桑原夫妻のBW写真

    気のおけない古い友人 桑原夫妻です。宏さんの写真の腕前はプロ級です。ノブヨさんは、親切に丁寧に教えてくれる私たち夫婦のBWの先生です。日本野鳥の会会員(福岡支部)
    ””写真提供ありがとうございました””
    f0032712_2144818.jpg
    (アカツクシガモ) 手前の鼻の白いのは(オオバン)です
    f0032712_21444985.jpg
    (クロツラヘラサギ) 加世田の万の瀬川のサンセットブリッジの付近で見られます。そこが干潮の時間に行けば近くで見られます。私は飛んでいる姿は見た事がありません。きれいですね。
    f0032712_1134259.jpg
    (ナンヨウショウビン) 日本では普通見られません(勿論、例外的に記録はあります)。シンガポール?。アカショウビンは、エビノ高原キャンプ場の川で見た事があります。カワセミの仲間です
    f0032712_21471766.jpg
    (チュウヒ)
    f0032712_2148030.jpg
    (コヨシキリ)
    f0032712_21483068.jpg
    (ハッカ) 日本では見られません。日本にいるムクドリの仲間です。私も、タイ、インドで見ました。
    f0032712_11473946.jpg
    (上)(ヒレンジャク)尾の先が赤・(下)(キレンジャク)尾の先が黄  昨年、一昨年、我家の前の電線に団体さんで留まっていました
    f0032712_21512816.jpg
    (ムギマキ)珍しい名前ですね。珍しいと言えば(ウソ)と言う名の鳥もいます。因みに(スズメ)と言う名の鳥はいますが(カラス)と言う名の鳥はいません。
    [PR]
# by momodisk | 2006-01-18 20:55 | Comments(0)

その他もろもろ

今年最初のホームステイ

f0032712_18355368.jpg国際交流協会の交流ボランティアもしているが、今回は個人的なつながりでホームステイの受け入れ要請があった。
1月10日(火)
韓国の江原(カンウオン)道の江稜(カンヌン)大学の日本語学科の学生(25名程)が、交流している鹿児島大学を訪れた。我家では3人の女性を受け入れた。
友人夫婦も2人受け入れた。家内が5人に着物の着付けをしてあげ、私が写真を撮ってあげた。
夕方、鹿児島中央駅の観覧車に乗った。4人で乗れば割引になるからである。今まで、このチャンスを待っていた。
夕食は、豚のシャブシャブがメインディッシュである。
若い娘達を周りに男一人で飲む晩酌は、「殊の外旨い」。幸せ者である。
らんちゃん、みりょん、ひめ、とニックネームを付けた。
11日(水)
夕方、郡山の裸楽良(ららら)というスパランドに連れて行った。プールと初めての温泉に喜んだ。夕食は、9時頃になった。メインディッシュは手巻き寿司である。

f0032712_1835490.jpg12日(木)
朝、三人を返しに行った。夕方、一緒に来ているインジャ(娘の妹)が、他の3人を連れて夕食に来た。3日続けて「殊の外旨い」をやっている。娘の夫も少し遅れてやってきた。
そう言えば7日の土曜日にも、鹿児島在住の韓国人の娘が3人泊まりに来てパーティをした。
今年も我家を訪れた韓国人は、既に13人になった。
[PR]
# by momodisk | 2006-01-17 17:45 | Comments(1)

手作りカヌー製作(4.5ミリ耐水性合板)

カヌー製作
こうちゃん夫妻と「カヌー IN 川内川」に遊びに行った後、持病の「好奇心病」が発病した。
彼は、もう2艇も作っている。本業より趣味の木工製作の方が忙しい。ブログ「楽スタイル」を見れば、それが良くわかる。
1週間、じっくり考えた末、作ることにし薩摩川内市の(有)アーキテックに出かけた。ここの社長夫妻もユニークなキャラクターである。
在庫があったので即、購入した(キットと資材を入れて4万円程度)。
私の性格を知る、こうちゃんから「いっきかせい」に作るなと言われた。どんな漢字を書いたかなとワープロで打ったら「一気呵成」と出てきた。さらに艤装でセンスがわかるとも言われた。*****

2階の多目的部屋とホームステイの部屋の障子を取り除き一部屋にしカヌー製作工房にした。
外は冬!石油温風ヒーターを付け、テレビを見ながら腰掛けての作業である。快適作業環境である。****
f0032712_167364.jpg
f0032712_1671931.jpg
f0032712_1673924.jpg

還暦を迎える歳になって、そう言われても性格は直らない。延べ日数20日位、延べ時間100時間位で作り上げた。(荒かろう・速かろうの大雑把な性格の私、一方、細部に拘る製作スタッフ(写真に写っている人)と時々揉めながら)
カヌーの名前は、娘の名前をとって「ももこ」。キーワードは、「年中遊休」とした。
完成した「ももこ」を見たアーキテックの入来院さんは、「かわいい !」、「○○さんの性格からは信じられない」と。・・・・どういう意味か今もわからない。
f0032712_1682932.jpg

[PR]
# by momodisk | 2006-01-14 20:39 | Comments(0)