<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Dog canp

f0032712_1654896.jpg
土、日にオートキャンプ森の川辺でワンコ大運動会&ディスクドッグデモンストレーションが開かれた。ディスクに人生(犬生)をかけているモモちゃんが出場しないわけはない。
土曜日は警察犬の訓練やしつけ教室も開かれた。大勢のワンコちゃんが出場しロングウエイト(待ての競技)やキャッチアンドルトリーブ(ボールやディスクを投げて持って帰ってくる競技)など沢山の競技があり楽しめた。



f0032712_1662445.jpg犬だけど「猫っ可愛がり」されているモモちゃんは、「待て」が長く続かない。しかしキャッチアンドルトリーブは確実に行う。さすがディスクのプロ?である。^^
自分が何の為にここにいるのかを理解していない可愛いワンちゃんや、キャッチしたら全力疾走で場外へ逃亡する勇敢なワンちゃんもいて笑い転げる。




f0032712_1665132.jpg孫たちは競技には全く興味を示さない。一生懸命に遊具で遊んでいる。
夜は、娘の家で料理教室の腕前を披露したが、りんごのコンポートは不評でガッカリした。
楽しい一日だった。
隣のサイトでRAKUさんのように軽ワゴン車を宿泊用に改造してキャンプしている人がいて、いろいろ見せて貰った。
[PR]
by momodisk | 2007-11-28 16:06 | Comments(1)

料理教室(その3)

f0032712_1452178.jpg
シニア・男性の料理教室の全6回のうち今日が5回目である。今日のメニューは、メインディッシュがポークビーンズ、サラダが柿とブロッコリーのサラダ、汁物がキャベツとシメジの卵スープ、デザートがリンゴのコンポートであった。いつも、メニューの数が多く、覚えるのが大変である。5人で手分けして作るので誰が何をしているどころか、自分が今しているのはどのメニューの物か分からなくなる事がある。

f0032712_145412.jpgポークビーンズは、豚のモモ肉を大豆と一緒にトマトの水煮で煮るものである。これは本当に美味しかった。
我が班は、これを丼に盛り付けた。最初は、何も感じなかったが、フト隣の班を見たら洋皿に盛り付けていた。はるかに美味しく見えるのである。
この事を先生に話したら笑って、「器は大事ですね」と言われた。


f0032712_146113.jpg美人の先生と一緒に写真を撮った。後日、孫達にリンゴのコンポートを作ってあげたが「美味しい」との言葉は出なかった。リンゴの形が崩れていたので考えたら皮にフォークで穴を開けるのを忘れていた。ここで、穴を開ける事の意味を理解した。
                          ポークビーンズは、好評だった。
[PR]
by momodisk | 2007-11-26 14:06 | Comments(3)

いちきゅっぱ

「びっくり北陸4日間」とううたい文句の旅行があったので申し込んだ。サンフラワーで志布志から大阪まで往復し大阪から高速道路で1泊2日で北陸を回るものである。旅行代金は、19,800円である。個人でサンフラワーに乗れば船賃だけで往復22,200円だから凄く安い。f0032712_12405279.jpg


f0032712_1241277.jpg最初は、「飛騨高山」で名神高速道路で一宮ICから東海北陸自動車道を走った。昼食の後、民俗村「飛騨の里」を見物し、市内の古い町並みが保存されている所を散策した。大勢の観光客であふれていた。産婦人科医院もこのとおりで情緒あふれる町並みである。



2時半ごろ高山を出発して合掌造りで有名な飛騨白川郷に向かった。
庄川の渓谷は紅葉が湖に映えとても美しかった。新緑の頃にも訪れたいと思った。
4時過ぎに到着した白川郷は、沢山の合掌造りの民家が立ち並んでいて独特の風情がある。TVや雑誌などでしか見ない風景を実際に見られて嬉しかった。重要文化財の明善寺で合掌造りの内部構造も見学する事ができた。直ぐに暗くなり宿泊地の金沢へと向かった。
f0032712_1242767.jpg

f0032712_12423632.jpg翌朝は、兼六園に行った。30数年ぶり2度目の所である。
江戸時代の代表的な林泉回遊式大庭園の特徴をそのまま今に残しているそうである。
霞が池の周囲の木には雪の重みで枝が折れないように幹に添って柱をたて傘のように縄で吊っているのがきれいである。本当に美しい庭園である。

f0032712_124348.jpg兼六園の後、日本海沿いに北陸自動車道を走り、福井県にある曹洞宗の大本山である永平寺に行った。三方を山に囲まれた深山幽谷の地に大小70余りの建物が建つ実に大きなお寺である。大晦日の除夜の鐘の放送の時、よく出てくるお寺である。
この後、サンフラワー号が待つ大阪南港へ向かった。交通渋滞も無くスムーズに走った。




f0032712_12432527.jpgところで、桜島SAで乗り込み私の隣に座ったこのお客さんは珍しい方だった。この方は船内でもバスの中でもずっと小説を読んでいる。車内が暗くても、揺れても全く苦にならないようである。何を読んでいるのかとお聞きしたら官能小説2冊と推理小説を持ってきたとの事だった。目も強いし気力も強い方である。これまで世界中を旅したが旅行中に小説を読み続ける人は始めて見た。
金沢で夕食をご一緒した。9時ごろホテルに帰る途中、薩摩焼酎という字を見かけたら過剰反応を示された。店の人と話をしているのを見ていたら呼ばれたので行ってみた。
90ccが千円の焼酎を飲もうと言うのである。貧乏人の私の経済感覚ではあり得ない話でありお断りした。夜中1時ごろ帰られたそうで、おそらく旅行代金と同等の額以上の出費をされたものと想像した。それでも朝6時前には起床されるから気力、体力、経済力ともに充実している御仁である。うらやましい限りである。^^!
もう一つ驚いた事は、復路に滋賀県に入ったところで「行きの時に渡った長良川と木曽川はこの辺りでしたかね」と話しかけたら軽蔑の眼差しで見て「帰りはそこは通らないよ」と言って又、小説を読み続けた。地図を開いたらそのとうりであった。頭は良さそうな方である。
(ブログの題材の提供に感謝している)
[PR]
by momodisk | 2007-11-14 12:44 | Comments(2)

カヌー(磯海水浴場)

f0032712_14341292.jpgアーキテックさんがカヌーの漕ぎ会を開催してくれた。
アーキテックさん新開発モデルのカタマランディンギー(帆かけ舟)の進水式があった。他に二組の中高年夫婦が製作したタンデム四分割艇の二隻の進水式もあった。素晴らしい作品である。「荒かろう、早かろう製作」の自分の艇とは異なり細部まで綺麗に出来ている。
皆で食べる海辺のお昼ご飯も最高である。孫達も大喜びである。
風が強くてカヌー遊びはあまり出来なかった。
[PR]
by momodisk | 2007-11-06 14:34 | Comments(1)

韓国料理

f0032712_14243477.jpg伊集院に住む友人(女性)は、積極的な性格である。今、公民館講座でフラダンスと俳句を習っている。土曜日の日置市の文化祭で発表会があるとのことで見に行った。両方ともしっかり成果を見せてくれた。ダンスの写真を撮ったがピンボケで載せられない。
帰りは「チョンサチョロン」という名の韓国料理店で昼食を取った。帰国以来、初めて食べる韓国料理は美味しかった。カミさんと石焼ビビンバとキムチチゲを交互に食べた。
[PR]
by momodisk | 2007-11-06 14:24 | Comments(1)

書斎のリニューアル

f0032712_12112095.jpg第一次の留学も終わり365日連休の生活に入った。昼過ぎまでライフワークの語学の勉強をして午後は好きな事をしている。やりたい事が沢山ありままならない。サンルームに手作りの机、本棚を置いていたが20年ぶりにリニューアルをした。ハードウエアショップで材料を買い、新たに机、本棚を作り壁を塗装したらウッディなデザインで眺めの良い書斎が出来上がった。お気に入りの空間である。
[PR]
by momodisk | 2007-11-01 12:11 | Comments(2)

サバの味噌煮

f0032712_1134292.jpg料理教室、今日のメニューは、さつまいもご飯、サバの味噌煮、みぞれ和え、船場汁であった。第二次世界大戦が終了し10年も経ない子供の頃は、食糧事情が悪く米が少し混ざったさつまいもご飯はよく食べさせられたものである。だから、さつまいもご飯には少し「恨み」があったが今日のご飯は実に美味しい。


f0032712_11342716.jpg美味しいはずである!炊く前にコンブを浸けておき、それに炊く時に酒、塩、薄口醤油の調味料を入れるのである。
面白い光景を見た。オロシ器の上でダイコンを円を書くように回しておろす人、味が滲みるようにサバの皮に少し切りみを入れるのに深々と切る人等がいる。クラスメートは皆さん真剣である。三枚おろしは手を切りそうでヒヤヒアである。
[PR]
by momodisk | 2007-11-01 11:34 | Comments(3)