一人寂しくピクニック 北漢山

f0032712_20464392.jpg
照国神社の六月灯のような人混みの中で暮らしているとストレスがたまる。今日は、一人でソウル駅から40分地下鉄に乗り北漢山国立公園にピクニックに出かけた。いくつか嶺があるが花崗岩の山である。







f0032712_2050693.jpg
登山口でカラスを見かけた。韓国にはカササギはカラスのように普通にいるが、初めてカラスを見た。カーと鳴いてくれた。
途中で、ハラボジが休憩していてラジオを聴いていた。なんか懐かしい音楽である








f0032712_2050493.jpg
韓国の伝統音楽かなと思って聞いていたら、ナント”串木野さのさ”ではないか?日本の民謡の放送だった。(短波放送か?)話しかけたが日本語は通じない。
渓谷で足を水につけたら冷たくてとても気持ちが良い。山中にはいくつかお寺がある。








f0032712_20543488.jpg
帰ってから果物屋を覗いたらナント、野苺を売っていた。多分、栽培をしているのだろう。
今は、一年中色々な果物を売っているが、子供の頃、夏はスイカと瓜しかなかった。一寸、品質が異なるが懐かしい味である。
[PR]
by momodisk | 2007-08-01 20:42 | Comments(0)
<< ユンミの故郷インジェ 中国大陸と朝鮮半島を挟む 黄海 >>