<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

父と韓国の旅

f0032712_1675376.jpg
[PR]
by momodisk | 2006-06-25 16:05 | Comments(0)

ホームステイの旅

井邑(チョンウップ)
[PR]
by momodisk | 2006-06-20 08:53 | Comments(0)

虎とバードウオッチング


[PR]
by momodisk | 2006-06-16 18:25 | Comments(0)

その他もろもろ

球磨川下り
鶴の湯会(気の合う同級生の夫婦・同調者の集まり)で人吉方面に一泊で遊びに行った。
土曜日は、民宿「くりの里」で休憩後、球磨川の急流下りをした。(別に清流下りもある)
料金は、3,675円で90分の船旅である。
外国人の団体客もいた。髪の毛の無い刺青をした白人男性、美しい黒人のご婦人など良くよくみれば絵になる。
f0032712_20145354.jpg









f0032712_20162316.jpgこのご婦人、矢張り、絵になる。俳優、タレント、歌手かな?







10年ぶりに乗った船旅は快適である。波の立つ急流では水をかぶってしまった。
下流の船着場から上流の船乗り場に置いた車に帰るサービスはない。
(因みに回送を頼めば2800円)
f0032712_20231367.jpg









f0032712_2026233.jpg船酔いをする3人が車を船着場に回してくれた。車では15分程の距離である。途中の瀬で手を振っていた。





f0032712_20333074.jpg若者たちは、ラフティングを楽しんでいた。こちらは、3時間で7、000円位の値段である。(パンフレットには、50歳位までの年齢制限が書いてあった)年齢を50歳くらいに騙せば乗れそうである。





f0032712_20375562.jpgこの、おじさん、おばさんでは流石に無理だろう。我が方の髪の毛の無い人もよく見れば絵になっている。
ところで、民宿の料金は、1泊2食5,000円(追加の料理を2000円頼んだ)である。酒の持ち込みは自由であるので安上がり。
急流下りの帰りに寄った山江温泉「ほたる」は最高。40分で上がるのもいれば、2時間も入る者もいた。
[PR]
by momodisk | 2006-06-12 20:50 | Comments(1)

その他

五木村(いつきむら)・五家荘(ごかのしょう)
日曜日は、五木村から五家荘に行くことにした。五木の子守唄で有名なところである。
五木村への道路は、整備されている。(所々で見える旧道を見ると怖くて走ることをためらわれる。)それでも、運転していて谷が見えるような所は怖い。それに高所恐怖症に加え、閉所恐怖症でもある私は、長いトンネルは苦手である。
五木村は川辺ダムの工事のため、土地が収用され補償金で作られた学校、住宅、役場など全ての建物が新築である。うらやましいと言うより違和感がある。ここで1時間一寸遊び、五家荘へ向け走った

f0032712_20514072.jpgしばらくすると、急に道が狭くなり対向車と離合できない道幅で谷川沿いの道路になってきた。緊張して運転していたら誰か(オレ)が「もう、行くのは止めにしよう」と言い出し皆が賛成したので引返すことにした。
平家の落人が隠れ住んだ所らしいが、当時、どのような交通事情だったか知らないが、こんなところまで隠れなければいけなかったのだろうかと思った。
f0032712_2053935.jpg川下りの球磨川と違い、この上流の球磨川の水は、とてもきれいである。人工の構造物が見えないところの川はすばらしい。






f0032712_20572022.jpgつり橋やアーチ橋も風景と馴染んでいる。








f0032712_20581414.jpg









f0032712_20585038.jpg五木村に帰り少し遅い昼食をとった。きのこと味噌豆腐天ぷらの蕎麦定食、ないでんかんでん蕎麦、とり肉蕎麦と全員、蕎麦を食べた。
ないでんかんでん(何でもかでも)蕎麦は、1,000円。具が沢山入っており大きな丼でボリュームがあって美味しい。
当然、ビールを飲む(他に誰も飲まない。これで運転をしなくて済む)昼間から一人飲むビールは殊のほか美味しい。
お土産は、矢張り、保存食にした豆腐が有名である。
[PR]
by momodisk | 2006-06-12 20:45 | Comments(1)

あこがれのスペイン

西欧、東欧、北欧など大体、一回りしていたが南欧は未だ訪れたことがなかった。アルゼンチンに行く時、少しスペイン語を勉強したことがあったし、ガウディのサクラダ ファミリア、それに本場のフラメンコも見たかったので憧れのスペインに行くことにした。
個人旅行をしたかったが「地球の歩きかた」や外務省の安全情報をみるとツアーの方が良さそうである。ツアーの行程を見ると、個人ではこんな日程・費用ではとても周れないことも気がついた。
バルセロナ~バレンシア~グラナダ~ミハス~セビリア~コルドバ~トレド~マドリッドをバスで周遊し現地6泊の旅であった。ツアー代金は20万円余りだった。
全国から107人の参加がありバス3台に分乗し、ホテルも2~3箇所に分かれて泊まるものだった。
沢山の場所を回るため、朝早くホテルを出発し夜も遅く到着するような強行軍だった。とにかく疲れた。矢張り個人旅行で少ない箇所をゆっくり回るのが良い。治安もそれほど悪いとは感じなかった。
[PR]
by momodisk | 2006-06-09 13:08 | Comments(0)