カテゴリ:国内旅行( 30 )

ドライブ旅行

f0032712_1158223.jpg道男に誘われて2泊3日のドライブ旅行をすることになった。メンバーは去年の黒部・立山アルペンルート、上高地に行った3人である。
熊本で徳を拾い阿蘇外輪山の大観峰に向かった。
外輪山は昔、走ったが大観峰は初めてである^^

春霞みで阿蘇中岳、草千里など何も見えない!ガッカリ
眺めの良い時に又来たいと思った。

いつもの雨男のせいか?彼と旅行すると必ず天気が悪くなる。
今日は、雨が降らないだけマシである。
風景が写真に撮れないので大昔のヨカニセで我慢した。







f0032712_12492228.jpg
f0032712_1249548.jpg大分県の九重「夢」大吊橋を見に行った。長さ390メートル、川の水面から175メートルの高さである。
高所恐怖症ではない道男だけが橋を渡った。
この後、アフリカンサファリパークに行った。料金を見てびっくり! 2,500円にバス代600円で3,100円にもなる。徳とは数年前、アフリカに行き、ジンバブエ、ボツワナ。ザンビアのサファリツアーをしたので止めることにした。






f0032712_12513887.jpg
f0032712_12451670.jpgこの日、大分県の国東半島の付け根にある安心院(アジムと読む)のAZホテルに泊まった。昔のリゾート、亀の井ホテルである。ビジネスホテルと違いゆったりとしたつくりである。大きな部屋にシングルベッドが3台入っている。料金は、朝、夕食つきでナント5,250円、温泉でくつろぎビール、焼酎を一人1,300円で楽しめた。
二日目、雨男のメンツで雨である。ホテルを出て熊野磨崖仏を見に行った。駐車場から山道を登っていたら高い石段が現れたので登るのを止めた。
この後、豊後高田の昭和の町に行った。平成生まれの人には珍しいだろうが昭和初期の生まれの人には珍しくも懐かしくも何も感じない。

福岡に向かう途中、田川市にある石炭・歴史博物館に行くことにした。ユネスコ世界記憶遺産山本作兵衛コレクションも見られる。
炭鉱が始まり原油自由化で廃止になるまでの経過が良く分かった。
田川に行く途中、案山子祭りが開かれる町を通ったら面白いものを見かけた。


f0032712_1337177.jpg
f0032712_13371781.jpg福岡でもAZホテル亀の井ホテルだった。ここは朝食付きでシングルルームが4,900円で安い。
しかし、前日の夕、朝食2色付の5,250円と比べるとメチャクチャ高い ^^ (敷地内のレストランつぼ八で夕食、飲み物で3,500円も懸かった! ^^ )
AZは安い! 今までは東横インをよく利用していたが、こちらの方が安くて便利で良さそうである。
帰りの日は、志賀島を一周することにした。
右側は玄界灘で波が高く、左側は博多湾で静かである。両方同時に見比べられるのも珍しい^^
玄界灘の岩山に沢山のウミウの群れが止まっていた。


f0032712_13553842.jpg
道路工事で珍しいものを見た。
ユンボが斜面で工事をしている。斜面の角度は45度をはるかに超えている!
[PR]
by momodisk | 2015-04-05 12:01 | 国内旅行 | Comments(0)

上野公園

f0032712_11151619.jpg
バルト三国とポーランドの旅。
飛行機の便により、東京での前泊、後泊が必要だった。
東京では、いつものように上野で遊ぶ。美術館もいくつもあり退屈しない。
上野の不忍池の散策も良い。


f0032712_1120998.jpgf0032712_11202893.jpg不忍池では、いつも誰かがパフォーマンスをやっている。
今日は女性のグループがダンスをしていた。
上手なのか下手なのか?

田舎の爺さんにはわからない^^
でも、見ていて楽しい^^













f0032712_1124677.jpg上野公園ではいつものようにペルーの人が音楽をしていた。
「コンドルは飛んでいく」も演奏していた。しんみりする曲である。

この後、東京都美術館で絵画鑑賞をタップリ楽しんだ。
美術館主催の絵画展や国内の絵画団体の絵画展など6~7展ほどやっていた。

各会場には休憩室があり、誰もいないので横になって昼寝をした。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-12-14 11:19 | 国内旅行 | Comments(0)

田舎

f0032712_10393630.jpg高校時代の同級生M男から田の神バスツアーに行かないかと誘われた。料金は、昼飯付きで4,000円とのこと。
田の神などには興味は無かったが、たまには田園風景でも写真に撮ろうかと思っていくことにした。
38人の参加者がいて驚いた! 皆さんには興味のあるものであろう!若い女性もいた。

バスガイドさんと田園風景に溶け込む風情のおばあ様方を写真に撮ってみた。

左のおばあ様!厚い布地の帽子をかぶり、長袖を着て首にマフラーをしている^^暖かそう^^ 

 ^^頭から足もとまでの服装! 見ているほうも暖かくなる^^ 季節感が良い!

f0032712_1044658.jpg


f0032712_10504542.jpgf0032712_1051868.jpg10体ほどの田の神を案内してもらった。大きさ、服装、顔等全部違い結構楽しめた^^

藺牟田池のホテルでバイキングの昼飯を食べた。
大ジョッキの生ビール2杯はとても美味しかった。

主役の田の神に脇役の水路や風景を入れて写してみた。

ツアーに参加して正解だった^^














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-07-25 10:44 | 国内旅行 | Comments(2)

ブロンズトキ

f0032712_1637754.jpgf0032712_16372314.jpg博多祇園山笠の日、のぶよさんの家に泊まることにしたので韓国から九州大学に留学しているフンを連れて行くことにした。
夜は、宏さんが温泉でバイキング料理をご馳走してくれた^^ フンは若いので喜んで大量に!食べていた^^

翌日、夫婦が佐賀にブロンズトキを見に連れて行ってくれた。沖縄で見かけることがあるくらいの珍鳥である。

蓮根畑で探していたら見慣れない鳥がいた。多分、バンの幼鳥だと思うが!




f0032712_1722843.jpgf0032712_1724687.jpg1時間余り探したが姿を見せない。ハヤブサに襲われたか? どこかで昼寝? それともよその国へ?
諦めた。
写真だけは、宏さんが送ってくれた! 感謝!

周囲に山がない佐賀平野の田園地帯は、ダイサギ、コサギ、アオサギがそこらじゅうにウヨウヨしている。彼らには余程、環境が良いのだろう。





f0032712_1763480.jpg
河原ではオオヨシキリの声が何処でも聞かれる。
しかし、藪に隠れて姿はなかなか見せてくれない。この写真も宏さんが送ってくれた。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-07-17 16:38 | 国内旅行 | Comments(1)

博多祇園山笠

f0032712_12423113.jpg
f0032712_15382689.jpg福岡に住んでいる日本野鳥の会の友人に誘われ山笠を見に行った。
夫婦とも博多生まれの博多育ち、特にのぶよさんは,山笠大好き人間である^^ 

自分は、どちらかと言うと物理-化学的な方に興味がありお祭り等の観念的なものには疎い方だった。
ここ博多歴史館でTVを見ながら彼女の説明を聞いていたら興味が湧いてきた。

山笠には、飾り山笠、かき山笠の2種類があり飾り山笠はあちらこちらのアーケード街に飾られている。デザインは、歴史的なものを表現するが近年は子供たちが喜ぶドラえもん等の人気キャラクターもある。








f0032712_15453673.jpg
f0032712_15455011.jpg町中に電線が張られる時代になってから、町中を引き回す山笠はかき山笠と言う低いものになったそうである。
櫛田神社では、「流れ」といういくつかの町で構成されるグループ毎の山笠の引き回すスピードを競うものもある。

男衆は、腹巻に締め込み(ふんどし)、そして脚絆をはいて走る「華やかに、そして勇壮に・・・夏を彩る博多祇園山笠」とある。

相撲以外で褌、お尻を見ることは無いが、若くてスタイルの良い女性が褌を着けたらどんな眺めになるのかなとフト思った^^






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-07-17 12:45 | 国内旅行 | Comments(0)

ミヤマキリシマ

f0032712_11145884.jpgf0032712_11152682.jpgブログの書き込みに霧島のミヤマキリシマの花がきれいとあったので

今も美しい妻?と出かけた。
鹿児島市内は、黄砂?PM2.5?で陽が射しているのに霞がかかったようにしている。

霧島は、空気が透き通っている。最高の天気! 気持ちが良い!
エビノ高原、韓国岳は、満開でとてもきれいである。
ホオジロが出迎えてくれた^^




f0032712_11225776.jpgf0032712_11231439.jpg池に花の影が映り趣がある。


硫黄山の白い色を背景にした花の色も良い!













f0032712_11263035.jpgえびの高原から高千穂河原への道は、3年前の新燃岳の噴火でしばらく通行できなかった。
久しぶりに、ミヤマキリシマの背景に高千穂の峰の写真を撮ろうと思い車を走らせた。
途中の滝もきれいである。



f0032712_11312042.jpg

高千穂河原から、中岳に登る道にハイキングコースがある。
ここで写真を撮ろうと思ったがミヤマキリシマの花は完全に終わっていた。
エビノ高原とここでは標高差は200メートルはあるだろうか?
高千穂の峰の山肌は、花が満開である。
この日、腰が痛いの! 膝が痛いの!の言葉が口から出なかった? どうしてだろう^^


f0032712_11482136.jpg夕方、ミイミイ夫婦が枇杷を持ってきてくれた^^ 出水の自宅で採れたものである。
枇杷は、甘い物に飢えていた子供の頃からの大好物である。
昨日、産直市場で買ってきたばかりである。(左下のケース 198円)
嬉しい^^ でも食べきれない。
誰か貰いに来ませんか? ヤクルトのお母さんにも持たせて上げた^^










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-06-02 11:16 | 国内旅行 | Comments(1)

黒部・立山アルペンルート

f0032712_162162.jpgf0032712_1624746.jpg黒部・立山アルペンルートにとうとうやって来た^^
今回は、長野県側だけで富山県側には降りず引き返す。扇沢駅から1.4KMのトンネルをトロリーバスに乗って黒部湖へ行く。電気で動くから無軌道電車とも言うそうである。

駅員が乗車案内をしていたが突然、弁当を売り始めたが誰も買う人はいない。今度は、おもちゃのバスを売り始めた。タイヤを床で擦って離すとゼンマイが解けて走り出す昔懐かしい物である。これは買う人が沢山いた。真面目な顔で冗談を言って人々を笑わす^^なかなかの役者である。勿論、仕事で売っているのではなく彼のパフォーマンスである^^

黒部湖のダムに着いた。高校の頃だったと思うが、「黒部の太陽」という映画があった。多分、石原裕次郎主演だったと思うが!ダム工事現場の苦労を映画で表現したもので興奮して見たのを思い出す。




f0032712_16244133.jpgf0032712_16251980.jpg黒部湖から黒部平まではトンネルをケーブルカーで行く。

雪や氷の風景は、カナディアン ロッキーや、アルゼンチンのコロンビア大氷河で素晴らしいのを見たが、ここからの風景も独特で素晴らしい。









f0032712_16351238.jpgf0032712_16353686.jpg黒部平から大観峰までは今度は、ロープウエイである。
大観峰で標高は、2,316メートルである。展望台の正面にスバリ岳、蓮華岳、針ノ木岳等2,700~2,800メートルクラスの山々が見える。左右にも高い山々(山脈)が見える。
素晴らしい風景である。

鹿児島くんだりから来た甲斐があった。
67歳のワカ者?3人で記念写真である。
一人! カメラ以外 手荷物を持ちたがらない男がいる! ポケットに財布とハンカチだけである。彼は、日帰り移動は、世界中どこでもそうしている^^


f0032712_16452814.jpg
f0032712_16455364.jpgとうとう雪の大谷にやって来た。
室堂平付近での積雪は、約8メートル、吹き溜まりのできる大谷付近では20メートル近い積雪があり、毎年4月の開業に向け、大型ブルドーザー等の機械を使い雪の壁を少しずつ削り取るそうである。
路面の雪は流石に解けていた。

雪の壁の中を歩いた^^ 見慣れたツアー広告写真と同じ光景がある^^  当然なのに驚く!

アルプス広場の大雪原も我々には迫力がある。氷河とは違った趣がある。


f0032712_16581880.jpg
韓国の大邱の近くの八公山で長いロープウエイに驚いたが、此処の方が長い。
雪の上のロープウエイも初めてである。

この後、4時ころ扇沢を出発して新宿へ着いたのは8時頃だった。
24人乗りのバスに参加者9人の楽しい旅が終わった^^

次は、紅葉の頃 天狗平、弥陀ヶ原、美女平を通り富山側に降りてみたいと思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-05-06 16:03 | 国内旅行 | Comments(0)

熱気球

f0032712_13273523.jpgf0032712_13283796.jpg上高地から安曇野、大町を通り、飛騨山脈を左に眺めながら白馬温泉に向かった。
宿泊は、長野オリンピックの時のジャンプ台の近くでペンションだった。
翌朝、添乗員さんに勧められて熱気球に乗ることにした。
6時半に乗り込んだ。














f0032712_13363671.jpgf0032712_1337645.jpg小さな籠だが10人は楽に乗れる。ゴーという熱風を吹き出しゆっくりと上がっていく。
気持ちが良い^^
爺さん達、三人共初めての体験である。乗船料一人2,500円は安い。

勿論、移動するのではない! 上に上がるだけである^^












f0032712_13434834.jpgf0032712_13441724.jpg6年前の6月、北海道旅行をした時、富良野で熱気球に乗れるという事でわざわざ出かけた。
1泊、2,000円のゲストハウスに泊まった。
朝、風が強くて飛ばないと案内があった。ガッカリ!宿泊料が高ければ涙が出たところだろう^^

昔から一度は乗りたいと思っていたので念願が叶い嬉しかった。




f0032712_13501760.jpg
乗鞍岳、白馬岳も良く見える。ジャンプ台も実物は初めて見た。

この後、黒部、立山アルペンルートに向かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-05-06 13:28 | 国内旅行 | Comments(0)

上高地

f0032712_16153747.jpgf0032712_1616039.jpg


今回の旅行、立山黒部アルペンルート! 昔から行きたいと思っていた所である。

このツアーには、上高地が付いているから最高である。学生時代、穂高岳や槍ヶ岳に登ったので上高地は、46年ぶり3回目である。

しかし、登山が目的で上高地は通り道に過ぎなかった。だから梓川などを散策するのは初めてである。

因みにこの旅行の費用は、鹿児島~羽田往復の航空券にホテルが1泊ついて27,000円(早めに申し込んでホテル追加料金なしなら23,000円)。 東京発1泊2日のこのツアーが23,000円、 後泊の東横インが8,000円(週末で無かったらせいぜい6,000円)であった。



f0032712_163131.jpgf0032712_16314373.jpg


大正池でバスを降り、梓川沿いに河童橋まで雪道の林の中を歩く。

懐かしい山々が見える。焼岳、前穂高岳、奥穂岳等が見える。槍ヶ岳は角度が違い見えないのが残念である。昔、河童橋から徳沢を経て横尾橋から涸沢に登りキャンプをしたが良く見えて懐かしかった。

大正池から田代橋まで40分、ここからウエストン碑を経由して河童橋まで25分だが雪道で歩きにくく写真を撮りながらだから1時間半くらい歩いた。

林の中の池や枯草、倒木それに小鳥の鳴き声!風情がある^^






f0032712_1657951.jpgf0032712_16572760.jpg


遠くに見える涸沢を見るとここをベースキャンプにして穂高岳に登ったり、槍ヶ岳に登ったことを思い出し又登りたくなったが、残念!67歳!体力がない(涙)

それにしても80歳でエベレストに登った三浦雄一郎は凄い! ? ? しかし ? ? ? 

(下山は、登山開始位置よりはるかに上の高度でヘリコプターに乗って下界に降りた。これも登山成功?
エヴェレストには、白骨がそこら中で見られるそうである)

川の傍で土を掘り餌を探している野生の猿がいた。去年の果実の枯れたものを探しているのだろう。動物園の猿とは毛色が違う!

食べ物の心配のない動物園の猿とどちらが幸せなのだろう?
さて!あなたは! どちらが幸せ ?  そして高齢だったら? ^^ (笑)

この後、3時にここを発ち白馬温泉に向かった。3時間のバスの旅である。

この日!腰痛はゼロでは無かったが殆んど気にならなかった (嬉)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-05-02 16:19 | 国内旅行 | Comments(0)

東京 上野

f0032712_20343210.jpg18歳から24歳まで6年間東京に住んでいた。
歌謡曲にあるように東北の出身地の人達は、上野は心の故郷である。それでも自分も昔から同じような感じで思っていた。

アメ横、不忍池、上野公園、西郷銅像、いくつかの美術館!
東京に行った時、鹿児島に帰るときの時間調整の場所でもある。

熊本から合流するトクと鹿児島からのミチオと私!アメ横で合流した。
早速、不忍池に行った。







f0032712_10364163.jpgf0032712_1037113.jpgここでは時々、大道芸人を見かけるが今日もいた。
大道芸だから終わった時に志をあげることになる。鹿児島では見かけない光景である。





f0032712_1041381.jpgお椀を足で頭に蹴り上げて載せる。これは難しそうである。


















f0032712_10442343.jpg
f0032712_1044487.jpg池には、野鳥もいる。
冬を過ぎたので数は少ない。カモメや 鵜は留鳥である。




f0032712_10475190.jpg渡り損ねたハシビロガモがいた。








f0032712_10521524.jpgf0032712_10524461.jpgスズメに餌付をしている人がいる。沢山のスズメが順番を待っている。
ハシブトガラスが羨ましそうに見ている。



黒部立山アルペンルートから帰り、東京に後泊し翌日の夕方、鹿児島に帰るのでいつものように美術館巡りをした。上野の森美術館では、そこの大賞展を見た。
その後、東京都美術館に行き、新美展と東光展を見た。
東光展は1,000点近い作品が展示されており流石に見るのに疲れた。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2014-04-30 20:34 | 国内旅行 | Comments(0)