誕生日の韓国

f0032712_20174517.jpg韓国から我が職場に交換研修で来ていたジョンホ氏から再三、奥さんを連れて遊びに来るように言われていたので一人暮らしの叔母も一緒に出かけた。
今度もツアーに参加し単独行動をすることにした。その方が費用が安く、特にロッテホテルなど良いホテルに泊まれる。
ソウル市内観光はツアーでした。







f0032712_20203364.jpgf0032712_20205243.jpg彼は、全羅北道の全州に住んでいる。鹿児島にいた1年間、奥さんや子供たちも2回ほど遊びに来て我が家も訪れた。
ツアーを離れ、ソウルからセマウル号に乗り、道庁所在地である全州に向かった。韓国では、「食は、チョンジュ(全州)にあり」と言われているそうでビビムパブはここが発祥地であると言われている。
ジョンホ氏家族の出迎えを受けビビンパブの食事の後、道内をあちらこちら案内してもらった。写真左は、高麗時代に建設された城門で豊南門である。右は慶基殿で1410年、朝鮮王朝の始祖である李成桂肖像を奉安してある。新婚さんが記念写真を撮りに来ていたので一緒に撮った。

f0032712_20401915.jpg馬耳山(マイサン)の塔寺(タプサ
全州から40キロの所にある。二つの岩山がそそり立ち馬の耳ににていることから付けられた。
自然石を積み重ねた石塔が80余基もあって、奇観を呈している。









f0032712_20423416.jpg夜は、彼の家で歓迎パーティ。飾りつけまでしてある。スージンちゃんのピアノ、ジョンジン君のバイオリン演奏を披露してくれた。
韓国のマンションは広い。アメリカ風で夫婦寝室にもバス、トイレが付いているので1戸に2箇所あることになる。よって広さは30坪はゆうにある。
日本の庶民のマンションでこんなものは無い。
奥さんの手作りのご馳走である。






f0032712_2046727.jpg翌日は、中国大陸側の黄海に面する辺山半島にも出かけた。格浦と言う海に面したところで海鮮料理の昼食をとった。
国立公園で海がきれいである。
セマングンの埋め立て工事現場も見たが、土地はタップリあるのに何故、埋め立てをするの理解できなかった。
(その後、韓国はIMFの時代に入ったがどうなっただろうか?)






f0032712_20484774.jpg国立公園に指定されている内蔵山(ネジャンサン)は、紅葉の名所として国内外から観光客が訪れる。ちょうど紅葉の真っ盛りだった。紅葉の規模が大きくて見ごたえがある。
全羅北道、南道にまたがっている場所である。









f0032712_2053127.jpgf0032712_20534686.jpg南原の近くの珍しい立地の旅館に泊まった。個室が別荘風に戸建てとなっている。石造りで屋根は土が被されている。勿論、オンドルが焚かれていて暖かい。食堂で夕食を終え、部屋でくつろいでいたらスージンちゃんが突然「今日は、おじちゃんの誕生日だ」と言った。
自分は、子供の頃から誕生祝いは殆どしたことが無く誕生日には関心が無いので忘れていた。彼女は手帳を持っていて何かにつけメモする。鹿児島に来たとき私の誕生日を聞いたことを思い出した。
みんな、ビックリして食堂からビールを持ってきて誕生パーティが始まった。外国で誕生日をするとは思いもしなかった。

f0032712_20561654.jpg南原(ナムウオン)では智異山国立公園や、国立民俗国楽院等を見物した。
この町を有名にしているのは、「春香伝」という南原で恋仲になった官吏の息子・李夢龍と身分の低い妓生の娘・春香との恋物語である。その後TVドラマで見る機会があった。
その舞台ともなったのが写真の広寒楼である。





ジョンホ氏の家族には本当にお世話になった。長鼓(チャンゴ)など沢山のお土産を貰った。重くは無いが嵩張る。我が家の宝として飾ってある。
[PR]
by momodisk | 2007-06-20 20:15 | Comments(0)
<< 父と韓国の旅 同窓会をソウルで >>