<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鹿児島発~ソウル 格安旅行^^ ?

昨年12月初旬のブログに「1万円の海外旅行ツアー・釜山」に参加し、帰る日ツアーを離脱し新幹線でソウルに(往復8,000円位)行ったことを載せた。モチロン、帰りの釜山~博多のフエリー代約7,500円、博多~鹿児島間高速バス約3,000円は新たに支払う事になる。
よく考えたらもっと安く直接ソウルに行く方法があった。
鹿児島~福岡の高速バスは、便により往復6,000円位(最安値片道2,200円)からある。福岡空港~インチョン空港往復も普通12,000円位からある(最安値8,600円もあった)。よって交通費は2万円そこらで行ける。そして何日でも?滞在できる。
ところで、鹿児島空港直行なら安い時で24,000円からあるが普通3万円以上。
宿泊は、私の定宿ボアハウス1泊3,500円がある(利便性のよい場所で清潔な旅館)。円高ウオン安の今、5,000円少し出せば高級ホテルに泊まれる。
もっとも免税店に連れて行かれるツアーでも良ければ阪急交通社がホテル2泊付きで29,800円(ニッキュッパ)でよく出している。今日見たらHISでは26,800円があった。
[PR]
by momodisk | 2010-01-24 19:31 | Comments(3)

日本画

f0032712_17121167.jpg市立美術館で新春美術展「近代日本画を築いた巨匠たち」ー横山大観から加山又造までー(水野美術館所蔵)をやっているので見に行った。(12人53点)
日本画をじっくりと見たのは初めてである。日本画は写実画だけ思っていたが抽象画もあるというのも初めて知った。しかし、洋画のように何を書いているのか何を表現しようとしているのか分からない絵は無かった。
墨だけの絵、薄い2~3色だけ使った絵でも自然の沢山の色を表現できることも驚いた。
「朦朧体」と呼ぶ輪郭線を用いず絵の具のぼかしや色面のみで対象を表現する手法も理解できた。一人の作者だけ太い線で輪郭線を表す洋画の手法で描く作品もあり、その対比が出来て理解が深まった。
[PR]
by momodisk | 2010-01-22 17:12 | Comments(0)

想定外

f0032712_13171463.jpg
今、評判の映画「アバター」を「無い好奇心」を奮い起して見に行った。SFも3Dも初めてである。
自分の性格上、非現実の世界であるSF映画(サイエンス フィクション)、アニメーション映画には殆んど興味はなかったが「崖の上のポニョ」を見てからアニメも面白いことに気付き見るようになった。非現実でもストーリーは想定内(理解の範囲)だから可笑しい、悲しい、ハラハラドキドキ等の感情が湧き、つまらない映画、面白い映画の差が出てくる。
このSF映画、予想どうり想定外(思いつかないストーリーの展開)の世界で何の感情も湧かない。3Dも30分程見ていたら飽きがきて映画館を出た。奮い起した好奇心は満たされたので料金は勿体なくない!
半田屋で200円のチャーハンと120円の豚汁の昼飯にした*^^* この店は、安くて美味しい^^ 「無職・無収入人」向けである^^ そろそろ「世界放浪・自由人」の看板は下さなければ!!??
[PR]
by momodisk | 2010-01-22 13:17 | Comments(2)

大雪

f0032712_17304813.jpg昨日、朝起きたら一面の銀世界! 美しい風景に思わず声が出る。
この風景いつ見たのだろうかと思うが思い出せない!報道により平野部で5センチ積もったのは4年前とのことだった。
気象庁はエルニーニョ現象で今年は、暖冬で九州地方は雪が降らないとの予報をしていたそうである。地球温暖化の問題も恐竜、氷河時代の年代の幅で考えれば(冗談として)。100年幅で考えればよく分からないそうである。











f0032712_190451.jpg今朝も新雪が積もっていた。昨日と違い天気がよく桜島が見える。
暇なので与次郎の東宝シネマに映画観に出かけた。甲突川を渡るとき桜島を見たら物凄くきれいだった。映画は止めにして桜島を写すためにカメラを撮りに自宅に帰った。
そうなると後はバードウオッチングしかない。いつものように姶良干拓、加治木干拓、国分干拓をを見て回ったが時間帯が悪くシャッターチャンスの場面には巡り会えなかった。












f0032712_19125836.jpgバードウオッチングの後はいつものように我が家の別荘と思っている「鶴の湯」に直行である。部屋、露天風呂の真下は天降川の最高のロケーションである。(黄色い建物)お湯は掛け流しで何の新しい設備もないひなびた温泉である。(1泊素泊まり2,800円)。しかし最高にくつろげる。
[PR]
by momodisk | 2010-01-14 17:31 | Comments(1)

目的と手段の超越

f0032712_19431322.jpg楽スタイルさんのブログによく豪華客船の鹿児島寄港が登場する。
旅行大好きの私だが豪華客船には殆んど関心は湧かない^^ 。何故なら新車数台や家までも買える金額の旅であり私とは関係のない世界の話だからである!!
今日、天文館のある場所のポスターで 「ピースボート!86日間、寄港地18ケ所、世界一周の船の旅!99万円~(4人部屋)、シングルは250万~460万円」を見て驚いた。99万円なら軽自動車1台買える位の金額だ!! 


f0032712_2092390.jpg家に帰りインターネットで豪華客船「飛鳥Ⅱ」と比較した。
船体の全長、全幅は殆んど変わらないが、総トン数は38,000トンに比べ50,000トンだから相当豪華だろう。
103日間、寄港地29か所、世界一周の旅」!全室オーシャンビューの部屋で(シングルは無い)435万~2,500万円で二人で2倍の金額である。 比較対象物では無かった!!^^
共通することは、これらの船旅!寄港地に朝入港し、夜出港するもので現地に2~3日でも滞在し見物するものではない。
* ある寄港地で下船して滞在し、次の寄港地で合流するのは出来る。


f0032712_2048345.jpgところで、「旅」とは、そこにある事物、現象、文化等を見に行くのが目的であり、移動の方法は手段であると考えるのでお金があったとしても私がこの船に乗ることはない。船中生活は3日で飽きがくるだろう。
旅ではなく、ある厭なものから一定期間離れて過ごす場所だとしても乗らない。身を置く場所は世界中、地上にどこにでもあり一人で移動できる。
乗客は、全員一人で移動できない人達だろうか??それとも「手段、目的」を考えなければ矢張り「世界一周の船の旅」だろうか? 「目的と手段を超越」
数年前、ストックホルムを夕方出港してヘルシンキに朝着くバルト海クルーズの50,000トンの船旅は最高だった^^。城山観光ホテル、天文館、セラ603を含めたものより大きな町が船に入っていた^^。(HPを参照)
[PR]
by momodisk | 2010-01-10 19:43 | Comments(2)

韓服

f0032712_11513095.jpgf0032712_11521073.jpg













元旦、娘の家族5人が年始に遊びに来た。孫たちも韓服だったので自分も韓服に着替えて挨拶を受けた。
可愛いものである。もちろん平服の身軽さに比べると動きにくい^^
挨拶が済んだら全員平服に着替えた!
韓国にも餅はあるが日本と違い棒状であったり薄く削いだ形状で元より臼、杵で搗く物ではない。保育園で臼、杵で搗く餅つきは経験済みなので電気餅つきを見せてあげた。全員初めてなので喜んでくれた。餅を丸めたり餡子を入れるのはまま事遊びの感覚である。
[PR]
by momodisk | 2010-01-06 11:52 | Comments(2)

年賀状

f0032712_1151926.jpgf0032712_11514879.jpg











みなさん新年明けましておめでとうございます。
我が家からの眺める桜島! 今日は雪を被っています。昨年は、噴火回数が500回を超えました~~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで
あちこちに首を突っ込む落ち着きのない性格であるが、昨年はピアノと絵画に首を突っ込んだ。才能の無さ、大雑把な性格に加え加齢による脳の活力の低下で殆んど上達しない*^^*  気長にやるしかない。
海外旅行は、途切れのない煩わしい町内会長の仕事のせいか 気分が乗らずフィリッピンと韓国だけだった。   3月でこの会長職が終わるので今年はあちらこちらに出かけようと考えている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土手のピラカンサスの実を食べにイソヒヨドリ、シロハラが来ている。
[PR]
by momodisk | 2010-01-01 11:51 | Comments(1)