一万円の海外旅行

釜山
f0032712_11222913.jpgf0032712_11225140.jpg新聞のチラシにタビックスジャパンという旅行社が1万円の海外旅行というのを出していた。
鹿児島~福岡の高速バスが往復8千円、博多~釜山のフエリーが往復1万7千円、釜山のホテルを5千円とみて3万円はかかるところが1万円である。3日間の暇つぶしに出かけることにした。絵を習っている喜代子先生に話をしたらスケッチ旅行に自分も行くということになった。
良く考えたらソウルの娘や孫たちにも会いたくなって釜山で皆が帰るときツアーを離脱して新幹線に乗りソウルに行くことにした。
1泊は,たまにはボアハウス以外を思い五つ星のラマダホテルに泊まることにした。インターネットが出来るのでブログを書いている。(ネットブックを持って行ったがさすがにドッチーカは海外では使えなかった。)
喜代子先生、ボアハウスの女将さん、イルジュ、ヨンイと毎晩、美しい^^女性と夕食をしている。

チョンセ・ウオルセ
f0032712_11244917.jpgつい最近、娘が広い家に引越したと言っていたので泊まりがけで遊びに行った。
もちろん可愛い孫のカウンちゃんに会うためにでもあり、町内会のあいご部のおかあさん達から貰った絵本を届けるためでもある。娘は、カウンちゃんに自宅では日本語を使っているが大分理解できているようでビックリした。
引越した家はキンポ空港の近くでソウル駅から地下鉄、バスを乗り継いでも1時間30分で行ける距離だった。賃貸アパートで面積はナント約35坪^^ ひろーい!!トイレ・シャワーも2か所ある。 日本には、少なくとも鹿児島には分譲でも賃貸でもこの規模は見たことはない。
ところで家賃であるが日本には無い制度のチョンセ(前払い=敷金)で円換算で700万円相当である。家主は、これを銀行等に運用し(例えば年利6~8%)家賃に充当する。借りた人は退去するときに700万円を返してもらえる。
ゼロ金利の日本の発想では、何年住んでも退去する時、全額返して貰えるので家賃ゼロだったと考えてしまう。
ところで!!!流石に韓国でも高金利が出せなくなって都心部は、ウオルセ(月額家賃)が殆んどになってしまった。

為替と金利
f0032712_11265967.jpg20年以上前から韓国に遊びに行っているが為替のレートは、1万円が10万ウオン位で前後していた。
ところが、2年前留学していた時1万円が7万5千ウオンになっていた。50万円両替したら500万ウオンならず375万ウオンであった。昨年末の為替は1万円が14万ウオン前後していたのでウオンに両替して定期預金をした。
ソウルのビジネス街カンナムで日本語の翻訳、通訳その他のサービス業務をしている女性の友人がいる。今回預金が満期になったので彼女と銀行に行った。1千万ウオン以上の1年定期預金の金利は4,6%、以下は3,8%の金利である。日本は0,3%前後だろうか?
今の為替レートは13万ウオン前後である。100万円握って韓国に行き1300万ウオンに変えて、レートが12万ウオンになった時両替すれば10万8千円の為替差益が出る。レートが10万ウオンなら30万円の為替差益が出る(利子は無視して)。こうなると金利などどうでもよくなる^^
さて、1年後7万5千ウオン位の円安ウオン高になるか?^^ 15万ウオン位の円高ウオン安になるのか?^^ (ほとんどの外国為替レートは米ドルと連動しているので万国共通の話題か? ^^)
[PR]
by momodisk | 2007-06-18 11:16 | Comments(0)
<< チョンジュの結婚式 タイ・香港 >>