<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

消えたマチュピチュ

南米は、これまでに2回行った!
イグアスの滝、バリローチェ、カラファテのペリトモレノ氷河、南米大陸の最南端の町ウシュアイア等を見て回った。
9年が過ぎ、年齢を重ね体力も落ちてきたので、なるべく早いうちにペルーのインカの空中都市マチュピチュに行きたいと思っていた。

f0032712_1151559.jpg6月中頃、読売旅行鹿児島営業所の広告に9月のマチュピチュツアーが鹿児島発着、添乗員同行で40万円位で出ていたので早速申し込んだ。
2週間ほど経った時、アルゼンチンのブエノスアイレスに住むTさんからメールが届いた。「Mさん!南米旅行の計画があるなら鹿児島に住む弟を連れてきてほしい。彼は一人で外国旅行はできないので」との事だった。
前2回の旅行の時、大変お世話になった方だったので引き受けたいのだが40万円を超える旅行金額になるのでマチュピチュに行けなければ話にならない。

早速、インターネットで調べてみたら日通ペリカントラベルネットペルー支店で首都リマからではなくクスコからの現地発ツアーをやっていた。
・・・13時クスコのアルマス広場内カテドラル(大聖堂)に集合。日本語スタッフからチケット類のお渡し説明。オリャンタイタンボ駅へ送迎(約2時間)。17時過ぎマチュピチュ村到着、各自ホテルチェックイン。翌日マチュピチュへ・・・・(ツアー代金約34,000円)
という年寄りにも楽な行程の内容のツアーだったので即、申し込んだ。

Tさんにメールしてマチュピチュに行けるので、アルゼンチン経由で行くことにした旨を伝えた。
読売旅行のツアーは、日程に十分余裕があったのでキャンセル料なしで解約できてラッキーだった。



f0032712_11281578.jpg今度は、インターネットで格安航空券、格安ホテルを探すことである。
ANAで、鹿児島~羽田22,170円。羽田~鹿児島9,970円。
フリーバードで成田発、ドバイ経由ブエノスアイレス行きが往復223,000円。
ゲートウエイでブエノスアイレス発~ペルーの首都リマ行きが往復51,000円。さらにリマからマチュピチュの出発点であるクスコまで往復35,000円で航空券を買うことができた。
リマのホテル、ツアー終了後の翌日のクスコのホテルも格安で確保できた。
旅の準備は整い、旅行がスタートした。







f0032712_12585011.jpgマチュピチュツアーの当日、リマからクスコに飛び12時前には集合場所のカテドラルに着いた。雑踏ではないので迎えの人はすぐわかる。
13時になった。誰も来ない!13時半も過ぎたので日通ペリカントラベルに電話をしてみたがコインが落ちないのでつながらない。
ガーン!頭が真っ白になった。
仕方なく町の旅行代理店に飛び込みチケットの手配をしてもらったが夜遅くの列車か、翌日の早朝発深夜クスコ着で申し込んだツアーと比べるとはるかにキツイ内容だったので諦めた。
(ツアーは年寄りにも楽な行程であったから申し込んだものである)
唯一の目的のマチュピチュが吹き飛んで消えた。それに要した航空券とホテル代の40数万円が吹き飛んだのである。
(この旅行の大前提が、崩れてしまった)
泣く泣く!翌日泊まる予約をしたホテルを探し、この日もクスコに泊まることになった。

このホテル!頼みもしないのに日通ペリカントラベルの現地代理店らしきところに電話をいれた。この代理店は、先の町の旅行代理店が示してくれたような内容の代案を出してきたがキツイ日程や今後の旅程から断った。

不愉快を通り超し、体の力が抜けるような一日だった。
この事件、詐欺ではないと思うが民法709条(不法行為)故意または過失によりて他人の権利を侵害したるものは之に因りて生じたる損害を賠償する責に任ず。
これに該当すると思うが帰国したら損害賠償請求、慰謝料請求を弁護士に相談してみようと思う。

ところで、どうも相手はペルーの会社のようで日本の法律は適用しないようである。
「日通ペリカン」という商標?を使う日通ペリカントラベルと云う会社?と日本通運という会社との関係、日通ペリカントラベル ペルー支店は何処に存在するか、(本店は何処に存在するか?)  !現地提携店とペルー支店との関係、日本通運シンガポール支店と日通ペリカントラベルペルー支店との関係、どうも良くわからない
日本の法律で調べてみよう。
[PR]
by momodisk | 2012-09-24 11:00 | 最近の旅行 | Comments(1)

ウリベラレア (アルゼンチン)

f0032712_650156.jpgf0032712_6504761.jpg田上さんの長男アリエルが洗礼を受けた教会があるウリベラリアに遊びに行った。
アルゼンチンの広大な平地を1時間程車を飛ばしていく。山などは無い。

ここには、ビール工場もありレストランも併設されている。
















f0032712_6572712.jpgf0032712_657593.jpg早速、レストランに入ったがこの日は休みだった。しかし、おおらかなこの国!中に入れてくれる。自分一人ビールをいただく。とても美味しい。店内で珍しい大型の蓄音機が飾ってあった。上には猪の剥製も飾ってある。

ソーセージやハムもぶら下がっている。
















f0032712_763482.jpgf0032712_7709.jpg広大な平地のあちらこちらに牛や馬がのんびり草を食べている。豚の親子もいた。

野鳥も沢山いる。日本野鳥の会の会員にはよだれが出る状況である。タゲリに似た鳥もいた。











f0032712_7131769.jpgf0032712_7133597.jpg風車と牛との取り合わせを撮ってみたが構図としてはいまいちである。

農家の庭先に珍しいものを見かけた。トラックである。明治時代のトラックだろうか_
[PR]
by momodisk | 2012-09-12 06:50 | 最近の旅行 | Comments(0)

パラグアイ

f0032712_0441038.jpgf0032712_0444624.jpgブラジルに行くために1万4千円払ってビザを取得した。そして航空券を3万5千円で購入した。
明日からペルー、チリへの旅という夜、県人会の役員で旅行社をしている西田さんと雑談をしていたら、ペルーに行った人はブラジル入国には黄熱病の予防接種をして10日間の経過期間が必要だという話になった。自分が調べた結果では現在は不要だと話しをしたら実情を調べてくれた結果、矢張り必要だった。ガーン!! 5万円近い金が吹き飛んだ!!
これがビッグ ハプニングの始まりだった。(この後にもペルーで泣きたくなるようなビッグ ハプニングがある)
落ち着いてからブラジル旅行の期間にパラグアイのアスンシオンに行くことにして西田さんに航空券とホテルの手配を依頼した。
ペルー、チリの一人旅からブエノスアイレスに戻り、2日間休憩してからパラグアイに旅立った。
アスンシオンのホテルは、日本人が経営しているホテル内山田だった。日本食レストランも併設しているので早速、刺身定食を頼んだ。ナント天ぷら、蕎麦もついている。もう最高!韓国の焼酎チャミスルも置いてあった。
翌日は、歩いて旧市街の見物に出かけた。首都アスンシオンでは、馬車も見かける。首都東京では見かけないだろう!


f0032712_1335633.jpgf0032712_1343233.jpg英雄広場に着いたら軍楽隊の演奏が始まった。ラッキー!何かの記念日だろうか_
おじさんが一人踊り始めた。陽気な人がいるものである。
大勢の人たちがのんびりと楽しんでいる。


















f0032712_1424194.jpgf0032712_1431216.jpg軍楽隊の演奏が終わったら今度は、海軍の兵士の行進や演技が始まった。ラッキー
はじめてみる光景である。最後には空砲が発射されその音に驚いた!
霊廟の中を見ていたら、知らない人が声をかけてくれてシャッターをおしてくれた。
















f0032712_1541976.jpgf0032712_1551549.jpg憲法記念広場に行けばパラグアイ川が見えるので歩いていった。勿論!河は見えたが、その手前にスラム街が広がっていた。こっちのほうが珍しい。そして直線距離で200メートルも離れていないところに国会議事堂が建っている。このロケーションもかなり珍しい。










f0032712_2202524.jpgf0032712_2205342.jpg(SUKIYAKI)という名前のレストランですき焼きを食べた。そこそこ美味しい!マア満足である。
町の雑踏は、土曜、日曜になると人通りが少なくなり危ないそうである。
[PR]
by momodisk | 2012-09-12 00:46 | 最近の旅行 | Comments(1)

木造車両

f0032712_232754100.jpgf0032712_23283390.jpg田上さん、娘のミリアンと町に出かけた。路線バスと地下鉄に乗るのが目的である。
1913年に開通したA線は木造車両が走っている。当時、東京に地下鉄を建設しようと計画した日本からの視察団派遣され、完成したのが銀座線という。
B線では丸の内線、D線では名古屋の東山線の古い車両が見られる。目的地まで線を乗り換えないのに途中駅で留まり車両を乗り換えたりして運転している。








f0032712_23533630.jpgf0032712_234917.jpgアルゼンチンに限った話ではなくペルーでもパラグアイでも道路の傷みは凄い。(チリはそうでもなかった)
道路行政の話ではなく、財政の問題であろう。

アルゼンチンは肉がべらぼうに安い。グラム単位ではなくキロ単位で売買されている。
サングラスをかけた豚もいた。









f0032712_4291089.jpgf0032712_4293122.jpg肉屋や通行人の顔なじみの人たちは人懐こしい。
















f0032712_134762.jpgf0032712_1342990.jpgブエノスアイレスは春に入った。朝晩は少し寒い!
田上さんの店はたくさんの花や植物であふれている。
[PR]
by momodisk | 2012-09-10 23:30 | 最近の旅行 | Comments(0)

チリ サンチャゴ

f0032712_53993.jpgf0032712_5393680.jpg旅程の行程に関係なくブログを載せることにした。

ペルーの5日間の旅を終え、チリのサンチャゴへ向かった。
空港から市内へ向かう途中驚いた!ヨーロッパの雰囲気である。正面にアンデス山脈が薄く見えている。
ネットで町のど真ん中のホテルを予約していたがウインザー パレス アパートメントという名前である。変わった名前のホテルだなとは思っていた。なんと高層アパートの空き部屋をホテルに代用しているものだった。着いた日は日曜日、周りのレストランは営業していない。仕方なく開いていたスーパーマーケットでお惣菜とビールを買って済ませた。お粗末!
ここは、旧市街で名所、旧跡が集積しているところだった。地下鉄など使う必要はない。
早速、憲法広場、モネダ宮殿に行った。



f0032712_5594212.jpgf0032712_632856.jpg南米に来て食事が全然違う!いわゆる魚介類が少ない!
県人会の西田さんからの情報でサンチャゴの中央市場に行けば、日本人を見ればウニ!うにと声をかけられるよと聞いた。
アルマス広場に面したサンチャゴ大聖堂など最早どうでも良い。早速駆けつけたーー 昼飯だー!
近くに大衆食堂街がありウインドウを覗くと驚く!一皿の食物量は、日本の3倍はあろう!馬の食事!







f0032712_9403321.jpgf0032712_941128.jpg中央市場は、魚介類の市場だった。日本では決して見かけない魚介類があるわけではない。
市場内のレストランを覗いていていたら早速声がかかった。うに!ウニ!
勿論、日本のように紫ウニではない!石ころのような外観のウニである。でも美味しい!
勿論!山葵、醤油もついている。しかし、現地のタレに玉葱のスライスと青野菜をミックスしたものに添えて食べるのが美味しかった。
流しのギターアンサンブルもやってくる。勿論チップをあげた。






f0032712_1054154.jpgf0032712_106832.jpgサンチャゴで2泊してブエノスアイレスへ帰る日である。午前中、時間はタップリある。
スペイン人征服者が抵抗する先住民に備えるための要塞であるサンタルシアの丘に行った。のんびりと朝のサンチャゴの町を眺め、散歩した。

サンチャゴを真西にアンデス山脈を越えるとブエノスアイレスである。
8日ぶりに田上さんの家に帰り着いたら、久しかぶい我が家に戻って来た気がした!
[PR]
by momodisk | 2012-09-06 05:33 | 最近の旅行 | Comments(1)