032712_13155663.jpg福岡~羽田~成田へと、そしてロサンゼルスに着いた。ハリウッド、ビバリーヒルズ、マリーナ・デル・レイと太陽と自然に恵まれた陽気な町ロサンゼルスを見た。
フリーウエイ沿いに咲く夾竹桃がきれい。フリーウエイの橋脚工事で木製の支保工を足につけた爪で登っていくのを見かけた。日本では鉄パイプで足場がある。
ホテルはアナハイムで、一人でディズニーランドに出かけた。つまらない。子供なら喜ぶのであろう。






f0032712_1318643.jpgロスからグランドキャニオンは1時間半くらいで行く。北米大陸を南北に走るロッキー山脈のコロラド川の上流にある。
小型機からも陸上からもその迫力は凄い。日本では想像もつかない風景である。






f0032712_13202080.jpgf0032712_13204333.jpgロスを発ち空路カルガリーへ。ここからカナディアン ロッキーの起点バンフへ向かう。渓谷を流れる川も、万年雪をかぶったロッキー山脈も、この世のものとは思えないほど美しい。









f0032712_13232714.jpg
f0032712_13241083.jpg
f0032712_13242487.jpg世界10大絶景のひとつ、レイクルイーズは湖面にロッキーの山々が映し出され本当に息をのむ美しさだった。正面には氷河が見える。
水の色は白っぽいグリーン。昔、入浴剤にムトウ ハップというのがあったがあの色である。

コロンビア大氷河に行った。生まれて始めて見る氷河に感動した。
北半球最大を誇るコロンビア大氷原。氷河期にカナディアン ロッキーの山々を削り、創造した姿を今にとどめる。




f0032712_1326481.jpg次の見どころナイアガラの滝を見るために、カルガリーからトロントへ飛んだ。
トロントは、5大湖のオンタリオ湖岸に開けたカナダ・ナンバーワンの大都市である。
トロントでは、市内見物の後、オプショナル ツアーのCNタワーのレストランに行った。オプショナルのロブスターのディナーだが美味しくない。天草から参加したおば様たち(昔の娘さん)、三人組も伊勢海老のほうがはるかに美味しいと言っていた。

ビルの谷間をカモメが飛び回っているのにはビックリした。

ナイアガラの滝は、オンタリオ湖(カナダ側)が下流のエリー湖(アメリカ側)に流れる落差にある。

オット! 嘘! 逆である。





f0032712_13301342.jpgf0032712_13304195.jpgエリー湖から流れるナイアガラ川は、中州のゴート島で2分され馬蹄形型のカナダ滝と、アメリカ滝と別々に一望できる。カナダ滝の方が(落差52メートル、幅675メートル)アメリカ滝よりも雄大で人気もある。
「霧の乙女号」から見上げるとその驚異に圧倒される。



f0032712_13341677.jpgf0032712_13343397.jpgトロントから最後の見どころニューヨークへ飛んだ。
世界で最も有名な町 ニューヨークである。昔、英語を勉強している頃、このフレーズを聴くだけで胸が高まった時期があった。
このツアーは、かの有名な世界貿易センタービル(ツイン タワー ビル)ではなく、ナントかって有名なエンパイア ステートビルに連れて行ってくれた。でも眺めは素晴らしい。
同時多発テロで壊されたツイン タワーも目の前に見える。






f0032712_13384380.jpgf0032712_13391341.jpgニューヨークの市内見物をした。途中、お腹の具合が悪くなり国連ビルの中で用を足した。これも記念。
ウオール街や港で大道芸人のボーカルを聞いた。よくハモっている。
ついた夜、5番街を一人散歩した。あきらかにコールガールと思しき女性もいて何となくスリリングと言うかゾクゾクする雰囲気がある。







f0032712_13415195.jpg自由時間に出発前から調べていたセントラル パークに歩いて行ったり、タクシーでメトロポリタン美術館に行った。。

天草から参加した昔の娘さん達のガイドもすることになった。翌年、妻と二人で彼女たちを訪ね天草に行った。泊めて貰ったり楽しく遊んだ。

マンハッタン ディナークルーズ。これは、もう最高である。夜景は昼のように明るく人工物でこんなにきれいな物はないだろう。ハドソン川からイーストリバーへ回るマンハッタンである。
[PR]
by momodisk | 2007-05-13 13:13 | Comments(0)
<< 南アメリカ 娘たちのカナダ >>