GKB47

f0032712_1651529.jpg映画 「日本列島 いきもの達の物語」を見た。
日本各地の美しい四季の移ろいを背景に様々ないきもの達が織りなすドラマ・・・とある。
なかなか見ごたえのある映画で満足した。北海道下北半島の雄ざると屋久島の雄ざるとはメスざるをめぐって全く異なる立場にはびっくりした。
母を亡くした子ザル(名前はメダカ)が、雪の中で木の皮をむいて食べる姿!  寒さを堪える姿!  涙が出そうである。

内閣府が決めた「GKB47」 自殺対策強化月間のキャッチフレーズである。人気アイドルグループ「AKB48」にひっかけてつけたと批判を浴びて撤回した。政府の役人!実にお粗末、幼稚な発想をするものである。そして岡田副総理を含め大勢の役人がこの中で動き出していた^^

どんなに辛くても大自然のメダカ達いきものには「自殺」という選択肢はない。人間にだけは、この選択肢があるのだろうか?
[PR]
by momodisk | 2012-02-10 16:51 | その他もろもろ | Comments(0)
<< 春の兆し ? 猫田係長 >>