<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

餅つき

f0032712_20362977.jpg
f0032712_20373797.jpgモモの散歩コースで、とても珍しいものを見かけた。何十年振りだろう!杵、臼での餅つきである。
ペッタンコの音も懐かしい。いつ頃から餅つき器の中に水ともち米を入れれば突かれた餅が出てくるようになったか記憶にないくらいである。
ここのご主人Iさんは、実に手先が器用な人でいつも何かをしている人であるが餅つきは疲れるだろう。釣りも趣味でこれまでも何回もおすそ分けを頂いた。野菜作りもプロ級であり、この日も大きな大根、深ねぎ、白菜を頂いた。定年退職後、農業と漁業をしているような人である。生後6か月のお孫さんも可愛い!
[PR]
by momodisk | 2010-12-30 20:36 | Comments(0)

サーカス

f0032712_10542595.jpgf0032712_10552371.jpg












孫二人(6歳、4歳)生まれてこのかたサーカスは実物を見たことが無いので見せに連れて行った。
自分も小学生の頃と、5年前、今回と3回目であるが感じたことは、「変わり映えしないな」であった。ピエロ、曲芸、ライオンが飛んだり立ち上がるショウ、象が前足や後ろ脚だけで歩くショウ、バイクの曲乗り、空中ブランコ等である。
出し物は昔と一緒である。ライオンのショウの時は帰りたいと言い出した。外の売店の方が気になるようである。しかし最後の空中ブランコでは目を輝かして見ていた。
料金は、自由席大人2,800円、子供1,800円(当日券)である。映画に比べれば高いと思ったが、映画を加工食品とすればサーカスは生鮮食品かなと思った。各地の興行地で生身のスタッフ、動物たちが毎日ご飯を食べているのである。
[PR]
by momodisk | 2010-12-21 10:54 | Comments(5)

老後と蓄え、そして人生観

f0032712_1132960.jpg「老後の蓄え」と言う言葉がある。本来、「蓄え」は、何に使うかを前提にいくら貯めるかを考えてするものである。

ところで、「老後」は、既にスタートしているがあの世からのお迎えはいつだろうかと考える。それが明日なら「蓄え」は要らない。仮に100歳の時だとしても元気に動けなくなった時には使いたくても使えないからその後は要らない。
取り敢えず、平均余命表で67歳を見れば16,3歳で84,3歳である(因みに0歳の平均余命は78.07歳である)。さて元気に動けなくなるのはいつだろうか?・・・次に何にいくら使えば、いくらの「蓄え」が必要なのだろうか?
家賃、住宅ローン等の住居費は要らない。子供の教育費は要らない。太陽光発電のため光熱費もいらない。入院保険も一応掛けている。食費、税金、各種保険料などの生活費位はいくらなんでも年金でまかなえるだろうを前提にすれば「蓄え」は、基本的に不要ではなかろうか?

「蓄え」は、遊び(いろいろな意味)に要する金だと考えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レンタルショップで「最高の人生の見つけ方」というDVDを借りて見た。
仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきた自動車修理工 カーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、エドワードの金でさまざまなことに挑戦する。
癌で死んでいく二人の老人の話なのに素直に笑って泣ける、全てが落ち着くところに落ち着くと言う映画だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、証券会社で順番待ちをしている時、先客の老人と店員との会話が聞こえた。「9,452万円ですね!もっと上がるでしょう」   一瞬耳を疑った! 億になる数字である! 「0は四つ書いてくださいネ」 ワーオ! 使う(金を減らす)のも遊びだが、ためる(金を増やす)のを遊びにしている人もいることを初めて知った。

ここで考えた! 10年後、77歳まで元気に動き回れるとしたら蓄えが100万円あるとしたら年間平均10万円ずつ減らすことが出来る。1億円なら1千万円ずつである。
勿論、不測の事態(例えば80歳過ぎまで元気に動き回れる),等に備え、何がしかは残すべきだろう^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2010-12-16 11:32 | Comments(4)

ハイブリッドカー

f0032712_10221330.jpgf0032712_10223980.jpg義母が亡くなって4カ月経って鹿児島トヨタ 与次郎店長(プリティ?女性)から香典を頂いたので香典返しがてら遊びに行った。
雑談をしていたら車の買い替えの話になった。現在のエスティマ(8人乗り)、来年3月の車検で丸9年、走行距離12万キロ弱。
そろそろ替え時かなと漠然とは考えていた。(真剣に考えていればエコカー減税を見落とすことは無い)
プリウスというハイブリッドカーで荷物室が広い!後部座席を倒すと車中泊ができる^^
燃費がエスティマの3分の1以下になる。(現在、年間20万円のガソリン代が7万円?)
気に入った!これを「衝動買い」と言うのだろうか?



f0032712_10371455.jpg数週間後の金曜日に受け取り、日曜日には、RAKUさん達とカヌー遊びに行った。
ゴムボートやその他の付属品が充分に積める。良い買い物をしたと思う。ボートを組み立て終わったところで電動プロペラーを積んでいないことに気付いた。カミさんと二人、新しく買い足したバッテリーの充電のことだけが頭に入っていたのだろう。皆に散々笑われてしまった^^
・・・・・・・・・・
ハイブリッドは電気で走ったり、ガソリンエンジンで走ったり、その両方で走ったりする車である。
エスティマ エミーナより定員が3人少なくなり、車体重量が350KG、車高および車長が30センチ少なくなりとても小さな車になった。(見ての通り軽自動車に毛が生えた位の大きさ^^)窮屈感は否めない!
10・15モード燃費が38,0KM/Lだが、さて実際どのくらい走るものか楽しみである。
燃費が良くても車両価格が高ければ何の意味も無いが、この車は、充分に安い!
[PR]
by momodisk | 2010-12-10 10:22 | Comments(1)