コジェの島・海

娘たちのカンヌン

f0032712_10325518.jpgf0032712_10333419.jpg10日間の東南アジアの旅からソウルに帰ってもマイレージの無料航空券で鹿児島に帰れるのは4日後である。
疲れていたらチケットを捨て自費で翌日でも帰るかなと思っていたが平気である。 若い *^^*(半年後は64歳?)
カンヌンの娘たちに会いに行くことにした。ソウルから高速バスで3時間位である。
若い娘たちに囲まれ美味しいものを食べ、ビール、焼酎を飲む至福の時間! 何の因果かなと思う。
去年まで鹿児島大学に留学していたヒョンミの妹に会った。驚いた! 双子のように良く似ていてとてもかわいい。翌日は、ヒョンミが今年10月に鹿児島大学に留学する女の子を紹介してくれた。男子学生の車で昼食のマククッスとウエビンスユクを食べに行った。
ソウルに戻り、帰国の前日は金浦に住む娘のヨンイの家に泊まりに行った。孫のカウンちゃんがとても可愛い。お母さんとしか寝ないのに布団に入ってくるではないか*^^*

コジェの海・島

f0032712_10355914.jpgf0032712_10362487.jpgインチョンから東南アジアに発つ前に暇があったのでイルジュに江華島(カンファド)辺りに遊びに行かないかと話をしていたら口蹄疫が出て行けないことになった。
イルジュがソウルから高速バスで5時間前後かかる巨済島(コジェド)に行こうというので何があるか知らなかったがレクチュアを受け行くことにした。コジェドは釜山の左下にあり済州島(チェジュド)に次ぐ2番目に大きな島で海岸線の長さでは1番である。釜山から船で行くこともできる。
コジェの町には朝鮮戦争の時の捕虜収容所遺跡公園がありそこが歴史記念館になっていた。ソウルにも戦争記念館があるがここは収容所が目的である。映画のブラザーフッドを思い出した。

f0032712_10391611.jpgf0032712_10394096.jpgコジェドの次の目的は、外島(ウエド)海上農園である。町からタクシーに乗り30分かけて海金剛(ヘグムガン)のホテルに泊まり翌日、船で島に渡る。この夜はホテルの近くの海鮮料理屋でタイの刺身を食べた。いつものように沢山の突き出しがついてくる。(ウニを見ると、さゆりちゃんを思い出す。彼女の大好物である)
刺身は10切れ程食べれば満腹である。残りは全部イルジュが食べた。





f0032712_10424034.jpgf0032712_10425981.jpgこの時点で、ベトナムのハロン湾は写真でしか見たことは無かったが「アッ!韓国にハロン湾がある!」と思った。石灰石の奇岩が海から突き出しているのである。いわの隙間に船が入っていき後すざりして出て行く。海も3月に行ったアドリア海のようにきれいである。
ウエドは個人の所有地で開発したもので手入れが行き届きとてもきれいである。花がいっぱい咲き乱れている。世界中、見物してきたがこんなきれいな島は初めて見た。釜山の達人「のぶよさん」も此処は知らないだろう。


f0032712_1045764.jpg
f0032712_10453268.jpg

f0032712_10455165.jpg














マグロ刺身食べ放題

f0032712_20243071.jpgf0032712_20245039.jpgソウルで自宅のようにしているボアハウスのキョンミさんにはいつも親切にして貰っている。昨年は、銀行預金をしに連れて行ってくれて「ミッちゃん、1千万ウオンにして預金すれば利率4,6%、以下なら3,8%だよ」と言って不足の200万ウオンを立て替えてくれた。今回の旅行、中部国際空港で預金を下ろしウオンやUS$に両替しようとした。なんと国際線ロビーの為両替店はあるのに銀行のATMがない。ソウルに着き、キョンミさんに泣きついた。5万円分のウオンを持ってきてもらい彼女の日本の銀行口座に円を振り込んだ。
去年から彼女にご馳走をする約束だったので、店は彼女に任せた。肉、魚のどちらが良いかと言われたので「魚」と言った。連れて行ってくれた店はなんとマグロの専門店だった。一人2万5千ウオン(現在の為替で約2千円)で刺身が食べ放題である。ストップをかけない限り中トロ、大トロが次から次へと出てくる。
これにはビックリした。日本で食べれば万円単位の金額だろう。
世界放浪ツーリストでマグロ刺身食べ放題ツアーの韓国旅行を企画しなければならない。初めて食べた刺身のビビンパブもすごく美味しかった。
帰国の前夜、イルジュを連れて行った。アメリカ人客ともお喋りした。
[PR]
by momodisk | 2007-06-06 10:29 | Comments(0)
<< アドリア海5カ国の旅 歯科医院&万里の長城 >>