雪国旅行

f0032712_1365125.jpg

年末、楽さん宅で敬さん夫婦と一緒に忘年会に呼ばれた。
酒を飲みながら旅行の話が出て、雪国に行こうという事になった。
ツアー名、 富山湾すしを食す絶景の雪景色モニターツアー3日間にすることにした。



f0032712_14183345.jpg2月7日、鹿児島空港を発ち中部国際空港へ。
そこから43名でツアーバスに乗り小京都と呼ばれる飛騨高山に行った。自分にはあまり感慨は湧かないが皆さんは楽しんでいた。

ホテルは新平湯温泉!いつも安いビジネスホテルに泊まっているから豪勢である。
食事は、温泉せいろ蒸し会席だった。 沢山の種類の料理が出る。












f0032712_14263562.jpgf0032712_14265884.jpg二日目、ホテルからバスで30分。
新穂高ロープウエイの新穂高温泉駅に行った。
ロープウエイから見る穂高連峰の雪景色は、初めて見るものには感激である。鍋平高原駅でジッサマ3人で雪の壁で写真を撮った。
昼間働いて夜間大学に通っていた頃、サークルはワンダーフォーゲル部に所属していたが夏は登山合宿だった。50年前の昭和41年!上高地から唐沢にキャンプを張り、初日唐沢岳から北穂高岳を縦走し、二日目前穂高岳から奥穂高岳を縦走した。3,000メートルを超す山の登山は初めてだった。
三日目、疲れ果てて槍ヶ岳登山は止めた。 翌年の夏、憧れの槍ヶ岳に登った。
懐かしい山脈である。







f0032712_1445831.jpgf0032712_1446348.jpg昼食は、高山まつりの森で「旬の寒ブリしゃぶしゃぶと鶏ちゃん」だった。
おば様達の食欲は、ジッサマ達をはるかに超える。














f0032712_14513489.jpgf0032712_1452346.jpg富山に向かう途中、世界遺産白川郷合掌村に行った。前にも来たはずであるが思い出せない!10年は経ってないはず!ボケ!
ホテルに着く前、越中八尾で「本場おわら風の盆ステージを見た。

ホテルの夕食は、ズワイガニ食べ放題付のバイキングだった。
カニは好きだが殻を剥くのが面倒くさいと言ったら楽さんが剥いてくれた。優しく暇な御仁である^^




3日目、帰る日は大雪である。
道の駅万葉の里でお土産をみる。
国宝、端龍寺を見て海王丸見に新湊大橋を渡ったが立山連邦は雪のため見られなかった。昨日、タップリ見たから不満はない。
その後、きっときと市場でたっぷり海産物のお土産を見た。

昼食は、射水のすし屋でツアー名目の寿司だった。名目にするくらいで本当に美味しかった。

帰りの高速道路は30センチほど積もった雪の上をバスが走る。九州に住む者には信じられない光景である。
楽しい旅だった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momodisk | 2016-02-19 13:06 | 国内旅行 | Comments(0)

大雪

f0032712_14132444.jpg
f0032712_1544721.jpg

 ♪ ♪ 雪が降る! あなたは来ない ♪ 昔、こんな歌が流行った。

 南国育ちで雪をあまり知らないものには雪をロマンチックに思わないでもない。
ここ数年、鹿児島では雪を見ていなかった!天気予報で積雪20センチが出ていたがピンとこなかった。
今朝、起きたら大雪が降っていた!ビックリ!
今も降っている。20センチどころではない! 出かけられない ウンザリする。
風が吹けば吹雪状になる。
ココは雪を喜んでいる。
 ♪ 犬は喜び庭駆け回る、猫はこたつで丸くなる♪ 歌のとおりである!

鹿児島より遥か北にある広島では雪どころかマラソンをやっている!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momodisk | 2016-01-24 14:13 | その他もろもろ | Comments(2)

映画

f0032712_11524250.jpg杉原千畝(ちうね)という映画があったので見に行った。
一昨年、バルト三国とポーランド旅行の時、リトアニアのカナウスで彼が領事代理として働いていた
領事館を見物したのでもっと詳しく知ろうと思った。(ブログ参照)
ユダヤ難民に日本通過ビザを独断で発行し数千人のユダヤ人の命を救った外交官の物語である。
旅行の時の現地が思い出され懐かしく最後まで見た。

畝(セ)という字、昔、親父から習った尺貫法を思い出した。1間は1.8メートル。1間*1間は1坪(畳2枚)(人一人横になって寝られるスペース)で3.3平方メートル。1畝は30坪、1反は10畝、10反は1町。
千畝は30.000坪だから99,000平方メートルだから約10ヘクタール。

畝(うね)とは列状に土を盛り上げてジャガイモなどの根菜を作る。

こんなこと考える暇な爺さんがいるものである^^



f0032712_1283326.jpg暇だからブリッジ・オブ・スパイという映画を見に行った。
中学生のころ、米国とソ連の関係が緊迫しているとのことは記憶している。映画の広告を見ていたら
この事をテーマにした映画だったので即!入場した。スチーブン・スピルバーグ監督の映画でもあったから迷わなかった。
米国で逮捕されたソ連のスパイの弁護を引き受けることになった保険専門の弁護士ドノバン。
極刑を課せば当然戦争になるところをスパイどうしを交換することで戦争を避ける。この事に力を注ぐ主人公の映画で見応えがあった。
ドノバンは、スーパーヒーローではなく、職務に忠実で家族思いの普通の男。
だから観客は彼の姿に自分を重ねることが出来ると表示されていたが本当にそんな映画だった。

アメリカやヨーロッパの昔の街並みを見るのも見応えがあった。
[PR]
# by momodisk | 2016-01-09 11:52 | その他もろもろ | Comments(0)

赤ちゃん誕生

f0032712_16111663.jpg
f0032712_16114871.jpgクリスマスイブの日、我が家でタカちゃん家族とパーティをした。
妻の奈瑠美ちゃんは、もうすぐお産で大きなお腹を抱えている。触らせてもらうが動かない。お姉ちゃんの明佳里(あかり)ちゃん(5歳)、妹の陽佳里(ひかり)ちゃん(1歳半)も生まれてくる妹を楽しみにしている。

生まれた! 大晦日の朝5時半だった。
元旦の午後、病院に逢いにいった。可愛い^^ 朝陽(あさひ)ちゃんと名付けられた! カワイイ^^
赤ちゃんに慣れていないジッサマは、抱くと落としそうで怖くて抱けない。見ているだけで十分である。
大きくなって誕生日を聞かれたら何月何日と答えず「大晦日」と答えるように教えてあげよう。
三人の娘たちが美しく育つよう願っている。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momodisk | 2016-01-02 16:20 | その他もろもろ | Comments(0)

韓国から

f0032712_144466.jpg韓国からスルギが遊びに来た。だいぶ美人になっていた。
鹿児島大学に留学していたころ韓国語を教えていたが、その頃の皆が集まって昨夜は歓迎会の宴会をした。
そう言えば、10月はポッキーちゃん、11月はおばさま達7人、と3か月続けての客だった。
韓国の娘たちは、私のことを30代は「お父さん」と呼び、20代は「ハラボジ」(お爺さん)と呼ぶ。スルギも「ハラボジ」と呼ぶ。











f0032712_14134010.jpgスルギに1日早く奄美大島から妻のいとこ「ひろし」が遊びにやって来た。彼は東宝の株主で毎月10枚の映画館の入場券を送ってくれる。勿論、我が家では使い切れないので友人たちに使わせている。
帰る日、空港に送りがてら国分にバードウオッチングに行った。クロツラヘラサギは見ることが出来なかった。
天降川でアオサギの写真を撮った。
[PR]
# by momodisk | 2015-12-08 14:12 | その他もろもろ | Comments(2)

吉野公園

f0032712_1321392.jpgf0032712_13213316.jpgブログのネタが無い。
来年は、70歳! 歳をとって感性が鈍くなったのかな? 海外旅行もワクワクしなくなったし!
確かに物忘れも多い^^

雨が上がり天気が良いので吉野公園外周一周の散歩に出かけた。霧島連山も良く見える。
メジロでも、ジョウビタキでも、なんでも良いから野鳥の写真を撮ろうと思っていったが陽の射す地面、木の枝にはいない!ガッカリ



f0032712_13285391.jpg

[PR]
# by momodisk | 2015-11-30 13:21 | その他もろもろ | Comments(0)

韓国から7人のおば様

f0032712_1484232.jpg韓国の友人ソ ジョンホ氏から電話があった。「妻がオカリナを習っているが、そのグループ7人の女性で鹿児島に旅行したいと言っているがお願いできますか?」だった。
4泊5日の日程!快く引き受けた。

韓国語で旅程表を作ったり、インターネットでホテルやレンタカー等を予約したりの作業が始まった。
空港到着後、福山の黒酢工場の展示場に行った。ランチもここで食べた。
ランチの前に壺畑で演奏をした。

桜島の展望台やビジターセンターを見物して夜は我が家で韓国語を勉強しているニイドメおば様(通訳?)も含め10人で歓迎パーティをした。
宿泊は天文館のど真ん中、サンデイズインホテルである。









f0032712_15295218.jpg
f0032712_14394776.jpg
二日目は、知覧武家屋敷から唐船渓へ行きソーメン流しを食べた。その後、池田湖の大鰻を見に行った。
初めて見るものにおば様方は喜んでくれた。

長崎鼻で開聞岳をバックにここでもオカリナの演奏をした。拍手をしてくれる観光客もいた。

宿泊は、指宿海上ホテルである。
初めての砂蒸し温泉に喜んでいた。


f0032712_14413839.jpg三日目は、長崎鼻に戻りフラワーパークの見物である。
自分も10年ぶりに来たのではないかと思った。素晴らしいところである。

この後、鹿児島市内に戻り県庁でコンサートを聞いてから県庁食堂で黒ラーメンの昼食を摂った。
城山展望台で市内を眺め、磯の仙巌園に行った。菊まつりをしていてとても綺麗だった。皆、喜んでくれた。

宿泊は1日目と同じホテルである。













f0032712_14501647.jpgf0032712_14503563.jpg4日目は霧島方面である。エビノ高原の不動池に行ったが硫黄山は火山性地震の報道があるので登らなかった。

不動池のそばのススキ野原で又、オカリナの演奏が始まった。ススキの枯れ具合が良い雰囲気を醸し出している。大勢の演奏を撮れば良かったと後から思った。一人車の中で昼寝をしていた。

この日は、安楽温泉の鶴の湯旅館に泊まった。
ホテルとは違う雰囲気に皆喜んだ。温泉の前を川が流れていてとても良いロケーションである。
旅館は貸切で他の客は無く皆、夜遅くまで演奏や踊りをして楽しんでいた。サイコー
ニイドメおば様もフルート楽しんだ。

ハラボジはビールと焼酎を飲みサッサと寝た。大勢の美人の相手と運転に疲れた。



f0032712_15352432.jpg
f0032712_15355385.jpg
5日目、帰国の日は、みやまコンセールでオカリナである。ハラボジも野外ステージでハーモニカを演奏した。
今回の旅行、毎日1時間は練習すると言う目標で来たとの事だった。

神話の里公園に行った。リフトに乗り下界を眺めるのは最高である。桜島、錦江湾も良く見える。今回の旅行は天気に恵まれて良かった。
せばる団地のハラボジのかねての行いの良さから来たものだろう^^
11月8日、日曜日、鹿児島空港は大勢の客だった。


f0032712_17394585.jpg

みやまコンセール野外ステージ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momodisk | 2015-11-12 09:32 | Comments(0)

アイルランド

f0032712_15231740.jpg韓国のユンミから電話があり「親子5人で日本旅行をする」と言ってきた。
マイレージの無料航空券があったので東京で会うことにした。これだけでは航空券が勿体ないので海外旅行を探してみた。日にちが合うのがアイルランド旅行だけだった。

10月3日、朝6時羽田空港集合。ユンミ達と新宿のホテルに泊まったのでは間に合わない。
蒲田駅東口R&Bホテルにした。駅を5時10分のバスに乗ったら5時30分には空港に着いた。

新宿では、東京都庁の最上階の展望所で見物をした。昔住んでいた中野も良く見えて懐かしかった。
ミウッ、ミヨン、ミナ 3人の子供たちが可愛い! 






f0032712_142297.jpg羽田からパリ経由でアイルランドのダブリンに着く。パリまで約12時間! パリでダブリン行きの飛行機の待ち時間がナント! 7時間待ち。旅行社クラブツーリズムの募集ではこんなことは知らされてなかった。怪しからん!

最初の宿泊地は、北アイルランドのベルファストである。パリ~ダブリンが約2時間。ダブリンからベルファストまでバスで2時間。ホテル着は深夜12時過ぎである。この日、旅行社は、夕食の手配はしない! 
ツアーが始まって機内食まで食べて乗り換えの途中なのに勝手に食べてこいと言うツアー計画である。呆れてものが言えない!
アイルランド共和国の北にある北アイルランドは、イギリス領であるのでユーロではなくポンドである。
沈没した豪華客船タイタニックはここで作られたものらしい。船のデザインを使った記念館の建物があった。






f0032712_13475368.jpg
f0032712_13481352.jpgベルファストからさらに北にあるジャイアンツコーズウエイに行った。途中、ブッシュミルズにあるアイリッシュウイスキーの工場に立ち寄ったがウイスキーを飲まない自分には関心がわかない^^
コーズウエイは、6角形の石柱群で知られる世界的にも十指に入る奇景として知られ世界遺産にも登録されているそうである。
岬の手前にダンルース城と言う古城が断崖に立っていた。






f0032712_1359432.jpgf0032712_13595840.jpg確かに6角形の石柱(柱状節理)は見応えがある。
恐竜が闊歩した中世期が終わり、哺乳類が勢力を広げ始めた新世代の初期に当たる約6,100万年前の地殻変動でできたものらしい。










f0032712_1453258.jpg
コーズウエイの近くにキャリック・ア・リード吊り橋があり渡ることになった。
高所恐怖症の自分にはありえない話である。遠くから眺めていた。


f0032712_1424471.jpgf0032712_14261943.jpg3日目、重層的な歴史に彩られる町アーマーの見物だった。物理的な人間で、歴史や宗教に興味のない自分には少し退屈である。
(左)聖パトリック大聖堂(アイルランド教会)、(右)聖パトリック大聖堂(カトリック)と来ても無関心! !









f0032712_14485839.jpgf0032712_1449149.jpgアイルランドは、緯度的には樺太になるがメキシコ方面からの偏西風であまり寒くないそうである。雪も珍しいそうである。
4日目、西海岸の方の見物である。
バレン高原は、洪積世に氷板で凝固や妖怪作用を起こした石灰岩で約2億6千万年前に起きた地殻変動で海底から押し上げられた丘陵である。
こんな光景は、初めて見た。丘陵と言えば緑に覆われた風景を連想するが岩だらけで木などは生えていない。巨人のテーブルという太古の民族の墓もあった。
どこか別の惑星のようでクロムウエルがこの地に侵攻したとき、「人を吊るす木もなく、溺れさせる水もなく、生き埋めにする土もない」と拷問の方法を考えるのに途方にくれたという。
確かにそうであろう!

f0032712_1510563.jpgf0032712_15101888.jpgモハーの断崖
8KMにわたる断崖絶壁!最も高いところで217M。霧に覆われていても大西洋の強風に吹かれていて、海水が水しぶきとなって降って雨のようになるそうである。
この日も風が強く地面を這いつくばるような格好で歩いた。














f0032712_15175737.jpgf0032712_1518983.jpg5日目、オプショナルツアーでグレンダーロッホに行ったが途中、聖パトリック大聖堂とトリニティカレッジに立ち寄った。
大聖堂は、アイルランドで最大の教会である。礼拝堂が青空に映えて綺麗だった。
トリニティカレッジは最古の名門大学で写真のロングルームは映画「スター・ウオーズ」のジェダイ図書館のモデルになったそうである。















f0032712_152958.jpgf0032712_15291952.jpgこのツアーで見た範囲では、アイルランドは丘陵地で牧場ばかりである。牛、馬、羊、ヤギしか見なかった。
畑も見なかった。
山がないから谷がない。谷が無いから川がない。^^
と思っていたらグレンダーロッホの見物があった。初期キリスト教会群の奥に辛うじて山があり川が流れていた。
日本で見慣れた風景に出会うと気持ちが落ち着く。

このツアーはきつかった! ホテルに帰り着くのは毎晩8時過ぎだった。
あの世からのお迎えが近づいたのかな?
「至れり尽くせり」という言葉があるが「至らない尽くさない」と言う言葉があるのかなと思ったぐらいである。
最後の日、個人で申し込んでいた「乗り降り自由の2階建てバスで行く!ダブリン市内観光ツアー」はパスしてホテルで昼前まで寝ていた。

添乗員の問題ではなく旅行計画に配慮が欠ける。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momodisk | 2015-10-13 15:27 | ヨーロッパ | Comments(1)

在アルゼンチン鹿児島県人会

f0032712_1223852.jpgf0032712_1223216.jpgブエノスアイレスのマルセーラからメールで「日本に留学している県人会の青年が鹿児島(祖母の出身地)に旅行したいと言っているがお世話になって良いですか」と連絡があった。

3年ほど前、ブエノスアイレスで県人会の田上さんの家にお世話になり、そこからチリ、ペルーに旅行して帰り、又、数日して今度はパラグアイに旅行して帰る等、1か月近くタダ飯、タダ焼酎で我が家のようにさせて貰ったことを思い出した。
二つ返事で引き受けた。10日ほどの滞在で途中2泊3日で長崎にも行くそうである。

早速、池田湖、長崎鼻、指宿に連れて行った。昼飯は、当然に唐船峡のソーメン流しである。
ヘルマンは温泉が好きで長湯である。砂蒸し温泉は、もちろん初めて!
バードウオッチングが好きだと言うので帰り道は平川動物園に行った。
我が家で夕食、ガブリエルも一人駆けつけてくれた。近所のチビちゃん達も楽しんだ。

f0032712_138268.jpgf0032712_139511.jpg宮崎にも行きたいというので青島に行くことにした。
交代運転要員にミチオ夫婦も誘った。
帰りは、ミチオの家の近くの山田に案山子祭りを見に行った。
外国人には、特に珍しいだろう。

翌日は、高千穂の峰の下の御池、霧島神宮、えびの高原、丸尾の滝を見て安楽温泉の鶴の湯に泊まった。
露天風呂の下を川が流れるのどかな場所にヘルマンも喜んだ。




f0032712_13142947.jpg長崎から帰って来た翌日、鹿児島空港から帰る日、栗野岳温泉に連れて行った。
カミさんが弁当を作ってくれた。温泉の入浴料が300円に対し旅館の休憩室が温泉付きで一人750円である。安い^^
休憩室で弁当を食べ、温泉に入り、昼寝をしてノンビリと過ごした。

ヘルマンは、アルゼンチンで弁護士をしている。
日本へは、愛知県(祖父の出身地)県費留学生で名古屋大学で1年間、日本語と日本の法律体系を勉強するそうである。

ヘルマンの苗字はタオイである。漢字で峠井と書くそうだ。
インターネットの辞書で調べたら出ていた。
日本人で「峠」を「タオ」と読める人が何人いるだろうか?
[PR]
# by momodisk | 2015-09-27 12:31 | その他もろもろ | Comments(1)

彼岸花(マンジュシャゲ)

f0032712_8195134.jpgf0032712_820897.jpg♪ 赤い花なら曼珠沙華 オランダ屋敷に雨が降る ♪ 濡れて寂しやジャガタラ お春 ♪

加世田市の吉井淳二 美術館に二科展10人展を見に行った。
庭に彼岸花が咲いていた^^
大昔,流行った歌 マンジュシャゲの歌を思い出した。






,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
[PR]
# by momodisk | 2015-09-15 08:22 | その他もろもろ | Comments(0)