<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

関西旅行

彼女が言う「君たちの娘」クラウディアから「京都に着いたよ!会いたいネ」とメールが来た。連れ合いのエクトールと二人で弓道の昇段試験を受けるのと観光が目的である。数ヶ月前から京都に行くと言う事は知っていたがその後の知らせがなく急遽だったのでホテルパックの航空券は取れず新幹線で行くことにした。

f0032712_1604820.jpg21日、着いた日の夜、食事をした。エクトールはアルゼンチンのブエノスアイレスで整形外科医をしており大の日本ファンで合気道、剣道もしていたとのことだった。英語で話しかけるがあまり反応しない。でも日本語を勉強しているので日本語を使おう使おうとするのには感心した。自分と波長は合うようである。
クラウディアとは、ブエノスアイレスであって以来5年振りである。
彼らは練習や試験を受ける日程があるのでこの機会に自分も5泊6日の旅行をする計画を立てた。
22日は、電車で奈良公園に行き興福寺、東大寺大仏殿、正倉院などを見物した。世界遺産に登録されている。約45年前に行ったはずであるが全く記憶にない。
(写真は東大寺大仏殿)


f0032712_16302100.jpg京都に5泊した内の3泊はインターネットの公共の宿で探した平安会館という結婚式場、レストラン、500坪の日本庭園もある高級なホテルである。
地方職員共済組合の施設であるが組合員で予約しても一般で予約しても1泊ナント4,800円である。東横インなど1泊6,000円前後のビジネスホテルばかり利用しているので信じられない価格である。
f0032712_16354976.jpg空きがあるとのことでツインの部屋にしてくれた。部屋のユニットバスとは別に5人くらい入れる浴室があり湯船に体を伸ばして入れるので最高である。
コンビニで買った100MLくらい残った焼酎を置いて出かけ風呂上りに飲もうとしたら片付けられて無くなっていた。
インターネットをするのに10分100円かかるのでカウンターで両替をする時、「もし、焼酎があったら返してください」と言ったら暫らくして部屋に900MLの新品を持ってきた。恐縮して固辞したが押し付けられてしまった。でも嬉しかった。

f0032712_17231231.jpg23日は、午前中、京都駅からバスに乗り比叡山延暦寺に行った。世界遺産と言ってもイマイチピンと来なかった。午後は大阪へ行き同級生と水上バスアクアライナーに乗り夜は焼酎を酌み交わした。

24日は、レンタカー借りてクラウディア達とドライブに行った。 ♪京都 大原 三千院 恋に疲れた女が一人 ♪の三千院に行った。京都の街中のお寺と違いこじんまりとして風情のあるお寺である。庭や周囲の環境がよくとても美しい。
f0032712_17324964.jpg

二人に、「延暦寺や清水寺と比べてどちらが気持ちが落ち着くか?」と聞いたら「勿論ここだ」と答えた。
(写真は三千院)






f0032712_1738245.jpg三千院から日本海も見える朝ドラの「チリトテチン」の舞台となった若狭を目指して走った。常神半島のレインボーラインを走り、山頂から方や若狭湾、方や三方五湖が望める展望台にリフトで上った。天気もよく素晴らしい眺めである。


f0032712_17471826.jpg帰りは琵琶湖沿いを走った。自分も琵琶湖を見たのは初めてである。
水がとても綺麗で小魚の群れが泳いでいる。

この日、250KMを走った。知らない道を地図を見ながら走るのは疲れた。齢のせいであろうか。
因みにレンタカー代は、5,250円が「るるぶ」を持って行けば500円引きであった。保険料も含め一人当たり2,000円足らずでこの距離を移動できる。バスで京都駅清水寺往復は500円である。


f0032712_17541035.jpg25日は、彼らを連れて電車で斑鳩の法隆寺に行った。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」ここも世界遺産登録地である。勿論、自分も初めてである。
境内ではメジロの鳴き声が聞こえ、木のてっぺんではモズも鳴いていた。自分にとってはこれは冬の情景である。
時間があったので奈良の町に引き返し、彼らには東大寺大仏殿を見せ、自分は春日大社を見に行った。





f0032712_14553552.jpg26日、午後の新幹線で帰るので午前中は、清水寺へ行き、京都駅に帰り今度は歩いて西本願寺に行った。近くの東本願寺と比べれば矢張り世界遺産らしい雰囲気である。
二人とも昇段試験に合格してホッとしている。27日、関空~バンクーバー~トロント~サンチャゴと乗り継ぎブエノスアイレスへ帰る。長旅の無事を祈りたい。
[PR]
by momodisk | 2008-09-29 16:00 | Comments(3)

送り人

f0032712_15342988.jpg動物、植物この世界に生を受けたものには死がある。
昼間、働き、夜、大学に通っていたまだ全学連などの学生運動も盛んな頃、少しばかり唯物論、観念論もかじった。唯物論では死は単にその生物活動の終末であるが、観念論では死は、あの世がありそこからお迎えが来る と言うものもある。
映画に出てきた死は終わりではなく、あの世へ行く通過点であり火葬場は通過点の門、そこの職員は門番であるとの台詞があった。
鉱物ではなく自分は、生物として生まれてきたのだから、観念論で考えてこの映画を見れば素晴らしい。モントリオール映画祭でグランプリ賞を取った映画とのことである。
さて!わが身に置き換えてあの世へ旅立つ日の自分を考えてみた。矢張り体もきれいにして普段着ではなく少し他所行きの服装で旅立ちたい。この映画の主人公のような納棺師から旅立ちの支度をして欲しいなと思った。
さて!あの世で4歳の誕生日前に死に別れた母と再会できるのかな?顔は覚えていないのだが!
生前葬も考えてみようかな^^!
[PR]
by momodisk | 2008-09-28 15:34 | Comments(5)

彼岸花とスイカ

f0032712_1817330.jpg♪ 赤い花なら曼珠沙華(まんじゅしゃげ)、オランダ屋敷に雨が降る、濡れて寂しいジャガタラお春・・・♪
大昔、流行った歌である。
昔から、この花を見ると長い夏が終わり秋が訪れたことを感じる。
田んぼの畦に稲穂とバランスが良い。







f0032712_1813220.jpg8月のお盆を過ぎ9月ごろになると好物のスイカも終わりである。売っていても中が熟し過ぎて痛んでいる。
近所の温泉に行ったらナント!西瓜が売っている。
一か八かに賭けて買ってみた。ごらんの通りのきれいな果肉でとても甘かった。
彼岸花の時期に西瓜にありつけるとは!
北海道の富良野のシールが貼ってあった。
幸せな気分になった。

(この記事、京都で書いています。)
[PR]
by momodisk | 2008-09-22 18:13 | Comments(2)

台風13号と虹

f0032712_2121380.jpgこの台風13号、発生から何日経っているだろうか。普通なら台湾辺りに上陸すれば中国大陸は目の前で消滅するのであるが!放浪している。 もう3日もうっとおしい雨が降っている。
今日、昼前後に台風らしき雨風が吹いていたが夕方は静かになって来た。
夕方、温泉から帰り、ビールを飲んでいたら外が明るい。何気なく見たら桜島に日が射している。よく見ると半径が大きい虹が2本出ている(立っている)ではないか。






f0032712_21213598.jpg2本の虹も初めて見たが、手前の幅広のきれいな虹も初めて見た。
食卓からこれらの眺めが見られる家を持てたことは幸運であるといつも思う。
しかし、しかし!この腰痛、約1か月最悪の痛みから85%位は良くなったが未だ不安を抱えている不幸な日常である。
土手には彼岸花が咲き始めた。夜も更け虫の音が聞こえてくる静かな時である。
[PR]
by momodisk | 2008-09-18 21:21 | Comments(6)

セックス アンド ザ シティ

成人映画でもないのに珍しい題名の映画だと思っていたらTVでも紹介があったので見にいった。
ゴールデングローブ賞、エミー賞に輝くテレビドラマの映画化でニューヨークの都会暮らしの喜怒哀楽や女性同士の友情を盛り込んだストーリーとのことだった。
f0032712_13365099.jpg

4人の独身女性の恋人、夫婦、友人との仲が壊れたり修復されたりがいろいろな点から描かれていた。
オープンのフアッション等の画面では、鹿児島の60才代の爺ッサマには異次元の世界の映画で面白くないかなと思って見ていたが次第に引き込まれていった。辛い状況下での本音の話がアメリカ流の凄いジョークで出てくるのにはあらためて驚いた。(突然の下痢でチョコレートプリン等の話はホンの一例)悲しくてそして笑い転げる、一見の価値のある映画である。
セックスシーンで、20数年前、一人でシャンゼリゼの映画館に「エマニエル夫人」を(外国は映倫カット無し)見に行ったことを思い出した。ポルノ映画とは違う表現である。
[PR]
by momodisk | 2008-09-09 13:33 | Comments(0)

至福の時・15分間

f0032712_923185.jpgf0032712_9235928.jpg















フエリーに乗り対岸のレインボー桜島ホテルの温泉に入りに行く。ここは茶色の塩泉もあり湯船やサウナから海が望める絶好の位置にある。裸でベランダに出て涼むこともできてリラックスできる。(料金は市内より60円安い300円)
サウナに入り喉をカラカラにしてフエリーに乗り込む。ここから何も考えない至福の時(15分)が始まる。甲板で風に吹かれながら缶ビールを飲むのである。最高に美味しい、そして最高にリラックスできる錦江湾クルーズである(料金150円)。
船が動き始める時に携帯でカミさんに迎えに来るように電話する。昨日もいつものコンビニに立ち寄ったらナント休みではないか!至福の時がお預けである。
我が家に戻り998円で買った椅子を改造して作ったテーブルでビールを飲んだ。矢張りフエリーの甲板の方が美味しい。
[PR]
by momodisk | 2008-09-05 09:24 | Comments(2)