その他もろもろ

ガーデニング(ももちゃん)
先日、ヴェリーベリーのゴッドマザーにハンギングフラワーの作り方を教わってから、ガーデニングに嵌ってしまった。
センスの良し悪しを言わなければそれほど難しくなさそう?だが、植物の性質、育て方など勉強する事が多く奥深いものがある。f0032712_12311161.jpg


f0032712_13185946.jpg






                            去年、作った自称トレビの泉、
イングリッシュローズガーデン?もブロックの苔を落としたり久しぶりに手入れをした。

f0032712_12342652.jpg












ジャスミンの花も咲き始め、ももちゃんも香りを楽しんでいる。
(ように見える)      噴水の水音も心地よい♪
ももちゃんもガーデニングの背景の小道具!

f0032712_12443346.jpg





先週は、2階のバルコニーを飾り付けた。

f0032712_12484725.jpg
      桜島、錦江湾を背景に花が映える。

f0032712_1252177.jpg






ハンギングフラワー                  
 
作ってから3週間が経ち、やっと花が鉢に馴染んできた。(マザーの指導作品)
日曜日は、滝の神に花の苗が24鉢で1000円で出ていたので買い求め、その足で100円ショップに行き鉢をを買い、又、5鉢ほど作った。
大雑把で拘らない性格なので、小さな金額でタップリ楽しめる。
[PR]
# by momodisk | 2006-04-25 12:31 | Comments(4)

今日のコラム

第17回○○杯
二等雑魚寝(寝台ではない)、往復1万7千円のチケットを買い求めクイーンコーラル8で名瀬に行ってきた。
f0032712_14384324.jpg

昭和54年(1979年)から3年間、名瀬に赴任したとき、硬式テニスのクラブを作り市民に参加を呼びかけた。テニスと言えば、日本と台湾ぐらいでしか競技されない軟式テニスが主流で硬式テニスをする人は少なかったからである。そして、名瀬オープンという名で試合を開いていた。クラブ員外の参加も含め20~30人の参加があった。
試合の後は、我が家で酒を酌み交わし、何も反省しない?「反省会」をしていた。
数年が経ち、競技人口も増え、地元新聞社や金融機関がクラブ対抗や職域対抗の大会を開くようになり、名瀬オープンは止めてクラブ内で「(私の名前○○)杯」をすることにしたらしい。
この話があったとき、恥ずかしかったがカップを寄贈した。
それから、更に数年が経ち、友人が昨年、名瀬に転勤になり、名瀬クラブに入ったと言い「(○○杯」を見に来ませんかと誘いがあった。

およそ、個人名を冠した大会は、「その人が人格者であり、技量に優れ、そして貢献があった場合、故人を偲び作られる」ものと思っている。

私の場合、それのどれ一つにも該当しないので恥ずかしくて(「この話」、後段の歓迎会、送別会でウケた。)言を左右し行かなかった。
年が変わり、先日、彼から誘いの電話があり、別の人からも誘いがあったのでカップも古くなったことだろうし更新が必要だろうと思い行くことにした。
f0032712_1439575.jpg

着いた夜は、当時のメンバー、現在の役員など10人ほどから歓迎会をしていただいた。
25年ぶりに合うお互いは、老けている。当時中学生だった女の子は、39歳の2児の母になっていた。皆さんに逢えて懐かしくてうれしかった。

ところで、名瀬を離れて5年間位は、テニスをしていたが、その内、ゴルフにはまってしまいテニスはしなくなった。
ゴルフも3年間くらいは真っ黒になるくらい頑張ったが、もとより運動神経は鈍い方でうまくならない。その内、高い金を払って惨めな思いをする必要はないなと悟り、止めてしまった。
着いた日、翌日の試合に出るように言われた。20年間していないことを理由に固辞したが押し切られてしまった(友人が言うクラブのマドンナから.(女性には甘い))。早速、友人と練習を開始した。20年ぶりに握るラケットであるが思ったよりいける。試合当日の朝も練習をしてから競技場に行った。
f0032712_14403924.jpg

友人とダブルスを組み試合をしたが腕が痛くなりやっとの思いで一試合を終えた。その後は棄権である。矢張り、いきなりは無理である。
その夜、転勤するクラブ員の送別会があり、私も参加させて貰った。
ところで、クラブ員の皆さんは、私が生きている人であることは知っていたが、どんな人かは知らない。当然、かなりのお年寄りだろうと想像していたらしい。だから私を初めて見た人は、驚いていた。私の方こそ驚いた。
名瀬クラブは楽しい。老若男女、世代を超えていろいろな職業の人が集まりテニスを楽しんでいる。
f0032712_1441252.jpg

60歳になり、テニスを再開することにした。人生、どこに「きっかけ」があるか分からない。
[PR]
# by momodisk | 2006-03-22 17:01 | Comments(1)

hyousi

カテゴリー バードウオッチング

f0032712_1258468.jpg

昨年、我家の庭に来たメジロです。今年は、まだ、どこでも見ていません。

日本野鳥の会の友人の写真なども紹介します。
  •  桑原夫妻のBW写真      掲載中



  • @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    [PR]
# by momodisk | 2006-01-18 22:00 | Comments(0)

桑原夫妻のBW写真

    気のおけない古い友人 桑原夫妻です。宏さんの写真の腕前はプロ級です。ノブヨさんは、親切に丁寧に教えてくれる私たち夫婦のBWの先生です。日本野鳥の会会員(福岡支部)
    ””写真提供ありがとうございました””
    f0032712_2144818.jpg
    (アカツクシガモ) 手前の鼻の白いのは(オオバン)です
    f0032712_21444985.jpg
    (クロツラヘラサギ) 加世田の万の瀬川のサンセットブリッジの付近で見られます。そこが干潮の時間に行けば近くで見られます。私は飛んでいる姿は見た事がありません。きれいですね。
    f0032712_1134259.jpg
    (ナンヨウショウビン) 日本では普通見られません(勿論、例外的に記録はあります)。シンガポール?。アカショウビンは、エビノ高原キャンプ場の川で見た事があります。カワセミの仲間です
    f0032712_21471766.jpg
    (チュウヒ)
    f0032712_2148030.jpg
    (コヨシキリ)
    f0032712_21483068.jpg
    (ハッカ) 日本では見られません。日本にいるムクドリの仲間です。私も、タイ、インドで見ました。
    f0032712_11473946.jpg
    (上)(ヒレンジャク)尾の先が赤・(下)(キレンジャク)尾の先が黄  昨年、一昨年、我家の前の電線に団体さんで留まっていました
    f0032712_21512816.jpg
    (ムギマキ)珍しい名前ですね。珍しいと言えば(ウソ)と言う名の鳥もいます。因みに(スズメ)と言う名の鳥はいますが(カラス)と言う名の鳥はいません。
    [PR]
# by momodisk | 2006-01-18 20:55 | Comments(0)

その他もろもろ

今年最初のホームステイ

f0032712_18355368.jpg国際交流協会の交流ボランティアもしているが、今回は個人的なつながりでホームステイの受け入れ要請があった。
1月10日(火)
韓国の江原(カンウオン)道の江稜(カンヌン)大学の日本語学科の学生(25名程)が、交流している鹿児島大学を訪れた。我家では3人の女性を受け入れた。
友人夫婦も2人受け入れた。家内が5人に着物の着付けをしてあげ、私が写真を撮ってあげた。
夕方、鹿児島中央駅の観覧車に乗った。4人で乗れば割引になるからである。今まで、このチャンスを待っていた。
夕食は、豚のシャブシャブがメインディッシュである。
若い娘達を周りに男一人で飲む晩酌は、「殊の外旨い」。幸せ者である。
らんちゃん、みりょん、ひめ、とニックネームを付けた。
11日(水)
夕方、郡山の裸楽良(ららら)というスパランドに連れて行った。プールと初めての温泉に喜んだ。夕食は、9時頃になった。メインディッシュは手巻き寿司である。

f0032712_1835490.jpg12日(木)
朝、三人を返しに行った。夕方、一緒に来ているインジャ(娘の妹)が、他の3人を連れて夕食に来た。3日続けて「殊の外旨い」をやっている。娘の夫も少し遅れてやってきた。
そう言えば7日の土曜日にも、鹿児島在住の韓国人の娘が3人泊まりに来てパーティをした。
今年も我家を訪れた韓国人は、既に13人になった。
[PR]
# by momodisk | 2006-01-17 17:45 | Comments(1)

手作りカヌー製作(4.5ミリ耐水性合板)

カヌー製作
こうちゃん夫妻と「カヌー IN 川内川」に遊びに行った後、持病の「好奇心病」が発病した。
彼は、もう2艇も作っている。本業より趣味の木工製作の方が忙しい。ブログ「楽スタイル」を見れば、それが良くわかる。
1週間、じっくり考えた末、作ることにし薩摩川内市の(有)アーキテックに出かけた。ここの社長夫妻もユニークなキャラクターである。
在庫があったので即、購入した(キットと資材を入れて4万円程度)。
私の性格を知る、こうちゃんから「いっきかせい」に作るなと言われた。どんな漢字を書いたかなとワープロで打ったら「一気呵成」と出てきた。さらに艤装でセンスがわかるとも言われた。*****

2階の多目的部屋とホームステイの部屋の障子を取り除き一部屋にしカヌー製作工房にした。
外は冬!石油温風ヒーターを付け、テレビを見ながら腰掛けての作業である。快適作業環境である。****
f0032712_167364.jpg
f0032712_1671931.jpg
f0032712_1673924.jpg

還暦を迎える歳になって、そう言われても性格は直らない。延べ日数20日位、延べ時間100時間位で作り上げた。(荒かろう・速かろうの大雑把な性格の私、一方、細部に拘る製作スタッフ(写真に写っている人)と時々揉めながら)
カヌーの名前は、娘の名前をとって「ももこ」。キーワードは、「年中遊休」とした。
完成した「ももこ」を見たアーキテックの入来院さんは、「かわいい !」、「○○さんの性格からは信じられない」と。・・・・どういう意味か今もわからない。
f0032712_1682932.jpg

[PR]
# by momodisk | 2006-01-14 20:39 | Comments(0)