<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホストファミリーその1

f0032712_1648222.jpgひょんな事からYFU日本国際交流財団の新世紀プロジェクト・日韓交流事業に基ずく、韓国高校生のホームステイを引き受けることになった。東高校に4人、開陽高校に2人が3週間勉強するものである。我が家には、全羅北道の金堤からフン君という将来、医師志望の男の子がやって来た。好きな科目は「化学」であるが、自然風物には関心がないらしくカメラを持っていても風景写真、地熱の噴気等の写真は撮らない。 歩いて20分は遠いという、車で1時間半かかると言えば遠いという。これまで行った外国を地図上でかかる時間を教えてあげた。
土曜日、韓国からの留学生のお姉さんも一緒にソーメン流し、砂蒸し温泉などを体験させてあげた。私の韓国語と彼の日本語は同じくらいのレベルかと思っていたが、日が経つにつれ彼の日本語の方がはるかに上だというのが分かってきた。
毎日、カミさんが作った弁当を持って元気に学校に通っている。



f0032712_16482782.jpg日曜日、YFUの地区委員の知り合いの方が友人やホストファミリーの家族を餅つきに招待してくださった。郡山の山奥にある住宅で40人近い人達が集まった。
ここ辺りへ来ると、もはや、敷地面積、隣地境界線、庭とか言う概念は存在しない。眺めが良いとか自然環境が良いとかの話ではない(本物の山奥である)。皆さんは三重山にハイキングに行き、帰ってから手打ち蕎麦を御馳走になった。ここで、不安に怯え、暗い人生を送っている自分は「ただ待つだけの人」の時間を過ごした。
搗きたての餅を韓国海苔に巻いて食べれば缶ビールも美味しい。
高校生達は、韓国各地から来ており日本に集まって初めて会ったのであるが同級生のように楽しくはしゃいでいる。若者が羨ましい、歳は取りたくないものである。
[PR]
by momodisk | 2008-01-28 16:48 | Comments(2)

メジロ

f0032712_1204348.jpgf0032712_1211863.jpg
庭でコーヒーを飲んでいるとメジロがやってくる。2メートルの至近距離で写真が撮れる。眠そうな目をした子や、スタイルの良い子など可愛い。
ウグイスもやってくるが警戒心が強く、なかなか表に現われてくれない。
再び、激痛がやってくるのではないかと不安に怯えながら暗い人生を送っている。
桜島は噴煙を上げている。
[PR]
by momodisk | 2008-01-28 12:07 | Comments(2)

地獄その1、2

f0032712_13233894.jpg
先週から体調が芳しくなかった。金曜日、昼寝から起きたらギックリ腰!整骨院に行ったら一応良くなったので土曜日は温泉のプールで少し泳いだ。昨日月曜日、朝起きて立ち上がり歩いた途端、腰に激痛が走り悲鳴をあげた。病院でも帰ってからも立っても座っても寝ても少し動けば激痛が走り悲鳴があがる。地獄で閻魔大王から拷問を受けているようである。午後に再び整骨院に行きなんとか拷問からは解放されたが辛い日を送っている。
天からのメーセージがあったものと思う。思い当たる節がないわけではない。
今冬シーズンは、メジロが多く集団で飛んでいる。


f0032712_13252892.jpg
良い業績の会社の株価は上がり悪い会社は下がるのではなく、全面高、全面安という株式相場で動く場合もあるというのは経験上知っていた。「損切り」という梯子を外されないうちに降りるというのも知っていた。
年末から「世界全面株安」が続いて未だに底が見えない。株ではないが数百万円の損がでた。サブプライム問題で「ヤバイかな」という感覚はあったが、何せ下がるスピードが早い、下がる率が大きい。目を白黒させているうちに梯子を外され降りるに降りられなくなってしまった。もちろん飛び降りる人もいるが、そんな勇気はない。世界中の同志と同じくこれから屋根の上で雨、風、雪、暑さ、寒さを我慢して暮らすことになろう。(これも地獄か?)ところでサブプライムの現場のアメリカが昨年来最高値からの下落率15%少し、対岸の火事の日本が30%超である。新聞、TVなどで理由を調べていると「退屈」することはない。
クッキーちゃんは、とっても可愛い。手当たりしだいではなく、口当り次第噛んで振り回し引っ張るのにはまっている。
[PR]
by momodisk | 2008-01-23 13:23 | Comments(4)

宮殿祝賀コンサート

f0032712_16142586.jpg

コープ鹿児島の(まい・夢)で「ウインナ・ワルツ・オーケストラ」のコンサートがあった。(オーケストラの名前が実に単純明快)
(コンサート名も「宮殿祝賀コンサート」で単純明快)  (出しもの「演奏曲目」もポプラーなものばかりで単純明快) 肩肘張らない公演だった。サイコー!
オーストリアから約25名の演奏家が鹿児島下んだりまで来てのコンサートである。本場の(毛色の変わった)人達の演奏は雰囲気だけでも迫力を感じる。春の声、スケーターワルツ、美しき青きドナウ等昔から聞きなれた曲が沢山演奏された。生演奏は楽器から出た音が目に見えて聞こえてくるような気になる。
公演が終了するとアンコールと言う「おまけ」があるが、今回は「おまけ」が沢山あり実に気前がの良い公演だった。お陰でアルコール(晩酌)にありつける時間が少し遅くなってしまった。
2005年4月に東欧4カ国をバス旅行をした時ウイーンにも行ったが、写真の宮殿はどこだろうと思い自分のHPを見たら「ベルテベール宮殿」だということが分かり懐かしかった。
ところで、指揮者のサンドロ・クトーレーロ氏は、今、スペインのイビサ島に住む友人のファビアン・ペレッツによく似ているのにびっくりした。しゃべり方や表情までソックリだった。(指揮者まで単純明快だった)
終わってからRAKUさん夫婦と焼酎を飲みたかったが振られてしまった?
久しぶりにコンサートを聞き豊かな気持ちになった。
[PR]
by momodisk | 2008-01-19 16:14 | Comments(1)

豆ガリガリ

f0032712_17412254.jpg

リタイヤーして語学留学を終えても毎日それなりに忙しくライフワークの勉強がおろそかになっている。現職の時は、「年中遊休」(有給休暇)だったが今、「年中遊忙」のような気がする。
考えてみれば誰からも1円も頂かないと言うことは、誰からも何からも干渉されない完全な「自由人」である。
碁にも人生と同じで「どう打っても一局の碁」と言うのがあるのを思い出した。気の置けない友人達から死に急ぎならぬ「生き急ぎ」と言われるくらい「気ぜわしいい性格」だったが最近は心にゆとりが出てきた。
これまでインスタント コーヒーを飲んでいたが、昔友人に貰ったコーヒー豆を手でひく器械を持ち出した。
錦江湾、桜島、高隈山系を見ながらガリガリと豆をひきドリップで沸かす。匂いも味わいながらのコーヒーは美味しい。現職の時はこれは考え付かなかった。
[PR]
by momodisk | 2008-01-15 17:41 | Comments(4)

犬小屋

f0032712_1556351.jpg2歳と4歳の二人の子供を持つ娘が以前から子犬を欲しがっていた。もう一人子どもが増えるのと同じで大変だよと教えたがどうしても飼いたいと言っていた。
年末にRAKU STYLEさんのブログに「子犬あげます」があり、その情報を教えたら飛びついてきたので翌日一緒に出かけた。
海が見渡せる別荘のような家には沢山の子犬がいてその内の一番大きい子をいただいてきた。





f0032712_15562433.jpg「365日連休」、「年中遊休」を名刺の肩書き?にしている親父としてはほっておけない。
早速、子供たちのクリスマス、お年玉代わりに犬小屋をプレゼントすることにした。
ナフコで材料を買い求め作ることにした。フラット コーティッド リトリーバーという大型犬なので雨の日も遊べるスペースで屋根つきの広いものにした。
例により「荒かろう早かろう」の雑な仕事であるが3日ほどかかった。お陰でスクワットのように立ったり座ったりの作業で太ももの後ろが筋肉痛になった。





f0032712_1653929.jpgクッキーと名づけられたこの子は、凄い甘えん坊で「触ってくれ」と吠えまくり、触ってやれば喜んでオシッコをチビる。
走るときは、嬉しくてピヨンピヨンと跳ねながら走る。今日は、躾で「お座り」を教えたがすぐに覚えた。可愛くて頭が良い3人目の孫である。
[PR]
by momodisk | 2008-01-08 15:56 | Comments(4)

年始

f0032712_179826.jpg
娘の家族が孫を連れて年始に来るという。折角だからカンヌン大学から鹿児島大学に留学している女子大生にも声をかけた。
正月で帰国したくて寂しいのではと思ったが、日本と違い韓国は旧暦で行う為1月1日だけが休日でありそれ程でもないようだ。(韓国では、年齢も「かぞえ」で数える)
今年も新年早々ピチピチギャル4人に囲まれてビールが飲めて幸せである。殊のほか美味しかった。

f0032712_17104091.jpg娘の実家のお母さんが改良韓服を作っている。先日、妻のものと一緒に貰ったので初めて着て見た。
日本の和服よりは着やすいが矢張り普段着ているのが体に馴染む。
改良韓服とは、伝統的な韓服を現代風にアレンジして着やすく作ったものである。
今日は、総勢8人で来たが別にRAKUさんの娘さん夫婦といとこも訪ねてくれて賑やかな正月であった。




f0032712_20115972.jpgところで、「目に入れても痛くない」と言うのがあるがこの子である。
私が、「ハラボジ(お爺ちゃん)と一緒に焼酎を飲む人手を挙げて」と言うと「ハーイ」と元気に手を挙げる。お母さんが「お母さんを嫌いな人手を挙げて」と言うと元気に手を挙げる。
「満永モモコさん」と呼ばれても、「吉永さゆりさん」と呼ばれても「ワン」と返事する我が家のモモちゃんと一緒である。
彼は、光山保育園の「赤ちゃん組」の優等生である。
[PR]
by momodisk | 2008-01-03 17:10 | Comments(2)

元旦

f0032712_1256973.jpg2週間、一緒にいた娘が28日に帰国して急に寂しくなった。昨年は、韓国三昧の一年だったような気がする。
元旦の朝。ボタン雪が舞い、食卓から見える桜島には雪が積もっている。庭には、スズメ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、シロハラ、イソヒヨドリなどいろいろな野鳥が飛んでくる。今日初めてメジロがみかんを食べた。スズメは、仏壇に供えたご飯を食べている。
のどかな正月である。
[PR]
by momodisk | 2008-01-01 12:56 | Comments(2)