クスコ  ペルー

f0032712_11235910.jpgf0032712_11235860.jpgすっぽかされたマチュピチュツアーをいつまでも気にしても仕方がない。気持ちを切り替えてクスコの見物にした。

クスコは、インカ帝国の首都だったところである。太陽神を崇拝し、大インカ帝国を築いた人々にとっては世界のそして彼らの宇宙観の中心でもあったのだ。
16世紀、スペイン人の征服者達により、インカは山奥へ追いやられスペイン人たちはインカの礎石の上に教会や邸宅を作った。この不思議なコントラストがクスコを特別な街にしている「地球の歩き方より」




f0032712_11415389.jpgf0032712_11422275.jpgアルマス広場周辺は、警察官が多い!半径50メートルに何人いるだろうかと思うくらいである。
ブラブラしていたら軍隊が現れた! 多分、観光客向けのデモンストレーションだろうと思うが。

レストランの壁にはインカらしい飾り物があった。レストランをフォルクローレの楽団がめぐり客からチップも貰ったりCDをうったりしている。
CDを買い求め、今、聞きながらブログをかいている。竹笛のかすれたような音が郷愁を感じさせる^^
ガンタナメラ等、聞き覚えのある曲が懐かしい。




f0032712_11544634.jpgf0032712_1155591.jpg町を歩くとラマを釣れた民族衣装を着た人たちが沢山いる。写真を撮らせ小銭をせびっている。周囲の景観にマッチしている。

ワンちゃんを連れた物売りのおばちゃんにも小銭をあげ写真を撮らせてもらった。

広場周辺を歩いているとなんかダルイ!石畳だからきついのかと思ったが後で考えてみると標高が高いからであった。3399メートルある。






f0032712_1284547.jpgf0032712_1283771.jpgホテルは、サン・アグスチン・インテルナシオナルという名前で内部はいたるところが曲線を描くユニークは作りだった。かなり珍しい!
朝食はバイキング方式で美味しかった。

リマに帰るクスコの空港にマチュピチュの看板があった。胸がキュンとなり目頭が熱くなった。
[PR]
by momodisk | 2012-10-13 11:26 | 最近の旅行 | Comments(0)
<< アブダビ アラブ首長国連邦 ペルー ナスカの地上絵 >>