御馳走の旅

f0032712_11514558.jpg福岡と鹿児島に住む3人の昔の娘さん(おば様)と釜山に行って来た。3週間ぶり、今年3回目である。
到着して、銀行に連れて行き預金口座を開設し両替したウオンを入金した。彼女達は喜んだ。
夜は、チャガルチ市場で食事した。4人だから多くの種類の海産物を注文できる。
ヒラメ、イカ、アワビの刺身、生牡蠣、サザエの壺焼、ウニ、アラの鍋、その他注文しない突出しのおかずが沢山出てくる。いつも「若い娘たちに囲まれて飲む焼酎は殊のほか美味しい」が、たまに昔の娘さんに囲まれて飲んでも矢張り美味しい。代金は、飲み物を入れても一人2,500円位にしかならない。
翌日、朝食は、アワビ粥の専門店に行った。この時間、地元の客はいない。満員の客は日本人だけである。身もタップリ入って美味しい。初めて食べてみた。
昼は、統営に行きテジクパプで軽く済まし、夕食は海雲台にある河豚専門店でフグ鍋を食べた。刺身は食べたことがあるが鍋は初めてである。身がコリコリしてとても美味しい。食にこだわるおば様達と旅をすると一人旅では味わえないものにありつける。
昔の娘さん達は、今も美しく^^強く!たくましい!。夕食の後、買い物をして全身マッサージに行き夜中1時半ころ帰ってきたとのことである。じっ様はホテルに帰りシャワーを浴び、缶ビールを飲み寝るだけである。
全員、何らかのハプニングを起こし笑いの絶えない道中だったが、圧巻は帰国の朝から翌日まで下痢にかかった人だろう^^
楽しく^^そして御馳走の旅だった^^
[PR]
by momodisk | 2008-12-14 11:51 | Comments(1)
Commented by rakustyle at 2008-12-14 21:43
家のおば様(怒られる!)も行きたがってたんですよね。これを見て・・・。
<< 自由人 (今日の収穫) ジャズ >>