国境と釜山

f0032712_17124742.jpg韓国へは、いつも飛行機で行っていたので、いつかは、玄界灘を渡りたいと思っていた。
九州新幹線と、博多~釜山間のビートルそれに先日、開通したばかりの韓国の新幹線KTXおよび韓国内の鉄道1週間乗り放題で45,000円位の値段でチケットを手に入れた。日韓連携なのでかなり安い。
ビートルは、鹿児島~種子・屋久間を結ぶトッピーと同じ高速船で3時間の距離だった。
釜山駅が立派になっていたのにビックリした。KTXは九州新幹線に比べると座席が窮屈である。



f0032712_17144175.jpg
釜山からソウルまでは約3時間くらいかかる。セマウル号に比べればかなり早い。
ソウルに着いた日は、ジョンホ氏夫妻とジョンジン君と夕食に行った。
いつもながらご馳走になった。







f0032712_17163361.jpg
f0032712_17165675.jpg

地下鉄で清涼里駅まで行き、電車に乗り換え春川駅(チュンチョン)まで行った。娘のユンミと彼氏のヨンソクが駅まで迎えに来てくれた。鹿児島大学の留学から帰国して2年、初めて会うユンミはきれいになっていた。彼は、来年2月、歯学部を卒業し兵役につくが病院勤務になると言っていた。
チュンチョンと言えば、日本で大ブームになった韓国ドラマ「冬のソナタ」の舞台になった所である。映画は好きであるがドラマは同じような内容が繰り返されるのであまり好きではない。
それでも何話かは見たので興味はある。あちらこちらに日本人観光客向けに写真つきの案内板がある。
昼食に食べたタッカルビ(鶏肉のカルビ)は美味しかった。こちらの名物だそうだ。

f0032712_17191125.jpgf0032712_17193154.jpgチュンチョンの町からナミソンに行く途中でバンジージャンプをするのを見た。迫力がある。高所恐怖症の自分は、多分、飛んだ瞬間に心臓が止まるだろう。もっとも、その前に飛び降り台に立てないと思うが。
ナミソンは、ドラマに出てきたようにきれいな所だった。雪景色を見たいものだ。
森にはキツツキやリスがいた。観光客が多く渡し舟に乗るのに500メートルくらいは並んだ。






f0032712_17211589.jpgf0032712_17213549.jpgチュンチョンからユンミの実家、麟蹄(インジェ)へ行った。ヨンソクの運転で3時間少しかかった。話には聞いていたが本当に田舎で山の中である。
ユンミのお父さんが近所のレストランを予約していてくれた。出された料理を見てビックリした。タイの活き作りと海鮮料理である。タイの大きいことに二度ビックリ。山の中とは到底思えない。


韓国にもアルプスの少女ハイジが出てきそうな所があるとは思わなかった。きれいな小川が流れている。隣の家まで200メートルは離れている。
ユンミの家は、民宿も兼ねているので大きい。水道が出しっぱなしだったので止めようとしたら山から引いた水で水道料金は無料だった。
玄関前のライラックの花がとてもきれいである。お父さんは大工でもあり庭には東屋もある。のんびり出来るいい場所である。

f0032712_17234612.jpg
f0032712_172453.jpg

ユンミの家に泊まった翌日は、日本海に面する束草(ソくチョ)に出て北上し北朝鮮との国境、高城(コサン)に行った。ここにも統一展望台がある。コサンの町は、ここから数キロ離れた北朝鮮側にあるという。
海岸線には、北朝鮮軍が海から侵入しないように鉄条網が張られている。
道路わきには北朝鮮軍が侵入したとき、道路を遮断するコンクリート塊が載せられた台が所々見られる。コンクリート塊と台との間に隙間があり、塊を支える小さなコンクリートを壊すと転げ落ちてくる仕掛けである。

f0032712_1730168.jpg帰りは、江稜(カンヌン)に泊まった。ここから高速バスでソウルに行くためである。カンヌンは、ユンミ達の大学があるところである。インソンの実家がある所で昨年もイルジュと一緒に来たが湖や海が美しいところである。
インソンの家にも行き、両親や妹と飲みに出かけた。









f0032712_17322110.jpgソウルに着き、娘のヨンイ、指宿市の国際交流員をしていたセナちゃん、県の国際交流員をしていたオンヨン氏達と仁寺洞に飲みに行った。
久しぶりに会う皆は元気だった。











f0032712_17342889.jpgf0032712_17344913.jpg帰国するため再び釜山へ来た。ユンミと一緒に留学していたキム ウンジョンが釜山にいるとのことでユンミが連絡してくれた。ウンジョンの友達も一緒にプサンタワーやチャガルチ市場などを散策した。タワーからは釜山の町が良くみえた。チャガルチ市場で自分で選んだ魚を刺身などにしてくれるレストランに行こうとしたらタクシーの運転手さんが、どうせなら市場ではなく海岸通りにあるレストラン街がユッタリして良いよと教えてくれたのでそこへ行った。
刺身にした肴のアラは鍋にしてくれる。3人でビールを飲んでも5千円にもならない。韓国のレストランは安くて最高である。
大勢の韓国人に会って楽しい旅行だった。
[PR]
by momodisk | 2007-06-19 20:11 | Comments(0)
<< ホームステイの度 海が割れるのよ♪ 珍島 >>