古代ロマンの旅

チューリッヒ
古代文明ロマンの旅と銘打ったツアーがあった。サブタイトルがイスタンブール・アテネ・カイロ・ルクソール歴史の足跡が眠る感動の大地とエーゲ海クルーズとなっていた。
料金は、268,000円(一人部屋追加料金40,000円)である。関西空港からスイス航空でチューリッヒ経由である。往きはチューリッヒに1泊するので、ここも見物できる。

f0032712_9441694.jpgf0032712_9443369.jpg
チューリッヒ湖の彼方にヨーロッパアルプスが見える。




背景は、フラウ ミンスター教会




f0032712_9462265.jpg12~13世紀に建てられた大聖堂の内部。大きなパイプオルガンがある。ステンドグラスも美しい。
天井のボールトの線も美しい。










f0032712_9473867.jpg道路の信号機が目立たない。ワイヤーで道路中央に信号機を吊っている。ランプも小さい。
これに比べると日本の信号機はゴチャゴチャと大きすぎる。最近は、もっと大きなのに取り替えている。
この後、イスタンブールに飛んだ。










イスタンブール

f0032712_9575131.jpg東西文明の十字路イスタンブール。ヨーロッパの町並みとは異なる珍しい景観である。
どこと無くエキゾチックな雰囲気がある。
アジア大陸とヨーロッパ大陸にまたがったトルコ最大の町。
東西の文化をあわせもち、幻想と神秘に包まれた独特の世界である。









f0032712_959953.jpgボスボラス海峡。手前がヨーロッパ。向こう側がアジアになる。中国の西安から言えばシルクロードの終点。












f0032712_100481.jpgホテルのディナーショウでは、ベリーダンス
を見せてくれた。耳慣れない珍しい音楽にあわせて踊る。まさにエキゾチックそしてエロチック。










f0032712_1051430.jpgグランドバザール
とてつもなく大きな市場。東西文明の接点だけあって、実にいろいろな珍しいものを売っている。
迷い子になりそうである。
外に出れば物売りが付きまとう。








f0032712_1063972.jpgチューリッヒからイスタンブールに行く飛行機の中で一人旅の人がいて話をした。その人とここアヤソフィアでばったり会った。
一人旅が出来る人は凄いと思った。(この頃は、将来自分が一人旅をするとは思っていなかった。










ギリシャ
f0032712_10134361.jpgf0032712_10135792.jpg空路、アテネへ
神話と歴史に彩られたロマンの街。到着後アテネ郊外のスニオン岬にあるポセイドン神殿を見に行く。






エーゲ海クルーズ   白壁の民家が美しいエギナ島、オリーブ畑とカアラヴリアと火山岩のスフェリアが並ぶポロス島、それにイドラ島の3島に行く。エギナ島ではアフェア神殿を見た。


f0032712_1016696.jpgどこの島も白い壁と赤い屋根が美しい。人々はのんびりと暮らしているようだ。
イドラ島の工事現場ではバタ角も木材。現場練の小さなミキサーでコンクリートを練っていた










f0032712_10173491.jpgf0032712_1018230.jpg古代文化の結晶であり、アテナの象徴アクロ
ポリス。その中央にそびえるの最大の神殿が
パルテノン神殿。この街の守護神アテナが祭
られておりドーリア式建築の最高峰。


6体の少女像が柱になったエレクティオン。左から2番目が本物で他は修復したもの。
[PR]
by momodisk | 2007-06-15 09:38 | Comments(0)
<< ヨーロッパ研修旅行 北欧ベストハイライト >>