最終章 帰国

f0032712_2151469.jpg13日、カンヌンから帰り着いた夜はヨンイ達が送別会を開いてくれた。ヒョンちゃん、イ セナ、イルジュ達が海鮮のシャブシャブをご馳走してくれた。海老、蟹等好きではあるが手を汚して剥いて食べるのは面倒である。ヨンイやイルジュが剥いてくれるから嬉しい。
「若い娘達に囲まれて飲む焼酎は殊のほか美味しい。」




f0032712_2153386.jpg14日、15日の金、土の1泊2日で済州島(チェジュド)に旅行した。ソウルは晴れだったが、到着したら土砂降りの雨だった。傘をさして歩けるものではない。一応リムジンバスで西帰浦(ソキホ)までは行ったが、正房瀑布(チョンバンポッポ)という滝を見てチェジュ市内に帰った。夜、市場の近くでチョングッチヤン(納豆鍋)を食べたら海鮮が沢山入っていて美味しかった。店の奥が騒々しいので覗いたら現金を前に花札賭博をやっていた。映画でしか見られない光景である。
それにしても、観光に来て観光をしないで帰った旅行は生まれて始めてであった。




いよいよ帰国の日になった。
16日(日)ソウルを朝10時半のKTXに乗り釜山に向かう。台風予報ではナーリーちゃんが出迎えに来るようである。ビートルに乗る3時くらいがチェジュ辺りである。
釜山で足止めを食うのではないかと心配である。
イルジュがソウル駅まで見送りに来てくれたからインターネットで調べて貰ったら欠航は無いとのことだった。イルジュのお蔭でヤキモキせずに済んだ。
海は大荒れだったがビートルは玄界灘の波の上を走って釜山・博多を3時間で着いた。




f0032712_2157581.jpg帰国の翌々日、孫が遊びに来た。花束を持って「帰国おめでとう」と言ってキスしてくれた。中途退学だったので恥ずかしかった。そういえば、この子は出国する時「ハラボジ ヨルシミ コンブハセヨ」(おじいちゃん、一生懸命勉強してね!)と言ってくれたのを思い出した。
約、半年の楽しい留学が終わった。韓国の皆に本当に感謝している。
[PR]
by momodisk | 2007-08-03 21:48 | Comments(0)
<< リンゴ狩り カンヌン大学で教壇に 江陵 >>