国境の町と映画「ホタル」のまち

韓国語を勉強しているガールフレンド(30歳台迄)や婆ールフレンドから旅行に誘われた。
私が慕われている訳ではない。旅行手配をさせられただけの事である。
高倉健が主演した映画「ホタル」の舞台となった「安東」へ行きたいそうな。
ついでに韓国人の娘ユンミが住む国境の町「鉄原」へは一人で行く事にした。

経費 鹿児島ー福岡ーインチョンは、JALのマイレージで無料。電車、高速バス、市内移動の地下鉄など交通費は、旅行期間中で10.000円程度。ソウル市内のホテルはインターネットで探して1泊6.000円、安東の民宿は朝食付き2.500円。安東の見物は民宿の経営者の案内するワゴン車で2日間で25.000えんを6人で割り勘。

f0032712_1440462.jpg
ソウルに着いた日は、旧友のソ ジョンホ夫婦と、韓国語教室の同級生やすよちゃんと4人で夕食を一緒にした。
旧友ジョンホ氏が、青瓦台近くの土俗村と言う名のサムゲタン専門店に連れて行ってくれた。
この時、彼の勤務場所は青瓦台だった。
サムゲタンは、アジュ マシソッソヨ。いつもの事ながら彼は私に支払いをさせてくれない。







国境の町
f0032712_1442289.jpgホテルから地下鉄で議政府まで行き、京元線に乗り新炭里駅まで行った。
駅にユンミ夫婦が迎えに来てくれていた。彼女は、1ヶ月後出産予定である。
彼らがお昼をご馳走してくれた。日本ではウナギの蒲焼きと言えば、一人前4切れ前後が出てくるが韓国は凄い。焼き肉バーベキューみたいにドバーと出てくる。











f0032712_14464717.jpg
f0032712_1451328.jpg北朝鮮軍が韓国に侵入するために掘ったトンネルがいくつか発見されている。鉄原にあるのは第二トンネルと呼ばれている。江原道はあちらこちらに軍の施設があり国境警備をしている。このトンネルも警備の区域であるが見学ができる。
ユンミは、大きなお腹なのに地下30メートル位、距離600メートル位を平気で往復した(私は心配でハラハラしたが夫婦は平気)。

映画ブラザーフッドの舞台にもなった旧朝鮮労働党の建物も現地ツアーのコースに入っている。その時代はここでは、共産党支配下の5年間、民を搾取し、愛国指導者たちの逮捕、拷問、虐殺が行われたそうである。

f0032712_1455314.jpgf0032712_14561484.jpg展望台から見る北朝鮮との国境線は、有刺鉄線と堀になっていた。展望台の入り口の会談で兵士が腰掛けてジュースを飲んでいた。一緒に写真を撮るときはカンを後ろに隠した。流石である。


江原道の東海岸の高城統一展望台に行ったときも見たが、ここ鉄原にも道路遮断塊がある。北朝鮮軍が戦車で侵入してきたときにコンクリート塊を支えている足下の小さな塊をダイナマイトで破壊し道路に転がり落とさせ侵入を止めるのである。


映画「ホタル」の町

f0032712_15101271.jpg鉄原からバスでソウルに戻り、夕刻、同行者と落ち合い東ターミナルから安東行きのバスに乗った。3時間くらいの旅で着いたのは夜9時頃であった。インターネットで予約した民宿「ホタル」の主人が迎えにきてくれた。
安東の目的は河回村(ハヘマウル)である。昔からの集落で、鹿児島で言えば知覧の武家屋敷群のようなものである。199?年エリザベス女王が訪れ有名になった所らしい。
高倉建が主演した映画「ホタル」の舞台にもなった所である。









f0032712_15121523.jpgf0032712_15124920.jpgハヘマウルの川向かいに展望台があり村全体を一望できる。ここで、皆で写真を撮った。













f0032712_15152223.jpgf0032712_15155946.jpg韓国に人気俳優リュ(柳)シオンの実家の前で






民宿は2カ所に分かれて泊まった。こちらのお宅は豪邸である。奥様は陽気で良く喋る人らしい。





f0032712_15191795.jpg安東の有名な観光地で、紙幣にもここからの眺めが使われている。「書院」とは、学校の意味らしい。






f0032712_15224034.jpg












f0032712_15245922.jpgf0032712_15252932.jpg以前、我が家にホームステイに来たことのあるイルジュ、鹿児島大学に留学していたミソンとソウルで久しぶりに逢った。二人共、カンヌン大学の出身である。
漢河ナイトクルーズに乗った後、魚市場に夕食に行った。蟹も凄く安い。自分で買った魚を刺身にして貰い、それを持って市場内の食堂に行き、刺身以外は鍋にしてくれる。


蟹もおいしかったが、一口蛸は、口の中でも張り付いてくる。



二人とも久しぶりに「ご馳走」を食べたと喜んでくれた。若い娘達に囲まれ、美味しい酒を飲む。
幸せな人生だと思う。
[PR]
by momodisk | 2007-06-19 14:16 | Comments(0)
<< ユンミの結婚式 ヨンイの結婚式 >>