<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

良か天気 暇つぶし

f0032712_13263281.jpgf0032712_13313078.jpg















f0032712_13331045.jpgf0032712_1334731.jpg













f0032712_1336689.jpgf0032712_13362781.jpg













f0032712_13373158.jpgf0032712_13374933.jpg
[PR]
by momodisk | 2012-01-29 13:29 | 写真 | Comments(0)

チェンバロ

f0032712_21563873.jpgみやま音楽アカデミーがやっている講座! ~優雅なるチェンバロの世界~ を受けてきた。受講料2,000円! ^^高い? ^^安い?
 鹿児島くんだりから^^はるばる霧島迄ではなく加治木の整骨院に行くついでに行った!

チェンバロとピアノの違いは勿論!知っていた。
ピアノの原型ではあるが全く別な楽器である。
チェンバロは、14世紀頃から18世紀後半まで約350年間ほど使われたそうである。
ピアノと違い、弦をハンマーで叩くのではなく、弦をギターのようにはじくから音量が低く感情表現が弱い面を持っている。 

その後、ピアノが18世紀初めから作られ19世紀後半に現在とほぼ同じタイプのものになったようである。初期ピアノは、「フォルテ(強い)ピアノ(弱い)・・・音の大きさの程度」から、「 ピアノ エ フォルテ エト クラビチェンバロ」と呼ばれていたそうだ!





f0032712_2238230.jpgピアノに押されチェンバロと言う楽器は衰退していった。
チェンバロは、国により作り方が違い、イタリアン、フレミッシュ、フレンチ、ジャーマン、その他いろいろなタイプがあることが分かった。
そして調律というか、その時代の音楽の音程のパターンがいろいろあるというのも分かった。

JSバッハ、モーツアルト、ヘンデルなどがチェンバロとピアノの変革期に存在していたようである。

JSバッハの「平均律クラビーア曲集第1巻ハ長調BWV846 C DUR プレリュード」などと言う長ったらしい名前の曲等、10曲余り生演奏で聞いた^^
音の強弱の無い音楽! 違和感はない! 心地よく聞けた^^

帰りに温泉「鶴の湯」で打たせをして帰ろうと寄ったら、駐車場は満杯であきらめた(ガッカリ)!
今日は、充実した一日だった^^
[PR]
by momodisk | 2012-01-28 21:55 | その他もろもろ | Comments(0)

体調不良

f0032712_21165898.jpg20数年前(まだ若かった)!時に、 肩こりやぎっくり腰に悩ませられたことがあった。

その後は、悩まされるほどは無くても珠にマアマアの支障はあった。

ここ2か月ほど少しキツイ!肩から首が凝る! 左上腕部が痛くて、ピアノを弾いていると痛くなる。

加治木の友人にすすめられて近所の「楠元整骨院」に通うことにした。
低周波、高音波、SP(混合波?)の機械を使い、最後に先生がマッサージをしてくれて張り薬を張る。

今日で5日目、少しは改善されたような気はする! もうしばらく通ってみようと思う^^
治療の後、帰り道、我が家の別荘?「鶴の湯」温泉に行き打タセをする。温泉は最高!気持ちが良い^^

65歳になった!地方公務員の共済年金の一部が国の老齢基礎・厚生年金に変わった。年金額は少し増えたが 「老齢」の言葉が気に入らない(怒 ^^)
この時代、この世界!特に日本!  65歳は「老齢」と称するのだろうか?

                                       春ーるよ来い♪ 早ーやく来い♪ 
                                        ・・・・ 今日は、雪が降る寒さである^^
[PR]
by momodisk | 2012-01-25 21:17 | その他もろもろ | Comments(0)

お粗末3題

f0032712_15203266.jpg映画 マイウエイ(12,000キロの真実)を見に行った。
舞台は、朝鮮の京城(現ソウル)。マラソンレースで日本人選手と朝鮮人選手がゴール前でトップを争っている。すると、大勢の観衆の前でトップを走る朝鮮人選手に別の日本人選手が体当たりをかけ走行妨害をする。それを避けて朝鮮人選手がトップでゴールインする。するとナントその朝鮮人選手が走行妨害をしたとして失格となる。そして暴動が始まる。
なんの脈絡もないお粗末なストーリー。どのような時代背景であれ、こんな馬鹿げたストーリー!よく考え付くものである。この後の映画!見る価値はない!途中退場した。
韓国映画だからシリアスだろうと思って行ったが信じられない肩すかしだった。

話は変わり、広島の刑務所で脱獄があった。昔見たクリント イーストウッド主演の映画「アルカトラズ島からの脱出」を思い出し、そしてサンフランシスコに行ったとき船からこの島を見たことを思い出した。
ハラハラドキドキ見ごたえのある映画だった!
「カテゴリー 北アメリカ 4シスコ メヒコ」参照
広島の場合は、刑務所ではなく福祉施設からの脱出かなと思った。

話は変わり、イタリアで豪華客船が岸壁から手が届くような位置の浅瀬に座礁して横倒しになった事件、今も継続中!  この船の船長さん!自分が先に脱出したそうな^^
鹿児島に住む2級小型船舶操縦士でゴムボートや手作りカヌーを操るミチミチハラボジさんは、船底が付くような浅瀬では船を走らせない。と言うより走らすことが出来ない^^
彼は、先の船長さんよりシッカリしているようだ?

不思議なことは! こんな船長を雇う船会社、そして、それを認める国の港湾・海運関係行政??? 
そう言えば数年前、瀬戸内海でも国の機関の船と漁船がぶつかり漁船が沈んだ事件があった。
 他人ごとではない!

海は広いーな♪  大きいーなー♪ 波は寄せるし 日は沈ーむ♪

                                        お粗末3題である。
[PR]
by momodisk | 2012-01-16 15:24 | その他もろもろ | Comments(0)

我が家の別荘^^ 決定!

f0032712_13322136.jpgf0032712_13325147.jpg9月にソ ジョンホと彼の友人ら3組の夫婦が来た時、指宿いわさきホテルに泊まった。一人1泊2食12,000円だから特に高いホテルではない。(写真のホテル)

12月にマレーシア人の夫婦がバードウオッチングにやってきた。年末にイルジュ、フン、年明けて今週、スルギが彼氏と遊びに来た。続くときは続くものである。
イルジュ達と垂水フェリーに乗った時、船内で岩崎グループのホテルの宣伝を見た。先のホテルや霧島のホテルが、4枚綴りのチケット(素泊まり)で泊まれる。

素泊まりだから「別荘」と思えばよい!食事は外に食べに出かけるも良し、持ち込みでも良し、ホテルのレストランでも良し、自由である。ツインの部屋で一人で泊まっても二人で泊まっても1泊1枚の使用である。

・・・・外国のホテルは、日本の「宿屋,旅館」と違って食事を提供するという前提がない。だから一部屋いくらの値段である・・・・

これは、「お得」だと思いチケットを買った! スルギ達を連れて、この別荘に泊りに行った。ひろーい温泉、広い部屋でゆったりと過ごせる。海に面した大自然のロケーション、テニスコート、美術館、、庭園、広大な敷地!!! 最高である!
若い二人に合わせ食事はファミリ庵はいから亭に食べに出かけた^^。

この別荘!維持費、電気代、水道代何も要らない。掃除も不要、シーツの洗濯も不要^^
最高である。
来月は、ソウルから新婚さんが遊びにやってくる。この別荘に招待しよう^^

さて!この「別荘チケット(4枚つづり」)」 ハウ マッチ ^^ ?
インターネットでこのホテル グループにアクセスしても!このチケットのことは出てきませんン^^


f0032712_14494426.jpg今、桜島が噴火した。
昨年は、1年間で爆発的噴火が996回を記録した。

サンルームでインターネットをして、後ろを振り返れば「この光景」である^^
[PR]
by momodisk | 2012-01-12 13:36 | その他もろもろ | Comments(0)

年末・年始

f0032712_13141497.jpgソウルのイルジュから「飛行機のチケットが取れたから鹿児島に遊びに行きます」と連絡があった。
その前、去年、九州大学に入学した韓国人のフンからも「正月は鹿児島で過ごします」と連絡があった。

28日、先に来たイルジュを連れて山川のフラワーパークにイルミネーションを見に行った。
生まれて初めて見る大規模なイルミネーションで見ごたえがあった。夜だから鹿児島市内に帰るのは億劫なので、カミさんがインターネットで探した指宿のフェニックスホテルに泊まることにした。1泊2食でナント7,000円である。素泊まりのビジネスホテルでも6,000円前後かかるのにどんな食事が出るのか心配だった。
ビックリした。12,000円のホテル代のようなご馳走だった^^

翌日、市内に着いたフンも連れて、RAKUさんの家に行き夕食のご馳走攻めにあった。久しぶりにアキちゃんの素晴らしいピアノ演奏も聞かせてもらった。





f0032712_13373784.jpgf0032712_13375523.jpg30日、二人を連れて出水に鶴を見に行った。二人とも野生のツルを見るのは初めてである。
帰りは東洋のナイヤガラ?と言われる曾木の滝を見せてあげた。

31日、海上から桜島の全景、昭和火口を見るため鴨池から垂水フェリーに乗った。桜島の全景も美しい!! 天気も最高である^^
垂水から桜島に回り、有村展望台に着いた、その時、昭和火口が噴火した。二人とも怖さ、珍しさで驚きである。袴腰の桜島ビジターセンターへの途中、湯の平展望台へ行った!夕日に向かう鹿児島市内の眺めも素晴らしい。

元旦!孫たちが遊びに来た~~ 
大勢で楽しい正月だった。
翌日、イルジュからのメールに1年分の活力を充電できたとあった。
[PR]
by momodisk | 2012-01-03 13:14 | その他もろもろ | Comments(2)