奄美大島 その2

f0032712_11412415.jpgf0032712_11415659.jpg「南の島で暮らす」が夢だった従兄弟の博(ひろし)が勤めていた世界的大企業の会社から50歳で早期退職勧奨を受けた。(退職金割り増し^^)

彼は、沖縄、奄美各島を自転車旅行をして回り奄美に暮らすことにした。1年間の公的農業研修を受け、昨年農業を始めた。綿密な計画から土地購入、設備投資そして実際の作物の植え付け、それから収穫!!長い時間がかかる。ましてや安定的収入を得られるようになるまでは、もっともっと時間がかかるようである。

無職無収入という言葉があるが、今のところ有職無収入のようなものである。
そういえば、鹿児島の何処かに無職有収入のジッサマがいる^^

博のブログ
・・・・wacky2.0島で農業を始めました・・・・・検索

奄美空港の近くに6反の畑を買い求め、2反にビニールハウス4棟を建てパッションフルーツ、2反にビニールハウス4棟を建てマンゴー、2反に露地でかぼちゃ等を作る計画である。
!!!パッションは、ツル性なのに巻きつくのが苦手なのがおり、ジッサマの手伝いが必要である^^

マンゴーの植え付けは、数か月後。本格的収穫は、3~4年後のようである。




f0032712_1213873.jpgf0032712_1215811.jpg奄美での宿泊は、博が準管理人のような事をしている民宿「結(ゆい)の家」である。
マンゴーを作るため畑を探しに来た岡山の50歳の男性、奄美に出した補助金の調査に来た福岡の男性が同宿だった。

龍郷町、赤尾木の近くの手広海岸にある「結の家」は広い^^ 所有者が留守で食事は無し^^
さらに、田舎なので近所に食堂、呑み屋、コンビニは無い!! 名瀬や赤木名の大都会?にあるスーパーマーケットに行き、お惣菜などの食料を買ってこなければならない。
これが、一人ぼっちの宿泊なら寂しくて狂い死にしそうである^^





f0032712_12241891.jpgf0032712_1224403.jpg「結の家」は敷地が広い!
周りは、アカギ、ガジュマル、やし、ヒカゲヘゴ、クロトン、ブーゲンビリア、ハイビスカス、バナナ、パパイヤ等の植物がいっぱいである。 
もちろん! 有名な毒蛇「ハブちゃん」もいるかも^^
本土とは全く雰囲気が異なる^^ ノンビリした気持ちになる^^
手広海岸は、サーフィン仲間では全国でも有名な所らしい。民宿やペンションが結構ある!

サーフィンをするのに天気は関係ない^^  波が問題である。 曇天で平日なのにサーファーが沢山いる。

ワンちゃんもサーフィンをしたいのかな?





f0032712_12534116.jpgf0032712_1254689.jpg2001年7月、北欧ハイライトと言うツアーでデンマーク、ノルウエー、スエーデン、フィンランドの4か国を旅した。
この時、龍郷町の平さん夫婦と一緒だった。彼の家の道路向かいは美しい砂浜の海が広がっている。
夫婦は、漁業もしているが農業は、タンカン、スモモを栽培している。今も毎シーズン彼からタンカンを買っているがネット販売もしている。とにかく、ここのタンカンは美味しい^^
博に平さんを紹介し、果樹園を見せてもらった。






f0032712_1332750.jpgタンカンの収穫が終わり、果樹園では、今、スモモの花が咲いている。
曇り空で、いまいちパッとしないが蝶が蜜を吸いに来てそして受粉をしてくれている。まさに絵になる光景である。
果樹園の壁、天井に当たるところは全面、鳥の侵入を防ぐネットが張られている。風よけにもなるそうだ。

大きなパパイアがなっていたが実の付き方がちょっと違う様である。フィリッピン産のものだとのこと。
「持って帰りなさい」と言われたが大きすぎる^^ 
パパイアは、熟した果物より青い実を漬物にしたのが美味しい^^ 生くさいというか、青臭い味が堪らない!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、奄美に住んでいた頃、将来、奄美の海の近くに永住したいなと思ったことがあった。
しかし、年を取ると大都会ではなく そこその文化的施設や娯楽施設もある、そこそこの都市の方が住みやすいと思うようになってきた。
[PR]
by momodisk | 2012-03-04 11:46 | 国内旅行 | Comments(1)
Commented by rakustyle at 2012-03-06 21:39
同感です!。「そこその文化的施設や娯楽施設もある、そこそこの都市の方が住みやすいと思うようになってきた。」
<< エンディングノート 奄美大島 その1 >>