<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画

f0032712_2392717.jpg「借り暮らしのアリエッティ」 スタジオジブリの映画である。
土曜日、孫二人を連れてカミさんと見に行った。「人間には見られてはいけない。それが床下の小人たちの掟だった」 ポスターの絵がとてもきれいだったので気にかけていたが本当にリアルに描かれており感心した。
人間の手のひらに載る身長10センチほどの小人の物語であるが、つい人間と小人と角砂糖の大きさ(スケール)の矛盾に目が行ってしまう。子供の脳みそになりきれない爺ッ様の悲しい習性か?
最後にはホロリとくる良い映画だった。






f0032712_23251111.jpg火曜日、二か月で18枚使う株主優待券の最後の一枚を使うために行った。
ジャッキー チエンの映画を初めて見た。昔の映画のリメイク版らしいが面白かった。
・・・アメリカから北京に引っ越してきた少年ドルが言葉にも文化にも馴染めず、地元の少年に苛められる毎日だったが・・・・
淡い初恋のシーンもありホロリとくる、感動する良い映画だった。
万里の長城を背景とするワザとらしさも気にならない。紫禁城など北京に旅行したことなどを思い出した。
[PR]
by momodisk | 2010-09-28 23:09 | Comments(1)

往復6,000円?

f0032712_16543281.jpg友人から「2万円でソウル往復できるよ」と聞いたので早速行くことにした。用事も少しあったし、娘達や孫にも会いたかった。
当日、空港でチケットを渡すという事で出かけたたらナント!「1万円」だった! 燃油サーチャージ、空港施設利用税などの経費を徴収しないので実質6,000円程度である。
何故安いかを機内で調べたら、韓国の旅行社が飛行機をチャーターして阪急交通社宮崎支店に売ったものらしい。今、世界各地に既存の航空会社に対抗して格安航空会社が設立されているが、この飛行機は、その韓国のイースター航空だった。
宮崎市から鹿児島空港までの送り迎え、インチョン空港からホテルまでの送り迎えのバス。航空運賃、ホテル3泊と2食がついて2万円で募集されたそうである。(これに先の経費が4,300円追加)
このツアーの売れ残りの席を1万円で売っていたのであった。余りの安さに驚いた^^
(オーストラリアのジェットスター航空という格安航空会社は、成田~ケアンズを往復2万5千円で売っている)これを考えると驚くことは無いが!
用事を済ませ、娘の家に泊り、可愛い孫に会い、帰る前日は、国立現代美術館に行った。帰りにソウル市立美術館に行こうとしたらバケツをひっくり返したような雨で歩けるものではなく、実家のようにしているボアハウス(旅館)にびしょぬれで帰りついた。
夜、TVを見ていたら平成5年8月6日の鹿児島大水害のような浸水被害が報じられていた。翌日、インチョン空港に向かう途中の漢江(ハンガン)は、濁っていた。無事に帰れてホッとした。

f0032712_17251217.jpg食事紹介
韓国の友人たち7人で食べた昼食のチョングッチャン(納豆鍋)。これに他のおかずを載せてビビンパッ(混ぜご飯)にする。ノム マシソッソヨ!(とても美味しかった!)



f0032712_1726337.jpgマククッスという食べ物。日本の蕎麦のようなもので麺にしたり、チジミにしたりして食べる。



f0032712_17262747.jpg









f0032712_1743614.jpgf0032712_17433422.jpgf0032712_1744254.jpgボアハウスの近所で食べたウナギ?(コムジャンオ)の塩焼きと醤油?焼(かば焼きとは味が異なる)。美術館で食べたパスタのカルボナーラ!これも美味しかった。
[PR]
by momodisk | 2010-09-24 16:54 | Comments(4)

女と同じ脳みそ時間

f0032712_1941653.jpg男と女は、脳みその構造が違うのだと理解したのはいつだったのだろう(20歳前後?)
ビジネス社会での暮らしを終え(定年退職)、完全自由人になって4年目である。(世界放浪・自由人は20年以上だが)
完全自由人になると人生の時間の考え方(過ごし方)の観念も変わって来る。
土曜日、義母の49日儀式を済ませた日、家族・親戚5人ででホテル レクストンに忌明けの「昼飯」を食べに行った。
「お上品な」献立の最初の食材が出てから最後の食材が出てくるまで1時間半はかかる。(どのくらい「お上品」かと言うと、大好きな刺身が普通の刺身の身のほぼ三分の一の大きさである)
しかし、一人、ビールを飲みながらなので時間は余り気にならない!(現職時代、こんな時間感覚は無かった)
・・・写真はHPから・・・
昨日、市立美術館の絵画教室のクラスメートが二人展を開いている、郡山のホームレストランにランチに行った。メニュー(選択肢)は無い! 今日の献立を食べるだけである。
メインディッシュはカレーだが最初のサラダから最後のデザートまで何種類かの食材が1時間ほどかけて出てくる。ビールは飲まないが余り気にならない。

美味しいものを食べながら、ユッタリと、お喋りしなが過ごす「女の脳みそ」の時間感覚に近づいて来たのだろうか? アー怖^^
食後、スパランド裸楽良に行き、1時間余り昼寝をしてからプールで泳ぎ、温泉に入った。
もちろん、帰りの運転はカミさん! 隣席で飲む久しぶり(昨晩以来?)のビールの味は、チェゴ(最高)エヨ!
[PR]
by momodisk | 2010-09-07 19:41 | Comments(1)

露天風呂

f0032712_1083368.jpgf0032712_10115428.jpg














ここの温泉!湯量が豊富で天降川に垂れ流しである。この地域一帯、未使用の温泉水と山水(やまみず)が川に垂れ流しされている。
露天風呂に入り、天然サウナに入り、山水の水風呂に入れば最高の気分である。
ところで「私の別荘」!立ち寄り入浴なら200円、1泊なら2,600円である。食材だけ持参すれば自炊設備(調理道具、食器)完備でパーティもOKである^^
かつて、四季折々!霧島でキャンプをしていたが、ある日、雨の時ここに泊り、その後別荘に決め込んだ(暑さ、寒さ、雨、雪等、季節・天候を選ばない)。別荘にして維持管理費用は不要、掃除・片づけ不要で最高!(ものは考え様)^^

f0032712_12432216.jpg休憩場所で川面を渡る涼しい風にあたりながら飲むビールは最高においしい^^ 間違いなく飲める!何故なら隣は酒屋である^^ 金魚さん達もも涼しげである^^
[PR]
by momodisk | 2010-09-03 10:12 | Comments(3)

別荘

f0032712_10532890.jpg鹿児島市は、毎日が桜島の降灰!窓も開けられずウンザリの日を暮らしている。
「私の別荘」!霧島の入り口、妙見温泉の「鶴の湯」に出かけることにした。
暇つぶしに、「油絵アート入門」の本と道具一式、それに焼酎!持参である。
ここの温泉は、ロケーションが抜群である。今、部屋から電柱にワシタカ類のミサゴが、木には、アオサギが、水辺の岩にキセキレイ停まっているのが見える。山の緑と川の青と涼しい風がとても心地よい。
昨日は、思い出して加治木の友人に電話したら親子三人で温泉に入りに来てくれた。スーパーで買った刺身、お惣菜で酒盛りが始まった。温泉上がりのビールは最高 !!
ゴロゴロ寝転んだり、絵筆を握ったり、川辺を散歩したり至福の時間を過ごしている。







f0032712_10585627.jpgf0032712_10592829.jpg














山の温泉、
「鶴の湯」のフロントにある水槽では金魚・熱帯魚ならぬナント!海のイセエビを飼っている。海辺の料亭の水槽ではない^^
もう3年近く飼っており脱皮も3回以上」繰り返しており、飼い主は」それを保存している。飼い主の愛情が通じているのであろう。
ところで!脱皮した抜け殻では高級魚イセエビの出汁(ダシ)は、取れないのだろうか^^
[PR]
by momodisk | 2010-09-02 10:53 | Comments(2)