ヨンイの結婚式

韓国には、私のことを「お父さん」と呼ぶ娘が5人いる。かつて留学生、ホームステイ、交流員等で我が家に来ていた人たちである。
ユンミとインソンは、既に嫁ぎ子供たちに、ハラボジ(爺ちゃん)と教えている。
今回、ヨンイが結婚することになり、ソウルに行くことになった。
2月にスペインに行った時のマイレージが稼げ、15、000マイルを超えたので無料航空券に替えた。ホテルは、インターネットで6,900円を3泊予約した。
去年、ユンミが赤ちゃんを産んだので結婚式の前に、北朝鮮との国境に近い鉄原に会いに行くことにした。ところが、出発前にユンミから電話がありソウルに用があって来ることになり鉄原行きは取り止めになった。

f0032712_1739193.jpgソウルの中心部から離れたところでユンミと孫のミンウックに会った。元気があって少しもジッとしていない。父親のヨンソクにそっくりである。とても可愛い。












f0032712_17404233.jpgf0032712_1741434.jpg鉄原に行かないことになったので、どこに行こうかと思い「地球の歩き方」の本を見たら未だ行ったことのない忠清道に、渓谷にある温泉場が出ていたのでそこに行くことにした。スアンポという所でソウルから長距離バスで2時間半の所にある。




韓国の交通費は信じられないくらい安い。スアンポまで900円である。
♪ 知らない町を歩いてみたい ♪ どこか遠くへ行きたい ♪ こんな歌を思い出した。バスを降りて観光案内所で地図を見ていたら小母さんが声をかけてきた。ホテルではなく安い旅館を探していると言ったら紹介してくれた。オンドル部屋で1泊2,500円である。

f0032712_17435271.jpg夕食は、近くの食堂でカルビタンを食べた。突き出しのもやしのナムル、きのこの酢の物が美味しかった。ビール、焼酎はそれぞれ300円、合計1,100円で腹いっぱいになった。ダレヤメをしてこの価格、日本では考えられない。
火山の無い所に温泉がある訳ないと思うのだが、温泉の定義が違うのだろう。取り立てて見るべきものは無い。翌日は朝食後早々にソウルへ引き返した。

朝食は、田舎の民家を食堂にしているところで食べた。庭にはキムチの壷がたくさんありキムチを作っている最中だった。






f0032712_17454357.jpgソウルに帰り、久しぶりに東大門市場を覗きに行った。以前、汚い川だったのがきれいに整備されておりビックリした。両岸の白いライラック(リラ)の花とつつじの花の色の取り合わせがきれい。











f0032712_1746141.jpgヨンイは、国際交流員だったので彼女から韓国語を習っていた人たちが15人、鹿児島から参加した。韓国では結婚式に披露宴はない。前夜に皆が集まりパーティをした。ヨンイは、国際交流員だったので彼女から韓国語を習っていた人たちが15人、鹿児島から参加した。韓国では結婚式に披露宴はない。前夜に皆が集まりパーティをした。









f0032712_1749156.jpgf0032712_17505293.jpgヨンイは、足が長く美人である。いっそう美しく仕上がっていた。いかにも幸せそうな顔をしている。少しいき遅れていたので心配していた。とても嬉しい。









f0032712_17524340.jpgほかの娘、インソン、ミソン、イルジュに声をかけ夕食をした。ホテルの近くの食堂で刺身を食べた。鹿児島から来たN夫妻の知り合いの韓国人も一緒に9人で賑やかだった。





f0032712_17542464.jpg4泊5日の韓国一人旅、楽しかった。大満足 !
青空と雲と翼のコントラストがきれいだった。




(円の表示は1ウオンを10円で計算した。両替で、かつて1万円札を出すと10万ウオン前後返ってきたが、今は8万1千ウオンから5千ウオンしか返ってこなくなった。)
[PR]
by momodisk | 2007-06-19 10:25 | Comments(0)
<< 国境の町と映画「ホタル」のまち ガールフレンドと統一展望台 >>