<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一眼レフ撮影教室

教室で2回~3回講義を受けたあと、現場での撮影教室がある最高のカルチャー教室である。
今回は、慈眼寺公園で渓谷の小川の畔を木陰の中で散策し、ソーメン流しが楽しめる素晴らしい場所である。
でも、この写真教室を受けるまではここが撮影ポイント等とは考えもしなかった。たとえば岩に生えた「苔」を写すなどとは考えもしなかった!
今日のテーマは、「光と影の読み方」であった。f0032712_20555425.jpg
f0032712_2057031.jpg







f0032712_20594875.jpg
f0032712_2102825.jpg
こんな場所では、木漏れ日、その中の小川の流れくらいしか撮るものはないと思っていた。
そう!ここには光と影がたくさんあった。




f0032712_2174540.jpg池には、糸トンボが沢山いた。繁殖期で交尾中である。
蝉の抜け殻もある。ツクツクホウシだと思うが? アブラゼミかな??



















f0032712_211208.jpgf0032712_21122023.jpg





















f0032712_21244934.jpg天真爛漫に遊んでいる子供たち!!!
その大昔!自分もこのような情景の中にいた。
それを思い出し、靴を脱ぎ靴下を脱ぎ捨て裸足で川に入ろうとしないジッサマになった自分に気が付いた!
やばい^^

今日は、このような情景の中で写真を撮る「目の付け所」を教わったのが大きかった!

先生のブログの同じ日の写真
http://blog.goo.ne.jp/kumazoe9     「くまさんの部屋」-検索

見てください。
[PR]
by momodisk | 2011-08-27 20:56 | 写真 | Comments(2)

凄い女性

f0032712_20294620.jpgf0032712_20302189.jpg友人の奥様に凄い人がいる。
人それぞれ好奇心、価値観は違うが私は凄い人だと思う。

彼女は、好奇心、向上心、行動力の3Kレディである。
屋外系は、登山、テニス、サイクリング、旅行。屋内系は、俳句、韓国語、英語、ピアノ、織物などである。
(勿論、私の知らない他のものもあるだろう)

そして、もう一つがこのブログ写真のフラダンスである。
数年前、一緒にハワイに行ったときクルーズの船の中でウクレレ教室、フラダンス教室に参加したことを思い出す。
アー!ハワイに又、行きたくなった^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momodisk | 2011-08-23 20:30 | その他もろもろ | Comments(2)

名曲の夕べ

f0032712_15393610.jpg友人から「名曲の夕べ」というコンサートに誘われたので友人、カミさん三人で市民文化ホールに聞きに行った。
前日の音楽劇「カルテット」に続き二日連続である。
演奏曲目を見て、なんか難しそうだなとは思った。バイオリンとピアノでアメイジング・グレイスだけは良かったがバイオリンの曲、イタリア組曲/ストラビンスキー、 ピアノの曲、舟歌嬰ヘ長調作品60/ショパンに至っては我慢して聞いていたがキツイ!全然、耳に馴染まない。
休憩のとき後半の曲目を見ても難しそうである。最後の曲、サラサーテのツイゴイネルワイゼンくらいが聞けるかなと思った。
ギブアップして休憩時間に途中退場することにした(三人とも意見が合った)。途中退場は、映画で慣れている^^。ビバルディの「四季」のように最初から耳に馴染む曲もあればそうでない曲もあるのは当然だ。
三人で食事に出かけた。早くビール、焼酎が飲みたかった^^
[PR]
by momodisk | 2011-08-23 15:42 | その他もろもろ | Comments(0)

カルテット

f0032712_9283396.jpg友人からコンサートのチケットを2枚貰ったのでカミさんと出かけた。(3,000円)
音楽劇コンサート「カルテット!鹿児島版」というものだった。
ピアノ、チェロ、バイオリン、フルートの4人の演奏家が素晴らしい演奏を聞かせてくれた。曲目もクラシック、その他、名曲というかポピュラーな曲ばかりでゆったりした気持ちで楽しめた。
特に、バイオリンのソロ チャルダーシュ(モンティ)、ピアノのソロ テンペスト(ベートーベン)の曲は聞きごたえがあった。

音楽劇ということで演奏者が演技をしながら演奏するもので初めて見た。演技もなかなかのものだったが、劇のストーリーが話にならない。面白くもない、可笑しくもない、悲しくもない、そうツマンナーイ~~ストーリーだった。
でも音楽をたっぷり楽しめた。
[PR]
by momodisk | 2011-08-23 09:32 | その他もろもろ | Comments(0)

花火大会

f0032712_2165045.jpg
f0032712_21134753.jpg
鹿児島市の桜島フェリー発着場、市中心部に最も近い便利なところで毎年花火大会が開かれる。
打ち上げ数は、1万5千発前後。打上場の観客数は15万人オーダーで全国でも有数の規模の大きい花火大会である。
我が家の娘「ももこ」は、花火はおろか雷の音でも気が狂ったように怖がるのでお母さんと自宅で潜んでいる。
だから近年、毎年お隣のミイミイさん家族が確保した場所で一人!おいしいお料理、ビールをご馳走になっている 。幸せ^^
ところで
一眼レフカメラの教室に行っているので1時間余り写真を撮ってみた。全滅!暗闇?と光の交接する環境の写真は難しかった。まず!夜景を撮るところから勉強してみよう。
[PR]
by momodisk | 2011-08-21 21:11 | その他もろもろ | Comments(1)

パソコンを買った

f0032712_160570.jpg
f0032712_11533862.jpg5年くらい使っているノートパソコンがおかしくなった。
文字を入れるとき半角英数からひらがなに変換しないのでインターネットでの検索ができない。仕方なく買い替えることにした。NEC Lavie LS150にした。CPUが1GBから2,13GBに、メモリが1GBから4GBに、ハードディスクが120GBから640GBに上がりとても快適な操作環境になった。

価格であるが例によって、町の店舗とネットショップを比較した。PCデポットという店舗で85,000円程がネットで58,000円程!今年5月発売の製品がこんな価格差である。
ヤフーニュースに出ていた!・・・IBM以来のパソコンの再編成、HPヒューレットパッカードも事業分離・・・タブレット端末やスマートフォン(多機能携帯電話)の将来・・  ・どうも世代交代が来そうである。 

話は変わり
デジタル一眼レフカメラのPLフィルターとNDフィルターがほしくなりネットショップで調べた。両方で9,400円程で出ていた。すぐ町に出かけカメラの吉野という店舗にいったら6,700円程で売っていたので即、購入した。
店舗のほうが安い場合もあり、何より代引き手数料が不要だから価格差はもっと広がる。

デジカメ教室(ミンカルというカルチャー教室で先生はベテランの熊副先生)で知り合ったガール(婆ール^^)フレンド(師匠^^)がいる。動物写真を専門とする今も美人で^^心優しい^^75歳の彼女は、写真コンテストでいつも入賞するベテランである。先日、二人で動物園に行き、動物の写真の撮り方を教わった。

自分は何を表現したいのか?表現したい主役を引き立たせるための脇役の入れ方、構図の取り方、光と影の取り込み方、その上でISO感度、絞りの量、シャッター速度等など設定のテクニック。
知識、経験上 悲しいかな!教わって理解できる事と出来ないことがある。
その日、撮った写真を新しく買った専用のプリンターでA3ノビ印刷し4,500円で買った枠にはめてみた(左の写真)。
なんとかサマになっている。師匠との百歩くらいの差!半歩、近づいたかな~~
[PR]
by momodisk | 2011-08-20 11:53 | その他もろもろ | Comments(3)

クルーズ

f0032712_10233169.jpg来月、韓国の友人が3組の夫婦で鹿児島にやって来る。
1日目は指宿泊、2日目は鹿児島市内泊で我が家で夕食、3日目は霧島方面を見物して隼人の旅館「野鶴亭」泊である。日本の伝統的旅館に泊まりたいとの要望である。8人乗りのレンタカーを借りて案内することにした。
彼らは帰ってから「鹿児島に旅行した」と言うだろう。
ところで
時々、鹿児島に外国の豪華客船クルーズがやって来る。彼らは、朝から市内を見物し夕方は出港して行く。
彼らは、「鹿児島に旅行した」と言うのだろうか?クルーズは、何処の国に行っても着いた港町周辺の見物であり、その国の名所旧跡の見物は前提にない。
夏は、軽井沢のホテル、冬はハワイのホテルで過ごす人たちは「~に旅行した」とは言わないだろうと思う。「ホテルライフを楽しんだ」と言うと思う。
クルーズもこれだと思った。・・・まるで動くリゾートホテル、町のような船内、本格的なショー・・・と、うたい文句にある。
私の旅行の定義は、「物見遊山、名所旧跡を見て回る」である。だからクルーズは旅行の定義にはまらない。
貧乏旅行専門で、行ったことのない所に行きたい。見たことのないものを見たいのである。
今のところ金があったとしてもクールズをする気はない。
いつの日か旅行にあきてクルーズをする気になる日(心境の変化)があるのか無いのか楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、2001年6月 (ブログ ヨーロッパ 北欧ベストハイライト参照)、ストックホルムからヘルシンキへの移動に(1泊)バルト海クルーズという58,000トンの豪華客船にのった。 驚いた! この船には、城山観光ホテルや天文館が搭載されていると思った。
冒頭のクルーズは、103,000トンである。カタログのページをめくると220,000トンの船も出てくる。これに比べれば58,000トンは、ほんの小舟だろう^^
程度の差はあれ船と言う閉鎖的空間にジットしていられるのは、私の神経では3日位が限度だろうと思うが?
東京 新宿という空間でも3日くらいで退屈すると思う^^
[PR]
by momodisk | 2011-08-15 10:23 | その他もろもろ | Comments(0)

撮影旅行

f0032712_16142981.jpg
デジカメ教室の先生に誘われて甑島に撮影旅行に出かけた。
内容は、知らされていなかったが薩摩川内市の教育委員会が主催する「とんぼろ芸術村 写真講座」だった。
(10月に開かれる「とんぼろ芸術村コンテスト」の作品募集のための講座)f0032712_16211657.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加者は、25名。紹介して貰った旅館「石原荘」は、1泊2日で7,500円。 ご馳走だった^^ 肉は一切れも無し、全て海の幸だった。久しぶりに料理を堪能した。
現地の案内・移動は市役所がしてくれた。 時期的にカノコユリの撮影も目的の一つであり、島中いたるところで奇麗に咲いている。
フト!見ると漁船にアオサギやカラスが止まっている。のどかな雰囲気である。




市町村合併前は(旧)里村だったこの地、あらためて「とんぼろ」の意味を知った。離れた島の間の砂礫が海岸流にによって運ばれ陸続きになったものである。ここが里村の中心部である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
武家屋敷の石垣(海岸の玉石)に咲くカノコユリ以外の花もきれいで心落ち着く風景である。
f0032712_16222252.jpg
甑島観光遊覧船 「高速船 かのこ」は最高である。移動を高速で走り、各見どころをユッタリ見物させてくれる。
ベトナムのハロン湾に匹敵するくらいの迫力ある断崖、奇岩がたっぷり楽しめた。
2時間のクルーズで2,500円 安い!!
f0032712_16232937.jpg・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と 言う事で某所から、少なくとも5点はコンテストに出展してくださいと「強要」 ^^ された!!
最優秀賞は、旅館1泊無料と特産品2万円相当である^^

一眼レフデジカメ1年生(実質5カ月)、恥ずかしさを知らないから平気で出して見よう ^^
[PR]
by momodisk | 2011-08-03 16:43 | Comments(0)