カテゴリ:国内旅行( 30 )

人間学

f0032712_13425030.jpg
f0032712_19495245.jpg
高校の同級生ミチオとトクの二人を誘い旅行会社HISの東京発 黒部、立山アルペンルート・上高地ツアーに行った。
集合場所である新宿の都庁地下駐車場に近づいたら金髪の美人が歩いていた。
着いて立ち止まったら彼女が私の名前を呼んできたので驚いた!ツアーの添乗員さんだった!

バスの中でポポバ アンナと言う名前でロシア人だと言った。6歳の時から千葉で暮らしているそうである。普通の日本人の日本語を話す!
彼女曰く 生物学的にはロシア人だと冗談を言っていた。
夕食の時、私が冗談で「人間学的には日本人だな」といったら皆が笑ってくれた。










f0032712_13545882.jpg上高地のレストランで三人でビールを飲みながらのランチにした。
隣の博物館の建物の屋根に太陽光発電のパネルが載っている。
この事を二人に話したらミチオが、あれは明り取りの天窓だと言う!もともと思込の強い男である。
彼が「賭けるか!」と言うので飲んでいるビール代を賭けた。
レストランの電灯が停電になったとしても窓の外の明かりで問題は無い!隣の博物館は何の必要があって天窓を付けたと思うのか?と言っても耳を貸さない^^

店員が来たので聞いたら太陽光発電のパネルだと言う^^
ビールがタダで飲めた^^ 持つべきは友人である。ところで!建築屋である彼の家には太陽光発電の設備がされている^^

バスに乗り白馬温泉に向かう途中、ミチオが「アッ カモシカだ」と言う。一瞬の事で鹿とカモシカの区別がつくのかと聞いたらカモシカだと言い切る^^
かねてからカモシカを見慣れているのだろう!

彼は、人間学的には何と言うのだろう? ^^




......................................................................................................................
[PR]
by momodisk | 2014-04-28 13:42 | 国内旅行 | Comments(0)

サークル同窓会

f0032712_1633449.jpgf0032712_1634677.jpg昭和40年に工業高校の建築科を卒業して就職したが、お粗末な会社だったので退職し、翌41年に大学の夜間部に入った。
勿論、昼間は建築関係のいろいろな職場で働いた。大学では、サークルは、ワンダーフォーゲル部に所属して遊んだ!!

昭和45年に大学の夜間(第二工学部建設工学科建築専攻)を卒業し、46年に鹿児島県庁に入った。
そして、今回、奇特な後輩がいてサークルの同窓会を計画してくれた^^(感謝!)
 実は、一昨年に計画したのだが  11・3.11の東日本大震災でお流れになったものである。

卒業以来、初めて43年ぶりに会う人が10人中7人いた。昼間働いて、夜、学校に来る連中だから年齢幅も大きかった。
中には、高校も定時制だったという人もいたので年齢も今回、71歳から64歳までいた。

当然のことながら、皆さん お爺いさんになっていた。それでも若干の個人差はある^^ 年齢に正比例とはいかない^^




f0032712_165758100.jpgf0032712_16581697.jpg東京から上越新幹線に乗り上毛高原駅で降り、同じ列車で来た人がいないかとキョロキョロしたら3人いた。富山から車で来たN君が駅に迎えに来てくれていた。
車で来る3人をホテルで待ち、近くの谷川岳ロープウエイに行った。
途中、水上駅に観光で走るSLがいた。昭和24年製で「俺と同じ年だ!」と言う人もいた。除雪板が付いている。

ロープウエイを降り、スキーのリフトで天神平に着いた。ここから谷川岳に登ると3時間で行けるそうである。









f0032712_11233570.jpgf0032712_11234989.jpgここからの越後山脈、三国山脈の山々の眺めは素晴らしかった!
ロープウエイ乗り場と天神平の高低差は300メートルだそうである。
在学中、山岳部の連中が谷川岳でロッククライミングをしてクラスメートが宙吊りで亡くなったことが話題になった。

ホテルで温泉に入り宴会が始まった。道端でバッタリあっても顔は分からないが、相手が誰と認識してみれば全員が分かるから面白い。
「近況報告を」と始まったが、皆さん卒業以来、今までの事を話すので長くなる^^



f0032712_11495398.jpgf0032712_11502084.jpg今回は、宮城、富山、神奈川、埼玉、茨木、千葉、東京、鹿児島から10人が集まった。
自分の地元の酒を持ち込んでいて酒盛りが始まった。
私は、勿論、韓国の焼酎をふるまった^^

登山やスキー合宿の話が出るが、皆、仕事を持っていたから一緒でなかった所もある。
私は、北アルプスは穂高、槍など登り、南アルプスは仙丈ヶ岳に登ったが、駒ケ岳は南だったか、北だったか思い出せない。
スキー合宿はいつも菅平だった。








f0032712_12394189.jpg建築専攻はこの3にんである。二人とも1年後輩で新潟出身である。
スキー合宿の後、長岡のMの家に行った時、屋根の雪下ろしをしたことがあった。彼は、その頃から将来、雪国、新潟には住まないと言っていた。

翌日は、水上温泉から照葉渓の渓谷を見ながら沼田に出て帰った。川場村に大規模な物産館があり昼飯にした。車を運転しない人は、地ビールを飲み宴会気分になった^^

楽しいサークル同窓会だった。 幹事さん!本当にありがとう^^
韓国の娘たち3人の家を泊まり歩き、サークル同窓会の!10日間の旅が終わった!
[PR]
by momodisk | 2013-06-17 16:43 | 国内旅行 | Comments(1)

富士山

f0032712_1129070.jpgf0032712_11292463.jpgマレー半島、ボルネオ島の旅を終え東京に帰った。

翌日、以前から憧れていた満開の桜を引っかけに富士山の写真を撮りたかったので河口湖に行った。曇り空で富士山は見えない。普通なら天気はどうだろうか?と考えるが今回は、全く考えていなかった^^
ネットで調べると丁度さくら祭りも開催されていたせいだろうか?

ナント!桜はおろか梅の花も咲いていない! ガーン! そして霰か雹か知らないが降り出して積るではないか。

旅館に泊まり翌日に期待をかけた^^
朝、目が覚めると霧で真っ白! 湖すら見えない!
8時の朝食の頃から霧が晴れはじめた^^ 桜満開ならぬ梅の蕾を引っかけに富士山の写真を撮った。珍しい写真だと思う^^







f0032712_13324657.jpgf0032712_13324563.jpg湖の畔を一人散歩した。
湖には、マガモ、オオバンがいる。陸にはメジロ、ツグミ、ハクセキレイ、コゲラ、シジュウカラ等がいる。遠くでキジの声も聞こえる。
10時ころ、再び雲が出て富士山は見えなくなった。
[PR]
by momodisk | 2012-04-20 11:30 | 国内旅行 | Comments(1)

お雛祭り・ 柳川

f0032712_21292725.jpgf0032712_21294649.jpgRAKU夫人から誘われて ”柳川「お雛様水上パレード」と佐賀城下ひなめぐり” の日帰りツアーに出かけた。
あいにくの雨007.gif   水上パレードは、中止となった。ガッカリ
しかし、辛うじて雨は止み川下りの船には乗れた^^  ラッキー^^

昔、陸から川下りを見たが何も感じなかった! 初めて乗ってみて、ゆったり気分にさせる船に満足した。





f0032712_21473745.jpg佐賀城下の古い建築物が展示館などになっており、ひな飾りなどが飾られている^^



午後からは、ときどき陽ざしもあり、小さな庭の枝垂れ白梅が、なかなかの雰囲気を醸し出している^^


軍艦島の旅行から、中1日おいた旅行だった!


40年来の古いつきあいの友人との旅は楽しい^^
[PR]
by momodisk | 2012-03-19 21:29 | 国内旅行 | Comments(0)

軍艦島

f0032712_15334882.jpgf0032712_15341781.jpg鹿児島~長崎間の飛行機往復とホテル1泊付きで、1万円を切る価格でMBCトラベルに出ていた^^
以前から行きたいと思っていた長崎市端島の軍艦島に行くことにし、友人に声をかけたところ4組の夫婦で行くことになった。

周囲1,200メートル(歩けば15分くらい?)の小さな島にナント!大正時代から建てられた高層鉄筋アパートには、最高5,300人余が住んでいた時もあった。学校や病院、パチンコ屋もあった都市である? 海底炭鉱のこの島は明治3年に開坑され、昭和49年に閉山されて無人となり2,009年に世界遺産暫定リストに掲載された島である。(平成22年からこの島に行けるようになった)




f0032712_15562992.jpgf0032712_15564519.jpg軍艦島に着くころ海は時化ていた^^(時に、1メートルを超す大きな縦揺れ) 昼からの便は欠航と決定したそうである。
沖合から見ると角度によっては正に軍艦のような形をしている。真近に見る廃墟は、高層ビルだからかなりの迫力である。

8人の、ハラボジ、ハルモニ達は背景の廃墟とマッチしている^^ どちらも年期が入っている^^

長崎の街から軍艦島には、5社がツアーを出している。我々は、「軍艦島コンシェルジュ」と言う会社にした。(料金 3,900円)
ガイドさんの説明が上手だったので歴史など良く理解できて勉強になった。船長さんの腕が良く他社に比べ就航率が高いそうだ^^

今回も沖縄旅行同様、福ちゃんツーリストだった。矢張り、門前の小僧は習わぬ経を読むようである^^



f0032712_17281026.jpgf0032712_17283318.jpg長崎発19:35 (30分余りの飛行)鹿児島到着後 20:35発でUターンの航空便である。羽田~鹿児島間ならともかく、この区間でこんな時間帯の航空便を考える会社? 矢張り驚く! ・・3月末で路線廃止になる ・・
機体は、39人乗りのDASH8!「眼下の視界を遮らない高翼機ならではの、窓からの雄大な眺めをお楽しみ頂けます」とある^^ (!長崎の街の夜景が見えはした^^)

出発の日の昼間は、都市農業センターに菜の花を見に出かけた。
「もんしろてふてふ」もいるが蜂と違い止まらないので写真が撮れない。
[PR]
by momodisk | 2012-03-17 15:34 | 国内旅行 | Comments(0)

奄美大島 その2

f0032712_11412415.jpgf0032712_11415659.jpg「南の島で暮らす」が夢だった従兄弟の博(ひろし)が勤めていた世界的大企業の会社から50歳で早期退職勧奨を受けた。(退職金割り増し^^)

彼は、沖縄、奄美各島を自転車旅行をして回り奄美に暮らすことにした。1年間の公的農業研修を受け、昨年農業を始めた。綿密な計画から土地購入、設備投資そして実際の作物の植え付け、それから収穫!!長い時間がかかる。ましてや安定的収入を得られるようになるまでは、もっともっと時間がかかるようである。

無職無収入という言葉があるが、今のところ有職無収入のようなものである。
そういえば、鹿児島の何処かに無職有収入のジッサマがいる^^

博のブログ
・・・・wacky2.0島で農業を始めました・・・・・検索

奄美空港の近くに6反の畑を買い求め、2反にビニールハウス4棟を建てパッションフルーツ、2反にビニールハウス4棟を建てマンゴー、2反に露地でかぼちゃ等を作る計画である。
!!!パッションは、ツル性なのに巻きつくのが苦手なのがおり、ジッサマの手伝いが必要である^^

マンゴーの植え付けは、数か月後。本格的収穫は、3~4年後のようである。




f0032712_1213873.jpgf0032712_1215811.jpg奄美での宿泊は、博が準管理人のような事をしている民宿「結(ゆい)の家」である。
マンゴーを作るため畑を探しに来た岡山の50歳の男性、奄美に出した補助金の調査に来た福岡の男性が同宿だった。

龍郷町、赤尾木の近くの手広海岸にある「結の家」は広い^^ 所有者が留守で食事は無し^^
さらに、田舎なので近所に食堂、呑み屋、コンビニは無い!! 名瀬や赤木名の大都会?にあるスーパーマーケットに行き、お惣菜などの食料を買ってこなければならない。
これが、一人ぼっちの宿泊なら寂しくて狂い死にしそうである^^





f0032712_12241891.jpgf0032712_1224403.jpg「結の家」は敷地が広い!
周りは、アカギ、ガジュマル、やし、ヒカゲヘゴ、クロトン、ブーゲンビリア、ハイビスカス、バナナ、パパイヤ等の植物がいっぱいである。 
もちろん! 有名な毒蛇「ハブちゃん」もいるかも^^
本土とは全く雰囲気が異なる^^ ノンビリした気持ちになる^^
手広海岸は、サーフィン仲間では全国でも有名な所らしい。民宿やペンションが結構ある!

サーフィンをするのに天気は関係ない^^  波が問題である。 曇天で平日なのにサーファーが沢山いる。

ワンちゃんもサーフィンをしたいのかな?





f0032712_12534116.jpgf0032712_1254689.jpg2001年7月、北欧ハイライトと言うツアーでデンマーク、ノルウエー、スエーデン、フィンランドの4か国を旅した。
この時、龍郷町の平さん夫婦と一緒だった。彼の家の道路向かいは美しい砂浜の海が広がっている。
夫婦は、漁業もしているが農業は、タンカン、スモモを栽培している。今も毎シーズン彼からタンカンを買っているがネット販売もしている。とにかく、ここのタンカンは美味しい^^
博に平さんを紹介し、果樹園を見せてもらった。






f0032712_1332750.jpgタンカンの収穫が終わり、果樹園では、今、スモモの花が咲いている。
曇り空で、いまいちパッとしないが蝶が蜜を吸いに来てそして受粉をしてくれている。まさに絵になる光景である。
果樹園の壁、天井に当たるところは全面、鳥の侵入を防ぐネットが張られている。風よけにもなるそうだ。

大きなパパイアがなっていたが実の付き方がちょっと違う様である。フィリッピン産のものだとのこと。
「持って帰りなさい」と言われたが大きすぎる^^ 
パパイアは、熟した果物より青い実を漬物にしたのが美味しい^^ 生くさいというか、青臭い味が堪らない!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、奄美に住んでいた頃、将来、奄美の海の近くに永住したいなと思ったことがあった。
しかし、年を取ると大都会ではなく そこその文化的施設や娯楽施設もある、そこそこの都市の方が住みやすいと思うようになってきた。
[PR]
by momodisk | 2012-03-04 11:46 | 国内旅行 | Comments(1)

奄美大島 その1

従兄弟の博(ひろし)が奄美大島に移住して農業をやることになった!
JALのマイレージが貯まって無料で飛行機に乗れるので暇つぶしに行くことにした^^

f0032712_2094898.jpg
f0032712_20103881.jpg奄美大島は、定年退職の1か月前の
2月に行ったきりだからちょうど5年ぶりである。
天気予報は悪い!!!

 青い海、サンゴ礁の島々!気持ちの良い奄美の旅行は期待できない(~~) 

無計画、成り行きで移動する事にした。

35年来の友人、義広が住む瀬戸内町古仁屋に行った。





f0032712_2035677.jpgf0032712_20355317.jpg彼は、建設業を営みながら奥さんの かしこさん と コテージ「くつろぎの宿」とお食事&宴「ゆらい処 源吉」をやっている。
ブログ 「奄美大島 民宿&食事 おかげさま源吉」参照

コテージから眺める加計呂麻島の瀬戸内の海!! 素晴らしい風景!! 残念~曇り空~

庭は、木蓮が満開^^ パパイアの実との取り合わせが良い^^

近所に住む、義広の友人夫婦も来てくれて島の黒糖焼酎を飲みながら楽しい時間が始まった^^




f0032712_2113176.jpgコテージから源吉までは、くねくねと100メートル程の坂道がある。

美しい風景を見ながら歩いていたら道端の倒木に「キノコ」が生えていた。

ナント! オレンジ色! 生まれて初めて見た^^











f0032712_21113521.jpgf0032712_21115758.jpgお食事処 「源吉」の庭の隅に可愛い動物がいる^^

ペットの白い犬は、ソフトバンクのキャラクター「おとうさん」に似て可愛い^^

イノシシは、本土と違う小型の「島イノシシ」である。
とても人懐こしい^^  愛嬌がある。

ペットなのか食料なのか、かしこさんに聞いたが笑っていた^^





f0032712_21273148.jpgf0032712_21275665.jpgコテージに泊まった翌日、前日の晩、一緒に過ごした義広の友人のペンションに遊びに行った^^

彼は、新潟県の出身で奥様は隣の県の出身。
東京で銀行員をしていて定年退職後この奄美!瀬戸内町に移住した夫妻である。

移住して、もう9年になるそうである。数年前、朝日TVの「人生の楽園」で紹介されたそうである。

茶室でお茶をご馳走になった^^






f0032712_21464657.jpgペンションの庭にはハイビスカスが咲いている^^

アダンの実が熟れていたら^^  もっと綺麗かな^^

ペンションの名前は、「せとうち 時空庵」
[PR]
by momodisk | 2012-02-28 20:12 | 国内旅行 | Comments(2)

大宰府天満宮

f0032712_12393422.jpg美術館友の会のメンバーから福岡の九州国立博物館に行かないかと誘われた。
何かの催し物だったか、興味のあるものではなかったので気に留めなかった^^
マイクロバスをチャーターするのである程度の人数がまとまる必要があるとのことである。「割り勘要員でも構わないよ」と行くことにした。

隣には、大宰府天満宮もある。梅の花が楽しみである。

催し物は、「細川家の至宝」というもので「珠玉の永青文庫コレクション(細川家の歴史と華やかな大名文化)」とある。





f0032712_151411.jpg平日なのに大勢の観客である。展示物を客の肩越しに見る!! もともと興味はないので早速、大宰府天満宮の方へ向かった。
ガーン! 梅は、咲いてはいるがゼロに等しい^^

参道に沢山ある店のなかで「海鮮ちらし寿司」(1,680円)をビールを飲みながら食べた。美味しい!! 至福の時間である^^









f0032712_1573444.jpg境内で猿回しをやっていた。お猿さんと猿回しの絶好のコンビネーションである。
楽しい! 鹿児島くんだりから来たかいがあった。鹿児島では絶対に見ることはない。

そう言えば、猿回しをすると言ってウクレレを買った人がいた。もう長いから上達したことだろう^^ ウクレレとフラダンスを見たいものである^^
[PR]
by momodisk | 2012-02-22 12:39 | 国内旅行 | Comments(0)

沖縄旅行

f0032712_1151089.jpgf0032712_11512978.jpg高校の同級生4人と後輩、奥様方も一緒に9人で沖縄旅行をした。昔、奄美大島にいた時、2回行ったが35年ぶりである。

経費は、往復航空券とホテル2泊のセット料金で38,500円である。航空券だけでも片道20,000円以上するのでとても安い。
見物は、3日間とも9人乗りジャンボタクシーを利用した。距離制ではなく時間制で5時間で17,000円、9時間で30,000円だから9人で割るととても安い。帰る日もこれを利用した。荷物を持って移動することを考えると安いを通り越す!

墓石程の高さの ひめゆりの塔は辛うじて記憶に残っていた。摩文仁の丘は立派な平和祈念公園に整備されていた。祈念館・資料館は豪華ホテルを思わせるような建物だった。

おきなわワールド文化王国も初めてである。玉泉洞という鍾乳洞はスロベニアのボストイナを見た者には驚かないが国内では規模が大きいものだろう。
エイサーという伝統舞踊は凄い迫力だった。




f0032712_11515780.jpgf0032712_11521450.jpg万座毛の象の鼻の形をした岩は珍しかった。徳之島の犬の丈門を思い出した。
美ら海水族館も初めてであった。こんな大規模な水族館は初めてである。天気も良く美しい沖縄の海が見渡せる。
イルカのショーも楽しかった。

首里城に行く途中に町が見渡せる丘があり、石畳の街並みがあった。なかなかの雰囲気である。
首里城は立派に再建されていた。花に群がる蝶もきれいである。

沖縄にモノレールがあるというのは知らなかった。東京以外では初めてである。
ホテルは国際通りに面したところであり散策したが35年前の面影は全くない。昔のほうが雰囲気があったと思うが懐古趣味だろうか?



f0032712_1252447.jpgお粗末!
インターネットで沖縄舞踊を見せる料理店を調べて予約をしていった「四つ竹」という店。
器は立派である。食材は見ての通り^^グルクンという魚のから揚げである。3,700円余りの値段であるが食材と調理手間にいくらお金をかけたのだろう?
日本人は「目で食べる」という外国人がいたが!それにしても!








f0032712_1313128.jpg沖縄に行ったらビフテキを食べなければいけないと言う法律?があるそうだ^^
35年前に行った時も食べた^^余りの安さにショウウインドーの金額を確かめたことを覚えている。
ニュージーランドの肉だったが美味しかった。ブラックタイガーというエビはサービスしてくれた。
気の置けない友人たちとの楽しい旅行だった。

35年も経過すると初めて訪れる旅行地と変わらない^^

この旅行!全て「福ちゃんツーリスト」がインターネットを駆使して企画したものであり、彼女が添乗員だった。
みんな喜んでいた^^
[PR]
by momodisk | 2011-11-16 11:52 | 国内旅行 | Comments(3)

国内旅行

    クリックしてください

   5 流氷とバードウオッチング 2011年3月
      北海道(網走、羅臼)

  4 長崎ランタン祭り 2011年2月


  3 瀬戸内しまなみ海道  2010年11月


  2 北の果て稚内、利尻、礼文  2009年6月


  1 アルゼンチンの娘と関西旅行 2008年9月
[PR]
by momodisk | 2007-06-08 12:23 | 国内旅行 | Comments(0)