<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アイフォン

f0032712_11271644.jpg3年前、福岡のオバ様方3人とプサンに遊びに行った時の帰り、ビートルの中でオバ様の一人が携帯電話でテレビを見ていた。
「携帯電話でテレビが見られるんだ」と感心したら、彼女の方が驚き、私の携帯電話を「これは縄文時代の携帯電話ネ」とのたもうた。鹿児島に帰り、早速、携帯電話を更新した。しかし今日までタダの一回もテレビを見ることは無かった。

先月、ソウルで申キョンミと会ったとき、インチョン空港までの行き方の話がでたら彼女がスマートフォンで路線図をだし時間を調べてくれた。
東大門で全ヒョンミと会って食堂に行ったとき、壁に「ポチャン テムニダ」と書いた張り紙を見た。「お持ち帰りできます」という意味だろう?と彼女に尋ねたら「そうですよ」と言う。漢字で「ポチャンは、どう書くのかな」と言ったら、スマートフォンで「包装」と出してくれた。

鹿児島に帰り、早速、携帯電話を更新した。「iphone 4sは、進化した携帯電話ではありません。手のひらで誰でもが簡単に使える、進化したコンピューターです」とある。
RAKUさんに自慢しようとしたら、彼は、1週間前に導入済であった。又、遅れをとってしまった。残念^^
[PR]
by momodisk | 2011-12-24 11:28 | その他もろもろ | Comments(0)

バードウオッチング

f0032712_22144382.jpg
福岡に住む日本野鳥の会の仲間から、マレーシア人の夫婦が出水に鶴の観察に行くからホームステイをさせてくれないかと依頼があった。
我が家に来る32か国目の外国人である。新幹線で出水駅に着くので迎えに行き、我々夫婦も荒崎の民宿「鶴見亭」に泊まることにした。
夫のキムさんは、公務員を定年退職した人で私の2歳下の1948年生まれだった。妻のヤンさんは、現職の数学の先生で二人は英語で会話している。ネイティーブ スピーカーのようである。
彼らにとって鶴はとても珍しいそうである。バードウオッチングのベテランらしい見方をしている。
この日は、ナベヅル、マナヅル等が1,1000羽余り!希少種のツルは訪問者には、なかなか見つからない。ミヤマガラスはわんさかといたがムナグロ、タゲリ等は見かけなかった。

この夫婦!我々夫婦と波長が合うのか帰るまで全く違和感がなかった。家内が作った料理も好き嫌いなく喜んで食べていた!ヤンさんは、台所のお手伝いも楽しそうにしていた!
出水では、土曜日午後から日曜日朝まで周辺でたっぷり観察できた。


f0032712_22165566.jpgこの後、出水から川内の高江にカラフトワシを見に行くことにした。
その前に、川内原発の人造湖にオシドリを見に行った。マガモ、カルガモ、ヒドリガモ等沢山の種類のカモ達がいた。彼らは大喜び!特にオシドリに興奮していた。

高江に着き、農道に車が見えたのでバードウオッチャーだろうと見当をつけて近づいたら矢張りそうであった。(写真右の人)この人がカラフトワシが止まっている場所を教えてくれるが密集した木の中で探せられない!
三脚にフィールドスコープを持っていたので当てて貰いやっと見ることができた。本当にラッキー^^
ミサゴはいたがチュウヒ等は見かけなかった。








f0032712_22421240.jpgこの後、市来をとおり加世田の万ノ瀬川河口にクロツラヘラサギを見に行った。車を停めたら目の前に4羽がお食事中ではないか!ビックリ
顔見知りの野鳥の会の人が、「ラッキーですね! この位置にはなかなか来ないのですよ。昨日だって遥か向こうにいましたよ」と指差してくれた。
ヤンさんは、初めて見る鳥で大喜びだった~~
f0032712_1693433.jpg

3時ころに、鹿児島に向かい桜島に渡り湯平展望台からの桜島の火山、錦江湾の夕日、鹿児島市内の展望を見せてあげた。




f0032712_22582092.jpg月曜日、温泉やえびの高原を見せに連れて行った。
途中、加治木干拓でバードウオッチング! クロツラヘラサギ、ヘラサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、ウ、セイタカシギ、アオアシシギ、オナガガモ、キンクロハジロ、スズガモ、等のカモ類、彼らには初めての鳥も見られた^^
マレーシアは四季がなく紅葉もない。もちろん温泉もない!彼らはシャワーしか使ったことがないそうである。ましてや、同性とはいえ他人と裸で一緒にいるとは想定外だと言っていた。
安楽温泉の「鶴の湯」に行き、湯船を見せ足だけ温泉を体験させてあげた。

火曜日、昼過ぎ新幹線で鹿児島を発つ前、寺眼寺公園にバードウオッチングにいった。シロハラ、マミチャジナイ、ツグミ、ヒヨドリ、エナガ、シジュウカラ等沢山の小鳥を見ることができた。目の前でキセキレイを撮ることができた。
4日間連続のバードウオッチングは、初めてであった!

彼らは、首都クアラルンプールから北へ車で4時間ほどのタイピンという所に住んでいる。近いうちに尋ねてみよう~~
[PR]
by momodisk | 2011-12-17 16:14 | Comments(0)

紅葉

f0032712_15314755.jpg30日、韓国から帰った週末、カメラ教室の75歳のガールフレンドと北薩方面に紅葉の撮影に行った。
最初、加治木干拓にクロツラヘラザギを見に行ったが別府川の中州におり遠くて写真にならなかった。しかし、朝日に輝く海がとてもきれいだった。
曾木の滝を目指して行く途中、横川に人家の裏庭に銀杏が見えたので車を降りて近づいたら絶好のポジションだった。








f0032712_15403988.jpg曾木の滝は銀杏は終わりもみじがとてもきれいだった。
帰りは、藺牟田池に白鳥を撮りに行ったが太陽が山陰に入り写真にならなかった。日帰りの楽しい撮影旅行だった。












f0032712_15451754.jpgf0032712_15453942.jpg
[PR]
by momodisk | 2011-12-15 15:31 | 写真 | Comments(1)

娘たちに囲まれて

f0032712_15421737.jpgf0032712_1542407.jpg4年前、留学していた時に自宅のようにしていたボアハウスのキョンミさんが結婚式を挙げることになったのでソウルに行くことにした。
それに、定期預金も満期になっていたので更新もあった。(今回の利率は3,8%!!日本の100倍である)
式は、伝統婚礼のスタイルの為、韓国の伝統文化を宣伝する為に建てられた伝統韓屋のコリアハウスで行われた。
古風な韓屋の中庭で「式」ではなく、「礼」として格調高く演出しますとパンフレットに書かれたいた。ところがビックリ! コリアハウスの委託カメラマンが新郎、新婦に至近距離で我がもの顔で写真を撮るではないか! この場に婚礼と言う「セレモニー」の雰囲気は感じなっかった。マア、記念写真を重視した婚礼をする当事者に不満が無ければ、それでも良いのかも知れないが!
式の前、新郎のチャンさんと写真を撮った。


f0032712_1616884.jpg式までに時間があったので近くの南山韓屋村を散策した。南山タワーのすぐ下で昔の韓国の民家が移築されている。
安東の河回村を知る人には珍しくないだろうがソウルのど真ん中だから価値がある。

瓦屋根と背景のビルを撮ってみた。










f0032712_16233411.jpgf0032712_16235762.jpg韓国の結婚式では披露宴パーティはない! 式場で適当に食事をして帰るだけである。サッサと帰っても良い。
この日は、イルジュとその友達も一緒にボアハウスの近くの魚料理屋でヒラメの刺身を食べた。
刺身をとった残りを鍋にしてくれる^^ それに注文しない付き出しが沢山ついてくる。 ノム マシッソヨ^^








f0032712_9365262.jpgf0032712_9382737.jpg翌日は、イルジュと二人で春川(チュンチョン)に行った。冬のソナタで有名な所だがその舞台であるナミソンではない。
春川駅から路線バスに乗り、ソヤン湖というダム湖に行った。霧に包まれた湖を走る遊覧船は、なかなか趣がある。湖の奥で降り30分程歩いて清平寺に行った。霧につつまれた冬の枯木の中で石畳に流れる小川を見ながら二人で山道を歩く!、これも趣がある。
春川と言えばタッカルビである。美味しい昼ごはんだった。






f0032712_16455932.jpgこの日は、ヨンイの家族と一緒に夕食をとった。テレビでも紹介された地区で下の肉屋で牛肉を買い、2階の店で料理をして貰うのである。ヨンイにご馳走になった。娘にご馳走するのが親父の喜びなのに!
久しぶりに会う、カウンちゃんは大きくなっていた。両親が英語が堪能なのでネイティブのような発音で英語を喋る! もちろん日本語も、韓国語も! 驚く^^将来が楽しみ^^
カウンは、ハラボジ(お爺ちゃん)と言ってキスをしてくれる。可愛い!!!タマラナイ^^
この後、ヨンイのお姉さんのところにキムチを貰いに行った。自分もおすそ分けを沢山いただいた。







f0032712_175466.jpg帰国の前日の夜は、鹿児島大学に留学していたヒョンミとスルギの二人と東大門にある有名な鶏料理屋に行った。昼食は、土俗村でサムゲタンを食べたが、ここの鶏肉の鍋料理はもっと美味しかった。
この店は、ソウルに来た時に行く店のリストに加えよう^^

9月に韓国の友人が3組の夫婦で鹿児島旅行に来たが、一晩、彼らに夕食をご馳走になった。有名な湖の畔のレストランらしいが夜なので暗くて見えない。ここの韓国料理もおいしかった。付きだしが多くて何がメインディッシュなのか聞かないと付きだしでお腹いっぱいになる。

韓国に来ると若い、きれいな娘たちに囲まれて食べるから一層おいしくなる。65歳のジッ様で、こんな空間をもてる人が外にもいるのだろうかと思った。ヘンボク(幸福) エヨ^^
[PR]
by momodisk | 2011-12-07 15:42 | 最近の旅行 | Comments(0)