マレー半島、ボルネオ島の旅

(タイピン、キャメロンハイランド、BW、ペナン)

f0032712_16581963.jpgf0032712_16585356.jpg東南アジアでは、自宅で食事を作らない風習の地域があるというのは聞いていた。
かと言ってレストランで食事をするという訳ではない。屋台ではないが、その集合体のような沢山の店がありそこで食べるのである。
キムの家でも一切食事は作らず食べに行った。華人が集まって暮らしているようで中国やマレーの珍しい料理が食べられる。

勿論、値段は安い、後日、クアラルンプールでミチオと食べた朝食は200円位で済んだ。











f0032712_179888.jpgf0032712_1794321.jpgタイピンは、スズ鉱石で栄えた町で、人口の70%がキムのような華人によって占められている。タイピンは、中国語で「太平」と書くそうである。
コロニアル調のビルと中国風の古い街並みが残るこの町はゴルフコースや刑務所などマレーシアで最初のものが31か所もある。
スズの採掘場を公園にしたレイクガーデンは人造湖だがマレーシア有数の美しさだそうである。







f0032712_17283298.jpgf0032712_17285864.jpg4月11日、この日はキャメロンハイランドを案内してくれた。
マレー半島の中央部に位置し海抜1,800メールのここは避暑地として親しまれているそうであるが、日本の避暑地とは趣が違う様である。紅茶や高原野菜、果物園などが並ぶ。

イチゴを食べてみたが本当に美味しかった。
帰り道、高原の交通量の少ない道路でキムの車のエンジンから水蒸気がはじけだした。ナント!ファンベルトが2本も切れていた。キムが通りすがりの車をひろい町へ降り修理工を連れてきた。ハプニングである^^ここでえミチオと二人で2時間近くノンビリ^^過ごした^^



f0032712_10435685.jpgf0032712_10443552.jpg12日、ペナンへ行く前にタイピンの近くにバードウオッチングに行った。
キムからマレー半島の鳥類図鑑、東南アジアの鳥類図鑑の2冊の本をお土産に貰った。
早速あらわれた鳥は、javan pond heronだった。次から次へと珍しい鳥が現れるがなかなか写真までは撮れない。体長20センチ弱のトカゲもいたが名前は分からない。










f0032712_11104422.jpgf0032712_1111284.jpgここのバードウオッチングの場所は、なかなか眺めの良いところでもある。White breasted waterhen も現れた。
キムがいろいろ説明してくれるが私の語学力では理解が難しい^^












f0032712_1116120.jpgf0032712_11164185.jpg今度は、1メートル50センチくらいはありそうな大きいトカゲが現れた。恥ずかしそうに大急ぎで逃げる。
Blue throated bee eaterという鳥だとキムが図鑑で教えてくれた。きれいな色の鳥である。














f0032712_11261116.jpgf0032712_11281099.jpgバードウオッチングを終えペナンに行った。キムの友達が住んでいるので一緒にあちらこちらを案内してくれた。
極楽寺という中国、タイ、ビルマ式の3様式が混在するマレーシア最大の仏教寺院に行った。日本の寺院とはだいぶ違うが内部のお釈迦様は全く同じである。
周辺には、ヒンズー教の寺院、イスラム教のモスクなども混在している。












f0032712_11382193.jpgペナン島の真ん中に位置するペナン・ヒルに行った。標高692メートルの丘を45度くらいの勾配で路面電車のような早いスピードで上るケーブルカーがあった。
ここでもバードウオッチングである。キムの友達も鳥仲間のようである。通りがけに友達の家に寄った。眺めの良い家である。
[PR]
by momodisk | 2012-04-26 17:01 | 最近の旅行 | Comments(0)
<< マレー半島、ボルネオ島 マレー半島、ボルネオ島の旅 >>